© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 大原郡 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 大原郡 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月21日日曜日

国の特別記述

国の特別記述



十字街(ちまた)
出雲国風土記登場地標柱 十字街

道度(みちのり)

國の東の堺より、西に()くこと二十里一百八十歩にして野城(ぬき)に至る。長さ三十丈七尺二丈六尺あり飯梨河なり。又西二十一里にして國廳(くにのまつりごとのや)意宇(おうの)郡家(ぐうけ)なる十字街(ちまた)に至り、れてつのとなる。一つは正西道(まにしのみち)つは枉北道(きたにまがれるみち)なり。


枉北道
(きたにまがれるみち)
は、()くこと四里二百六十六にして、なる
朝酌渡(あさくみのわたり)に至る。渡八十歩渡船(わたしぶね)つあり。又一十里一百四十にして、嶋根(しまねの)郡家に至る郡家より北に()くこと一十七里一百八十歩にして、隱岐渡(おきのわたり)千酌驛家(ちくみのうまや)に至る。渡船あり

又、郡家より西へ一十五里八十歩にして、郡の西の堺なる()()に至る。長三丈一丈あり。佐太川なり。又西へ八里二百歩にして、秋鹿(あきか)郡家に至る。郡家より西一十五里百歩にして、西に至る。又西八里二百六十四歩にして、楯縫(たてぬひ)郡家に至る

又、郡家より西へ七里一百六十歩にして、郡の西の堺に至る。又、西へ一十里二百二十歩にして、出雲郡家(ぐうけ)(ほとり)正西(まにし)(のみち)に入るなり。()べて枉北道(きたにまがれるみち)(みちのり)、一百三里一百一十歩隱岐道(おきへのみち)一十七里一百八十歩なり

正西(まにし)(のみち)は、十字街(ちまた)より西一十二里にして野代(ぬしろ)に至る。長六丈一丈五尺あり。又西七里にして、玉作街(たまづくりのちまた)に至り、かれてつのとなる。一つは正西道(まにしのみち)つは正南道(まみなみのみち)なり

正南道(まみなみのみち)は、一十四里二百一十歩にして、南西に至る。又へ二十三里八十五歩にして、大原(おほはら)郡家に至り、かれてつのとなる。一つは南西道(みなみにしのみち)つは東南道(ひがしみなみのみち)なり。

南西道(みなみにしのみち)は、五十七歩にして斐伊()(のかは)に至る(わたり)二十五歩渡船一つあり。又南西へ二十九里一百八十歩にして、飯石(いひし)郡家に至る。又郡家より八十里にして、南西に至る。備後國三次(みよし)に通へり()べて國を(みちのり)一百六十六里二百五十七歩なり

東南道(ひがしみなみのみち)は、郡家より()くこと二十三里一百八十二歩にして、東南なる〔仁多比比理(ひひり)に至る。東南一十六里二百十六歩にして、仁多郡家(ぐうけ)に至り、かれてつのとなる。一つは正東道(まひがしのみち)、一つは正南道(まみなみのみち)なり。正東道(まひがしのみち)は三十五里一百五十にして、伯耆(ははき)の堺なる阿志毗緣(あしびえ)山に至り、正南道(まみなみのみち)は三十八里一百二十一歩にして〕、備後(びんご)なる()()に至る

正西道(まにしのみち)は、玉作街(たまづくりのちまた)より西九里にして來待橋に至る。長八丈一丈三尺あり。又西へ〔一十四里三十歩にして、郡の西の堺なる佐雜埼(ささふのさき)に至る。又、西へ一十三里六十〕四歩にして、出雲(いずも)郡家に至る。又郡家より西二里六十歩にして、西なる出雲に至る(わたり)五十歩渡船一つあり。又西七里二十五歩にして神門(かむど)郡家に至る。卽あり(わたり)、二十五歩渡船一つあり。郡家より西三十三里にして、西に至る。石見國安農(あぬ)に通へり()べてを去る(みちのり)一百六里四十四歩なり


驛路(うまやぢ)

東の堺より西に()くこと二十里一百八十歩にして、野城驛(ぬきのうまや)に至る又、西へ二十一里にして、黑田驛(くろだのうまや)の至り、かれてつのとなる。一つは正西つは隱岐國に渡るなり隱岐道(おきへのみち)()くこと三十四里一百十歩にして、隱岐(わたり)千酌驛(ちくみのうまや)に至る。又正西道(まにしのみち)は三十八里にして、宍道驛(ししぢのうまや)に至る。又西へ二十六里二百二十九歩にして、狹結驛(さよふのうまや)に至る。又西一十九里にして、多伎驛(たきのうまや)に至る。又西一十四里にして、西に至る


軍團(いくさのつかさ)

意宇(おう)軍團は、郡家(ぐうけ)()けり

熊谷(くまたに)軍團は、飯石郡家東北二十九里一百八十歩なり

神門(かむど)軍團は、郡家正東(まひがし)七里なり


(とぶひ)

馬見烽(まみのとぶひ)は、出雲郡家西北三十二里二百四十なり

土椋烽(とくらのとぶひ)は、神門郡家東南一十四里なり

多夫志烽(たぶしのとぶひ)出雲郡家正北(まきた)一十三里四十なり

布自枳美烽(ふじきみのとぶひ)は、嶋根郡家(ぐうけ)正南(まみなみ)七里二百一十歩なり

暑垣烽(あつがきのとぶひ)は、意宇郡家正東(まひがし)二十里八十歩なり


(まもり)

宅伎戌(たきのまもり)は、神門郡家の西南三十一里なり

瀬埼戌(せざきのまもり)嶋根郡家東北一十九里一百八十歩なり


天平五年二月三十日(かむが)る。秋鹿郡人(あきかのこほりのひと) 神宅臣金太理(みやけのおみかなたり)

国造帶意宇郡大領(くにのみやつこにしておうのこほりのかみをかねたる)外正六位上 勳十二等 出雲臣廣嶋

大原郡 山野河川海岸通道

 大原郡 山野河川海岸通道


大森神社からJR日登駅方面

莵原野(うはらぬ)郡家(ぐうけ)正東(まひがし)なり。郡家()けり

城名樋(きなひ)山。郡家正北(まきた)一里一百歩なり。所造天下大神大穴持命(あめのしたつくらししおほかみおほなもちのみこと)八十(やそ)()たむとして()を造りたまひき(かれ)城名樋と云ふ

高麻(たかさ)山。郡家正北一十里二百歩なり。高一百丈(めぐ)五里あり。北椿等(たぐひ)有り。東南西三方(なら)びに()なり古老の傳へに云へらく、神須佐能袁命(かむすさのをのみこと)御子(みこ)靑幡佐草日古命(あをはたさくさひこのみこと)()き給ひき(かれ)高麻山と云ふ。卽(みね)()すは、御魂(みたま)なり

須我(すが)山。郡家東北一十九里一百八十歩。檜・杉あり

船岡山。郡家の東北一十六里なり。阿波枳閇委奈佐比古命(あはきへわなさひこのみこと)()()ゑましし山是れなり(かれ)船岡と云ふ

御室(みむろ)山。郡家東北一十九里一百八十歩なり神須佐乃乎命(かむすさのをのみこと)御室(みむろ)らしめひて、宿(やど)らせる所なり(かれ)御室と云ふ

凡そ、(もろもろ)の山野に在る所の草木は、苦參(くらら)桔梗(ありのひふき)菩茄(むこぎ)白芷(かさもち)前胡(のぜり)獨活(うど)卑解(ところ)葛根(くずのね)細辛(みらのねぐさ)茵芋(につつじ)白前(のかがみ)決目(えびすぐさ)白歛(やまかがみ)女委(ゑみくさ)薯預(やまついも)麥門冬(やますげ)(すもも)(かへ)椿(かぢ)楊梅(やまもも)(つき)(きはだ)禽獸には則ち晨風(はやぶさ)山鷄(やまどり)(きじ)()鹿・莵・獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

斐伊川(ひのかは)。郡家正西(まにし)五十七歩なり。西れて、出雲多義(たが)に入る。年魚(あゆ)麻須(ます)あり

()(しほ)川。源意宇(おう)大原(おほはら)との二郡なる()(むら)より出でてに流れ、()(しほ)より西に流る。年魚(あゆ)少しくあり。

須我小川(すがのをがは)。源須我山より出でて西年魚(あゆ)少しくあり。

()()小川。源()()より出で、れて()(しほ)に入る。なし

幡屋(はたや)小川。源郡家東北なる(はた)()より出でてる。魚なし。(みづ)四水(よすじ)ひて、西に流れて出雲大川に入る

屋代(やしろ)小川。源郡家(ぐうけ)正北(まきた)除田野(よきだぬ)より出で、西れて斐伊()大河(のおほかわ)に入る。魚なし。

通道(かよひぢ)意宇(おう)なる木垣坂(きがきのさか)に通ふは、二十三里八十五歩なり

仁多(にた)なる辛谷村(ひのたにむら)に通ふは、二十三里一百八十二歩なり

飯石(いひし)なる斐伊河(ほとり)に通ふは五十七歩なり

出雲郡の堺なる多義(たが)に通ふは、一十一里二百二十なり

(さき)(くだり)の三は、(なら)びに山野(やまぬ)(うち)なり

       郡司 主帳 无位         勝部臣(すぐりべのおみ)

          大領 外正六位上 勳十二等 勝部臣

          少領 外從八位上      (ぬか)田部(だべ)(のおみ)

          主政 无位         日置臣(へきのおみ)

出雲国風土記 島根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...