/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲国風土記 出雲郡 『美佐伎社(日御碕神社)』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲国風土記 出雲郡 『美佐伎社(日御碕神社)』

出雲国風土記 出雲郡 『美佐伎社(日御碕神社)』 

上の宮「神の宮」 本殿と拝殿

日御碕神社_神の宮拝殿
主祭神  神素盞嗚尊
 
日御碕神社_神の宮拝殿

下の宮「日沉宮」 本殿と拝殿

日御碕神社_日沉宮拝殿
主祭神 天照大御神
日御碕神社_日沉宮本殿

日御碕神社_神の宮から見た日沉宮
神の宮から見た日沉宮
御由緒

日御碕神社_御由緒

日御碕神社御由緒
下の本社(日沉の宮) 主祭神 天照大御神
 村上天皇天暦二年勅命により現在の地に移し祀る(一千年以前)
上の本社(神の宮)  主祭神 神素盞嗚尊  
 安寧天皇十三年勅命により現在の地に移し祀る(二千五百年以前)
 古来両本社を総称して日御碕大神宮と称す

日沉の宮の遠源は、神代の昔素盞嗚尊の御子神天葺根命又(天冬衣命と
申す宮司家の遠祖)現在地に程近い経島に天照大御神の御神託を受け祀り
給うと伝えられる。又「日出る所伊勢国五十鈴川の川上に伊勢大神宮を
鎮め祀り、日の本の昼を守り、出雲国日御碕の清江の浜に日沉の宮を建て、
日御碕大神宮と称して日の本の夜を護らむ」天平七年乙亥の勅に輝く日
の大神の御霊顯が仰がれる如く、古来日御碕は夕日を䬻け鎮める霊域と
され、また素盞嗚尊は出雲の国土開発の始めをされた大神と称えられ、
日御碕の「隠ヶ丘」は素尊の神魂の鎮った霊地と崇められた「神の宮」は
素尊の神魂鎮まる日本総本宮として「日沉宮」と共に出雲の国の大霊験所
として皇室を始め普く天下の尊崇をうけ現在に至っている。 然してその
御神徳は天照大御神の「和魂」素盞嗚尊の「奇魂」の霊威を戴き「国家
鎮護」「厄除開運」「交通航海の安全」「良縁・夫婦円満・安産」「家業繁昌」の守護神として御霊験あらたかである。
 現在の社殿は、徳川三代将軍家光公の幕命による建立にして西日本で
は例のない総「権現造」である両社殿とも内陣の壁画装飾は極彩色で華麗
にして荘厳の至りである。 社殿の殆ど、及石造建造物は国家重要文化財である。
例大祭         八月七日
神幸祭 (夕日の祭)      八月七日夕刻

鳥居と参道

日御碕神社_鳥居

日御碕神社_参道

参道脇にある和布刈神事の図
参道脇にある和布刈神事の図(彫刻...??)

手水舎

日御碕神社_手水舎

楼門

日御碕神社_楼門

日御碕神社_社号標
楼門の前にある社号標

門客人神社

日御碕神社_門客人神社

日御碕神社_門客人神社
楼門をくぐると左右に「門客人神社」があり、
御祭神は、櫛磐窗神(櫛磐間戸神)と豐磐窗神(豐磐間戸神)

稲荷神社

日御碕神社_稲荷神社

宝庫

日御碕神社_宝庫

蛭児神社

日御碕神社_蛭児神社

蛭兒命を祀る

荒魂神社

日御碕神社_荒魂神社

十九社 摂末社

日御碕神社_十九社 摂末社
摂末社と御祭神の名前は向かって右から
※ 日和碕神社 大市姫命
※ 秘臺神社 日神荒魂
※ 曽能若姫神社 曽能若姫命
※ 大山祇神社 大山祇命 磐長姫命
※ 意保美神社 意㳽豆努命
※ 波知神社 須世理姫命
※ 大土神社 大土神
※ 立花神社 伊弉諾尊
※ 中津神社 磐土命 赤土命 底土命
※ 宇賀神社 倉稲魂神
※ 窟神社 稚日女命
※ 眞野神社 近江國諸神
※ 大野神社 出雲國諸神
※ 問神社 稲田姫命 脚摩乳命 手摩乳命
※ 加賀神社 天照大御神
※ 坂戸神社 道返大神
※ 若宮 手力雄命 兒屋命 大玉命
※ 大歳神社 大歳神 奥津彦神 奥津姫神
※ 八幡神社 仲哀天皇 應神天皇 神功皇后

御神砂の碑



日御碕神社_砂のお守り

数量限定「砂のお守り」
交通事故で医者から見放されるほどの重症を負った人に、御神砂を塗ったら、すぐに治ったとの言い伝えがある。
1日に決められた数だけしか授与されないお守りで、それを手に入れるには、お守り所に申し出て貰うしかありません。
初穂料は500円で色は赤・青・白の3色があります。

宗像神社

日御碕神社_宗像神社

経島へ向かう道の途中にある。

御朱印

日御碕神社_御朱印

日御碕神社_御朱印 出雲国神仏霊場

日御碕神社_島根半島四十二浦巡り
島根半島四十二浦巡りのスタンプ 楼門のところにあります。

日御碕神社遠景

日御碕神社_日御碕神社遠景

みさきうみねこ街道(県道29号線)沿いに駐車スペースがあります。

出雲国風土記登場地標柱 美佐伎社

日御碕神社_出雲国風土記登場地標柱 美佐伎社

地図

問い合わせ
住 所
 島根県出雲市大社町日御碕455
電 話
 0853-54-5261
ホームページ
 --
メールアドレス
 --
駐 車 場
神社のすぐそばに参拝者の専用駐車場があり、日御碕バス停にも、トイレが併設された駐車場あります。

コメント

人気の投稿