/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ ちょっと寄り道...宍道神社巡拝スタンプラリー 『丹部神社』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

ちょっと寄り道...宍道神社巡拝スタンプラリー 『丹部神社』

ちょっと寄り道...宍道神社巡拝スタンプラリー 『丹部神社』

御 由 緒

丹部神社略記

主祭神 月夜見命
祭 日 例祭十月二十三日 祈年祭三月
    新曾祭十月  正月祭一月四日
    大被祭七月二十三日
神 紋 竹笹
社 殿 本殿(神木を以祭之) 
境內坪數二〇八坪


 御祭神は伊耶那岐命が禊をされたとき、右の御目を洗って化成した三貴子の第二神で第一神は天照大御神、第三神は建速須佐之男命で御祭神の月よみは月齢を数える意を表し月の満ち欠けが暦がもとになって暦を掌る神としての性格をおもちになり夜の世界の領有支配者となられた。
 当社の創立年代は不詳であるが本殿はなく、神木を以て御神体とし、地区の守護神として崇敬されている。
 明治四十年全国合祀令が発せられ、当社は宍道町大森神社に合祀されたが昭和四十三年宗教法人となり大森神社より分離独立して丹部神社として設立された。

丹部神社略記』より

参道奥の段にある大杉が御神木であり、この神木を以って祀る。
御祭神は、伊邪那岐命が禊をした時に右目から生まれた月夜見命で三神で「三貴神」を成す。

宍道神社スタンプラリー説明書』より

 

御 祭 神
月夜見命

丹部神社ー御神木(本殿)
御神体
丹部神社ー御神木(本殿)
御神体
丹部神社ー御神木(本殿)
御神体
丹部神社ー拝殿
社務所と思ったら拝殿らしい。
丹部神社ー境内
境 内
丹部神社ー境内
境 内
丹部神社ー狛犬
狛 犬
丹部神社ー狛犬
狛 犬
丹部神社ー鳥居
鳥 居
丹部神社ー荒神(??)
荒神(?)
丹部神社ー略記
略 記


地 図

問い合せ
住 所
島根県松江市宍道町佐々布2214
電 話
0852-66-1825(氷川神社社務所
ホームページ
メールアドレス
yokoya1961@yahoo.co.jp 氷川神社社務所
ご朱印
有無は不明
駐 車 場
神社前まで入れると思いますが、前進で入ると向きを変えるのが難しいかも...!県道(?)沿いに待避所がありますので、そこから80mほど歩く方が無難かもしれません

コメント

人気の投稿