© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 秋鹿郡 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 秋鹿郡 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月21日日曜日

国の特別記述

国の特別記述



十字街(ちまた)
出雲国風土記登場地標柱 十字街

道度(みちのり)

國の東の堺より、西に()くこと二十里一百八十歩にして野城(ぬき)に至る。長さ三十丈七尺二丈六尺あり飯梨河なり。又西二十一里にして國廳(くにのまつりごとのや)意宇(おうの)郡家(ぐうけ)なる十字街(ちまた)に至り、れてつのとなる。一つは正西道(まにしのみち)つは枉北道(きたにまがれるみち)なり。


枉北道
(きたにまがれるみち)
は、()くこと四里二百六十六にして、なる
朝酌渡(あさくみのわたり)に至る。渡八十歩渡船(わたしぶね)つあり。又一十里一百四十にして、嶋根(しまねの)郡家に至る郡家より北に()くこと一十七里一百八十歩にして、隱岐渡(おきのわたり)千酌驛家(ちくみのうまや)に至る。渡船あり

又、郡家より西へ一十五里八十歩にして、郡の西の堺なる()()に至る。長三丈一丈あり。佐太川なり。又西へ八里二百歩にして、秋鹿(あきか)郡家に至る。郡家より西一十五里百歩にして、西に至る。又西八里二百六十四歩にして、楯縫(たてぬひ)郡家に至る

又、郡家より西へ七里一百六十歩にして、郡の西の堺に至る。又、西へ一十里二百二十歩にして、出雲郡家(ぐうけ)(ほとり)正西(まにし)(のみち)に入るなり。()べて枉北道(きたにまがれるみち)(みちのり)、一百三里一百一十歩隱岐道(おきへのみち)一十七里一百八十歩なり

正西(まにし)(のみち)は、十字街(ちまた)より西一十二里にして野代(ぬしろ)に至る。長六丈一丈五尺あり。又西七里にして、玉作街(たまづくりのちまた)に至り、かれてつのとなる。一つは正西道(まにしのみち)つは正南道(まみなみのみち)なり

正南道(まみなみのみち)は、一十四里二百一十歩にして、南西に至る。又へ二十三里八十五歩にして、大原(おほはら)郡家に至り、かれてつのとなる。一つは南西道(みなみにしのみち)つは東南道(ひがしみなみのみち)なり。

南西道(みなみにしのみち)は、五十七歩にして斐伊()(のかは)に至る(わたり)二十五歩渡船一つあり。又南西へ二十九里一百八十歩にして、飯石(いひし)郡家に至る。又郡家より八十里にして、南西に至る。備後國三次(みよし)に通へり()べて國を(みちのり)一百六十六里二百五十七歩なり

東南道(ひがしみなみのみち)は、郡家より()くこと二十三里一百八十二歩にして、東南なる〔仁多比比理(ひひり)に至る。東南一十六里二百十六歩にして、仁多郡家(ぐうけ)に至り、かれてつのとなる。一つは正東道(まひがしのみち)、一つは正南道(まみなみのみち)なり。正東道(まひがしのみち)は三十五里一百五十にして、伯耆(ははき)の堺なる阿志毗緣(あしびえ)山に至り、正南道(まみなみのみち)は三十八里一百二十一歩にして〕、備後(びんご)なる()()に至る

正西道(まにしのみち)は、玉作街(たまづくりのちまた)より西九里にして來待橋に至る。長八丈一丈三尺あり。又西へ〔一十四里三十歩にして、郡の西の堺なる佐雜埼(ささふのさき)に至る。又、西へ一十三里六十〕四歩にして、出雲(いずも)郡家に至る。又郡家より西二里六十歩にして、西なる出雲に至る(わたり)五十歩渡船一つあり。又西七里二十五歩にして神門(かむど)郡家に至る。卽あり(わたり)、二十五歩渡船一つあり。郡家より西三十三里にして、西に至る。石見國安農(あぬ)に通へり()べてを去る(みちのり)一百六里四十四歩なり


驛路(うまやぢ)

東の堺より西に()くこと二十里一百八十歩にして、野城驛(ぬきのうまや)に至る又、西へ二十一里にして、黑田驛(くろだのうまや)の至り、かれてつのとなる。一つは正西つは隱岐國に渡るなり隱岐道(おきへのみち)()くこと三十四里一百十歩にして、隱岐(わたり)千酌驛(ちくみのうまや)に至る。又正西道(まにしのみち)は三十八里にして、宍道驛(ししぢのうまや)に至る。又西へ二十六里二百二十九歩にして、狹結驛(さよふのうまや)に至る。又西一十九里にして、多伎驛(たきのうまや)に至る。又西一十四里にして、西に至る


軍團(いくさのつかさ)

意宇(おう)軍團は、郡家(ぐうけ)()けり

熊谷(くまたに)軍團は、飯石郡家東北二十九里一百八十歩なり

神門(かむど)軍團は、郡家正東(まひがし)七里なり


(とぶひ)

馬見烽(まみのとぶひ)は、出雲郡家西北三十二里二百四十なり

土椋烽(とくらのとぶひ)は、神門郡家東南一十四里なり

多夫志烽(たぶしのとぶひ)出雲郡家正北(まきた)一十三里四十なり

布自枳美烽(ふじきみのとぶひ)は、嶋根郡家(ぐうけ)正南(まみなみ)七里二百一十歩なり

暑垣烽(あつがきのとぶひ)は、意宇郡家正東(まひがし)二十里八十歩なり


(まもり)

宅伎戌(たきのまもり)は、神門郡家の西南三十一里なり

瀬埼戌(せざきのまもり)嶋根郡家東北一十九里一百八十歩なり


天平五年二月三十日(かむが)る。秋鹿郡人(あきかのこほりのひと) 神宅臣金太理(みやけのおみかなたり)

国造帶意宇郡大領(くにのみやつこにしておうのこほりのかみをかねたる)外正六位上 勳十二等 出雲臣廣嶋

2021年2月10日水曜日

秋鹿郡 山野河川海岸通道

秋鹿郡 山野河川海岸通道


佐陀川にかかる佐太橋


神名火(かむなび)山。(ぐうけ)東北九里四十なり。高二百三十(めぐ)一十四里あり。はゆる佐太大神(さだのおほかみ)は、卽ち()(ふもと)なり。

足日(たるひ)山。郡家(ぐうけ)正北(まきた)七里なり。高一百七十丈(めぐり)一十里二百歩あり

女心高野(めごころたかぬ)。郡家正西(まにし)一十里二十なり。高一百八十丈六里あり土體(つち)(ゆた)かに()えて、百姓(たみ)膏腴(うるほひ)(その)なり樹林(はやし)なし(ただ)上頭(みね)樹林(はやし)あり()なり

都勢野(つせぬ)郡家の正西一十里二十なり。高一百一十丈五里あり樹林(はやし)なし。(みね)(さは)あり。周五十歩あり(よも)(みぎは)に、(をぎ)(あし)()(しげ)()ひ、或るは(むらが)(そばだ)ち、或るは水にせり。鴛鴦(をし)めり。

(いま)山。郡家の正西一十里二十七里あり

凡そ、諸の山野に在る所の草木は、白朮(をけら)獨活(うど)女靑(かはねぐさ)苦參(くらら)貝母(ははくり)牡丹(ふかみぐさ)連翹(いたちぐさ)伏令(まつほど)藍漆(やまあゐ)女委(ゑみくさ)細辛(みらのねぐさ)蜀椒(なるはじかみ)薯預(やまついも)白歛(やまかがみ)芍藥(えびすぐすり)百部根(ほとづら)薇蕨(わらび)薺頭蒿(おはぎ)(すもも)・赤桐白桐(きり)(しひ)椿・楠(かへ)(つき)禽獸にはち、(わし)晨風(はやぶさ)山雞(やまどり)(きざし)鹿飛鼺(むささび)獼猴(さる)あり

佐太(さだ)川。源つあり 東の水源(みなもと)嶋根郡のいはゆる多久川是なり。西水源秋鹿郡渡村(わたりのむら)より出づ 二つの水合ひて南に流れて佐太水海(さだのみづうみ)に入る卽ち水海(めぐ)七里あり鮒あり。 水海は入海に通ひ、(みなと)一百五十歩一十歩あり

山田(やまだ)川。源郡家(ぐうけ)西北七里なる湯火(ゆひ)山より出で、れて入海に入る。

多太(ただ)川。源は郡家の正西(まにし)一十里なる女心高野(めごころたかぬ)より出で、南に流れて入海に入る。

大野(おほぬ)川。源は郡家の正西一十三里なる磐門(いはと)より出で、南に流れて入海に入る。

草野(かやぬ)川。源は郡家の正西一十四里。大繼(おほつぎ)より出で、南に流れて入海に入る。

伊農(いぬ)川。源は郡家の正西一十六里。伊農山より出で、南に流れて入海に入る。

長江(ながえ)川。源は郡家(ぐうけ)東北九里四十なる神名火(かむなび)より出で、南に流れて入海に入る。 以上七つの川は、並びに魚なし。

惠曇陂(ゑとものつつみ) (もと)惠伴なるを、惠曇に改めて(まを) (めぐ)六里あり。鴛鴦(をし)(たかべ)あり四邊(めぐり)(あし)(まこも)(すげ)()へり。養老元年より以往(さき)には、荷蕖(はちす)自然(おのづから)(むらがり)()ふること太多(さは)なりしも、二年より以降(このかた)自然(おのづから)()せき()べて(くき)なし俗人(くにびと)へらく、陶器(すゑのもの)(みか)(しきかはら)(たぐい)(さは)あり。古より時々人溺。深きを知らず

深田(ふかだ)池。(めぐ)二百三十あり 鴛鴦(おし)(たかべ)あり

杜原(もりはら)池。周一里二百歩あり

峰峙(みねじ)池。周一里あり

佐久羅(さくら)。周一里一百歩あり 鴛鴦あり。

南は入海にして、春には則ち鯔魚(なよし)須受枳(すずき)鎭仁(ちに)鰝鰕(えび)さき(くさぐさ)あり。秋には白鵠(くぐひ)鴻雁(かり)(たかべ)鴨等あり。北大海なり

惠曇(ゑとも)濱。廣二里一百八十歩あり(ひむがし)(みなみ)びにあり。西()大海(おほうみ)なり卽ちより在家(さと)に至るまでの四方(よも)(なら)びに石木(いはき)なく、白沙(しらすな)(つも)れるがごとし。大風は、(いさご)、或るは(まにま)のごとく()り、或るは()ながられ、(あり)のごとくりて、桑麻掩覆(おほ)ふ。()(うが)てる磐壁(いはかべ)二所あり 一所は厚さ三丈、廣さ一丈、高さ八尺あり。一所は厚さ二丈二尺、廣さ一丈、高さ一丈あり。其の中を通れる川、北に流れて大海に入る。川の東は嶋根郡なり。西は秋鹿郡の内なり。川の口より南の(かた)(ほとり)に至るまでの一百八十歩一丈五尺あり。源なり。上()はゆる佐太(さだ)西は、じきなり。凡そ、渡村(わたりのむら)は、とに(わか)るるなり。古老へらく嶋根郡大領(かみ)社部臣訓麻呂(こそべのおみくにまろ)(おや)波蘇(はそ)(たち)稻田(こみ)に依りて()()りたる所なり。浦西(いそ)より起きて、楯縫郡のなる自毛埼(しものさき)(いた)壁峙(そばだ)ちて崔嵬(さが)しく、風靜かなりと雖も、往來(ゆきき)停泊()つる(ところ)なし。(しろ)嶋。 紫苔菜(のり)生へり

()嶋。高六丈(めぐ)八十歩なり松三株あり。

都於(つお)嶋。 礒なり。

著穗(つきほ)嶋。海藻()生へり

凡そ、北の海に在る所の雜の物は、(ふぐ)沙魚(さめ)佐波(さば)烏賊(いか)鮑魚(あはび)(さざえ)貽貝(いがひ)(うむぎ)甲蠃(かせ)石華()蠣子(かき)海藻()海松(みる)紫菜(のり)凝海菜(こるもは)なり。

通道(かよひぢ)嶋根郡なる佐太(さだ)に通ふは、八里二百歩なり。楯縫郡なる伊農(いぬ)に通ふは、一十五里一百なり

     郡司 主帳 外從八位下 勳十二等 日下部臣(くさかべのおみ)

      大領   外正八位下 勳十二等 刑部臣(あさかべのおみ)

      権任少領 外從八位下      蝮部臣(たぢひべのおみ)



ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 


写真が多く使われ、わかりやすく『出雲国風土記』を解説しています。出雲の歴史旅には必需品です!

出雲国風土記 島根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...