スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 秋鹿郡 『佐太御子社(佐太神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『佐太御子社(佐太神社)』 御由緒 佐太神社 御由緒 御祭神   北殿 天照大神 瓊々杵尊   正殿 佐太大神 伊奘諾尊 伊奘冉尊 事解男命 速王之男命   南殿 素盞鳴尊 秘説四座 御神徳・沿革   当社は出雲国風土記に、佐太大神社或は佐太御子社とあり、三笠山を背に広壮な大社造の本殿が 相並んで御鎮座になっているので佐太三社とも称され、延喜式には佐陀大社と記され、出雲二宮と 仰がれて来た御社である。   主祭神佐太大神〔猿田毘古大神」は、日本海に面する加賀の潜戸に御誕生になり、出雲四大神の 一柱として崇められ、古くから導きの神・道開きの神・福の神・長寿の神・陸海交通守護神・鎮守の 神として信仰されてきた。   御本殿は三殿並立で、中央が正中殿、向かって右が北殿、左が南殿、いずれも大社造りで、この様な 豪壮な三殿構えは平安時代末期に成立したようであり、他に類例を見ないもので、神社建築史の上で 特筆すべきものである。現在の御社殿は文化四年の造営であるが、その様式は古く元亀年間の造営を 踏襲してきたもののようである。国の重要有形文化財に指定されている。 摂末社   田中神社 本社北殿の摂社で、西社は木花開耶姫命を祀り、縁結・安産。                                                  東社は磐長姫命を祀り縁切・長寿の信仰がある。   北末社   山王社 宇智社 玉御前社 竹生島社   南末社   戸立社 振鉾社 垂水社 天神社       岡見八幡宮 橘稲荷社 客社 宇多紀社 祭 典   歳旦祭      一月一日       七草祭         一月七日   月次祭      毎月一日       節分祭         二月節分日   管粥祭      二月十五日      直会祭         五月三日   神在祭裏月祭   五月二十日~二十五日 神在祭裏月祭止神送神事 五月三十一日   田植祭      七月十五日      御座替神事       九月二十四日   例祭       九月二十五日     神在祭         十一月二十日~二十五日   神在祭止神送神事 十一月三十日     除夜祭         十二月三十一日 神在祭  

『出雲国風土記』とは

『出雲国風土記』とは、和銅6年(713年)、元明天皇により編纂が命じられ、出雲国国司は出雲国庁に出雲国造の出雲臣果安を招き、出雲国風土記の編纂を委嘱した。
天平5年(733年)、出雲国造の出雲臣廣嶋の監修のもと、秋鹿郡の神宅臣金太理の手によって編纂され、聖武天皇に奏上されたといわれている。
写本として現存する5つの風土記(『出雲国風土記』、『播磨国風土記』、『肥前国風土記』、『常陸国風土記』、『豊後国風土記』)の中で一番完本に近い。

構成は

国の総括的記述、意宇郡・島根郡・秋鹿郡・楯縫郡・出雲郡・神門郡・飯石郡・仁多郡・大原郡各郡別の記述、国の特別記述の三部からなり、地域の地名の由来や寺社のリスト、地形の特徴、生息している動植物、特産品などが詳細に記されています。

コメント

人気の投稿