スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(仁多郡)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 仁多郡 『伊我多氣社(伊賀多氣神社)』

出雲国風土記 仁多郡 『伊我多氣社(伊賀多氣神社)』 御 由 緒 伊賀多氣神社 略記   伊賀多氣神社は、垂仁天皇の御代に創建せられた延喜式 内の古社にして、出雲風土記に神祇官社・延喜之制・小社 とせられている 。御鎮座地は古代横田庄と云い仙洞院御 料地であった。然し乍ら戰國時代の戦火に罹り御社殿・社 家共に炎上し古資料を失ったことは誠に残念である 。  御主祭神は、素盞鳴尊の御子神五十猛命である 。相殿と して素盞鳴尊大己貴命を合せ祀っている 。父神素盞鳴尊が 姉神天照皇大神のおいかりにふれられ、高天原を逐はれ朝 鮮の新羅國曽尸茂梨の地に降られた時、父神と共に降られ 父神をたすけられた。後に父神が本土へお帰りの折お供を し五十猛 (大田市 )の浦へ着かれた。その時命は曽尸茂梨 より樹木の種子をお持ち帰りになった。父神と共に簸乃川 上にのぼられ、稲田の里にて稲田の地頭・脚摩乳、妻の手 摩乳より「オロチ」の被害を聞かれ、父神と共に鳥髮山( 通山 )に登られ、オロチ族の鉄穴流し(鉄の原料である 砂鉄を採るため山を崩して流す )のため四方の山々が禿山 となっており、これでは雨期に洪水となり人々が難澁す ので、命が、父神はオロチ族に斯様なことをしない様直接 談判をして下さい(オロチ退治 )。私は烏髮山から乾の方 角に當る地にとどまり、住民と共に樹木の苗を育て荒れ山 に植樹して治山治水を行いますと申された。その地が御當 社御鎮座地角村である 。命は住民に「杉及び楠」は浮舟に、 「桧木」は御殿を作れ、「マキ」の木は火をたいて物を焼 くのに用いよと教えられた。その後、命は日本國中に植樹 造林をおすすめになら れた。このため朝廷から國土経営の 神として遇せられ、全國の人々から林業の守護神として崇 められている。」  御社宝                木造 随神立像 二躯  木造 獅子頭 一頭  共に県文化財  御祭日                      祈年祭    四月八日             例大祭  十一月八日             新嘗祭    十二月八日 御 祭 神 五十猛命 配  祀 素盞鳴尊・大己貴命 本殿 本殿

国の特別記述

国の特別記述 十字街(ちまた) 出雲国風土記登場地標柱 十字街 道度 ( みちのり ) 國の東の堺より、西に 去 ( ゆ ) くこと二十 里一百八十歩 にして 、 野城 ( ぬき ) 橋 に至る 。長 さ三十 丈七尺 、 廣 さ 二丈六尺 あり 。 飯梨河なり 。又 、 西 二十 一里 にして 國廳 ( くにのまつりごとのや ) 、 意宇 ( おうの ) 郡家 ( ぐうけ ) の 北 なる 十字街 ( ちまた ) に至り、 卽 ち 分 か れて 二 つの 道 となる 。一 つは 正西道 ( まにしのみち ) 、 一 つは 枉北道 ( きたにまがれるみち ) なり。 枉北道 ( きたにまがれるみち ) は、 北 に 去 ( ゆ ) くこと四里二百六十六 歩 にして、 郡 の 北 の 堺 なる 朝酌渡 ( あさくみのわたり ) に至る 。渡 り 八十歩 。 渡船 ( わたしぶね ) 一 つあり 。又 、 北 へ 一十 一 里一百 四十 歩 にして、 嶋根 ( しまねの ) 郡家 に至る 。 郡家 より北に 去 ( ゆ ) くこと 一十七里一百八十歩 にして、 隱岐渡 ( おきのわたり ) 、 千酌驛家 ( ちくみのうまや ) の 濱 に至る 。渡船 あり 。 又、郡家より西へ一十五里八十歩にして、郡の西の堺なる 佐 ( さ ) 太 ( だ ) 橋 に至る 。長 さ 三丈 、 廣 さ 一丈 あり 。佐太川 なり 。又 、 西 へ八里二 百歩 にして、 秋鹿 ( あきか ) 郡家 に至る。 又 、 郡家 より 西 に 一十五里 一 百歩 にして、 郡 の 西 の 堺 に至る 。又 、 西 へ 八里二百六 十四歩 にして、 楯縫 ( たてぬひ ) 郡家 に至る 。 又、郡家より西へ七里一百六十歩にして、郡の西の堺に至る。又、西へ一十里二百二十歩にして、出雲 郡家 ( ぐうけ ) の 東 の 邊 ( ほとり ) 、 卽 ち 正西 ( まにし ) 道 ( のみち ) に入るなり。 惣 ( す ) べて 枉北道 ( きたにまがれるみち ) の 程 ( みちのり ) 、一百三 里一百一十歩 の 中 、 隱岐道 ( おきへのみち ) は 一十七里一百八十歩 なり 。 正西 ( まにし ) 道 ( のみち ) は、 十字街 ( ちまた ) より 西 へ 一十二里 にし