© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 雲南市 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 雲南市 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月22日月曜日

出雲国風土記 飯石郡 『須佐社(須佐神社)』

 

出雲国風土記 飯石郡 『須佐社(須佐神社)』


今回は出雲国風土記の須佐社に比定され,須佐之男命御魂鎮めの御社『須佐神社』の紹介です。 出雲国神仏霊場の第18番の霊場でもあります。 
交通安全や厄除の祈願には必ずこちらにお願いしています。

 
ご 由 緒
須佐神社(須佐大宮)
須佐神社は、神話の国出雲地方を潤す神戸川の上流に祀られて いる延喜式内の古社で須佐之男命と稲田比売命の御子の子孫と 伝えられる須佐家が代々仕えている神社である。
『出雲国風土記』には「須佐之男命が『この土地は狭いところであるが 住み良い所である。だから自分の名は木や石には付けず、この土地 に付けよう』と仰せられて自分の御魂を鎮め、大須佐田、小須佐田 をお定めになった。それゆえに須佐という。」と記されている。
 現在の本殿(大社造)は天文二十三年(一五五四)尼子晴久が改築、 文久元年(一八六一)藩主松平定安が修造した正統的な大社造で、 栩葺の出雲を代表する堂々とした構えをもつ。
 社宝には、尼子晴久奉納・兵庫鎖太刀(国指定重要文化財)、 室町時代の作である舞楽面「納曽利」・南北朝から室町初期の 黒韋威鎧残欠(県指定文化財)、などが残されている。
 須佐之男命が自ら御魂を鎮め、名を土地に付けられた御魂鎮の 聖地、御名代としての霊跡の地の社として朝廷を始め国守、藩主等の 崇敬を集めた由緒ある神社である。

『須佐神社御由緒』より

御 祭 神
須佐之男命
配  祀
稲田姫命 足摩槌命 手摩槌命

本殿(西側から)
本殿(東側から)
鳥居   
拝殿
鳥居近くの社号標
県道39号線の社号標
亀 石
『大杉さん』...何かパワーを感じられる場所です。
『大杉さん』
御朱印
出雲国神仏霊場の御朱印
入り口にある干支
神楽殿
手水
御由緒掲示板
黄金の龍の鏡
出雲国風土記登場地標柱
境内の奥の方です。
交通安全祈願の際の『お下がり』
稲荷社  稲倉魂命
三穗社 三穂津比克命、事代主命
東末社・西末社 天忍穂耳命、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、
         熊野樟日命、市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命 
天照社 天照大御神
厳島神社 市杵嶋姫命、田心姫命、
     湍津姫命
まだ写真がありません。
須賀神社 素我里命

他に神社の周辺には、須佐之男命に縁のある『須佐の七不思議』いわれる伝説があります。
ちなみに、『須佐の七不思議』は
一、塩ノ井 二、相生の松 三、神馬 四、落葉の槇 五、影無し桜 六、星滑 七、雨壺
です。

地図

問い合せ
住 所
島根県出雲市佐田町須佐730
電 話
0835-84-0605(電話・FAX共通)
ホームページ
https://www.susa-jinja.jp/
メールアドレス
susa7001@icv.ne.jp 
駐 車 場
神社境内の隣に30台程停められます。そこが
一杯ならばゆかり館の駐車場に止められます。

2021年2月21日日曜日

大原郡 山野河川海岸通道

 大原郡 山野河川海岸通道


大森神社からJR日登駅方面

莵原野(うはらぬ)郡家(ぐうけ)正東(まひがし)なり。郡家()けり

城名樋(きなひ)山。郡家正北(まきた)一里一百歩なり。所造天下大神大穴持命(あめのしたつくらししおほかみおほなもちのみこと)八十(やそ)()たむとして()を造りたまひき(かれ)城名樋と云ふ

高麻(たかさ)山。郡家正北一十里二百歩なり。高一百丈(めぐ)五里あり。北椿等(たぐひ)有り。東南西三方(なら)びに()なり古老の傳へに云へらく、神須佐能袁命(かむすさのをのみこと)御子(みこ)靑幡佐草日古命(あをはたさくさひこのみこと)()き給ひき(かれ)高麻山と云ふ。卽(みね)()すは、御魂(みたま)なり

須我(すが)山。郡家東北一十九里一百八十歩。檜・杉あり

船岡山。郡家の東北一十六里なり。阿波枳閇委奈佐比古命(あはきへわなさひこのみこと)()()ゑましし山是れなり(かれ)船岡と云ふ

御室(みむろ)山。郡家東北一十九里一百八十歩なり神須佐乃乎命(かむすさのをのみこと)御室(みむろ)らしめひて、宿(やど)らせる所なり(かれ)御室と云ふ

凡そ、(もろもろ)の山野に在る所の草木は、苦參(くらら)桔梗(ありのひふき)菩茄(むこぎ)白芷(かさもち)前胡(のぜり)獨活(うど)卑解(ところ)葛根(くずのね)細辛(みらのねぐさ)茵芋(につつじ)白前(のかがみ)決目(えびすぐさ)白歛(やまかがみ)女委(ゑみくさ)薯預(やまついも)麥門冬(やますげ)(すもも)(かへ)椿(かぢ)楊梅(やまもも)(つき)(きはだ)禽獸には則ち晨風(はやぶさ)山鷄(やまどり)(きじ)()鹿・莵・獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

斐伊川(ひのかは)。郡家正西(まにし)五十七歩なり。西れて、出雲多義(たが)に入る。年魚(あゆ)麻須(ます)あり

()(しほ)川。源意宇(おう)大原(おほはら)との二郡なる()(むら)より出でてに流れ、()(しほ)より西に流る。年魚(あゆ)少しくあり。

須我小川(すがのをがは)。源須我山より出でて西年魚(あゆ)少しくあり。

()()小川。源()()より出で、れて()(しほ)に入る。なし

幡屋(はたや)小川。源郡家東北なる(はた)()より出でてる。魚なし。(みづ)四水(よすじ)ひて、西に流れて出雲大川に入る

屋代(やしろ)小川。源郡家(ぐうけ)正北(まきた)除田野(よきだぬ)より出で、西れて斐伊()大河(のおほかわ)に入る。魚なし。

通道(かよひぢ)意宇(おう)なる木垣坂(きがきのさか)に通ふは、二十三里八十五歩なり

仁多(にた)なる辛谷村(ひのたにむら)に通ふは、二十三里一百八十二歩なり

飯石(いひし)なる斐伊河(ほとり)に通ふは五十七歩なり

出雲郡の堺なる多義(たが)に通ふは、一十一里二百二十なり

(さき)(くだり)の三は、(なら)びに山野(やまぬ)(うち)なり

       郡司 主帳 无位         勝部臣(すぐりべのおみ)

          大領 外正六位上 勳十二等 勝部臣

          少領 外從八位上      (ぬか)田部(だべ)(のおみ)

          主政 无位         日置臣(へきのおみ)

出雲国風土記 島根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...