ラベル 秋鹿郡 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 秋鹿郡 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年6月13日土曜日

出雲國風土記 国の総括的記述

出雲國風土記


國の大體(おほかた)は、(ひむがし)(はじめ)とし、(にしみなみ)(をはり)とす。(ひむがし)(みなみ)とは山にして、西と北とは海に()けり
東西一百三十七里一十九歩
南北一百八十二里一百九十三歩

一百歩
七十三里三十二歩
得而難可誤

(ろう)枝葉(しえふ)細思(さいし)し、詞源(しげん)裁定(さいぢやう)す。(また)山野(さんや)(ひん)()(ところ)鳥獸(ていじう)(すみか)魚貝(ぎよばい)(かい)(さい)(たぐい)(いと)繁多(さは)にして、(ことごと)には()べず。(しか)はあれど()むことを()ざるは、粗梗槪(ほぼあらまし)()げて、(ふみ)(おもむき)を成しつ。

出雲(いずも)(なづ)くる所以(ゆゑ)は、八束(やつか)(みづ)(おみ)津野(づぬ)(のみこと) ()りたまひしく、「八雲立つ」()りたまひき。(かれ)、八雲立つ出雲(いずも)と云ふ。

()はせて神社(かみのやしろ) 三百九十九所
一百八十四所 (じん)祇官(ぎくわん)に在り 
二百一十五所 神祇官に在らず。
九郡。(さと)六十二。(こざと)一百八十一。 餘戶(あまりべ)四。 驛家(うまや)六。 (かむ)()七。里一十一。
() () (のこほり)。 十一。里三十三。餘戶一。 驛家三。 神三。里六
(しま) () (のこほり)。 八。里二十四。餘一。 驛家一。
(あき) 鹿() (のこほり)。 四。里一十二。神一。(こざと)なり
(たて) (ぬひ) (のこほり)。 四。里一十二。餘一。神一。里なり。
() (づも) (のこほり)。 里二十三。神一。里二。
(かむ) () (のこほり)。 里二十二。餘一。 驛家二。 神一。里なり。
() (ひし) (のこほり)。 里一十九。
() () (のこほり)。 四。里一十二。
(おほ) (はら) (のこほり)。 郷八。里二十四。
  右の(くだり)(さと)の字は、靈龜(りやうき)元年(七一五年)の(しき)()りて、里を改めて郷と爲せり。その郷の名の字は(じん)()三年726年)の民部省(みんぶしやう)口宣(くぜん)(かがふ)りて之を改む。


2019年8月15日木曜日

出雲国風土記 秋鹿郡 『多太社(多太神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『多太社(多太神社)』

ご 由 緒
御祭神 衝桙等乎而留比古命
    稲背脛命

御神徳 占い・勝負事・五穀豊穣・交通安全

御由緒
 創立年代は不詳ではありますが、出雲風土記の秋鹿郡多太郷の項に「多太社」と記載されている古社であります。
 須佐能乎命と櫛稲田姫との五番目の御子衝桙等乎而留比古命が国を巡っておられました時、この土地を訪れると「我が心は明るく汚れのない正しい心持ちになった。我はこの土地に鎮まろう」と言われました。故にこの「正しい」をとって「多太郷」という地名が付けられました。
 中世には、羽鳥大明神とも呼ばれていました。同祭神、同社名の神社は、全国でも二社のみにて、もう一社は石川県小松市に鎮座されています。

恒例大祭日  三月十八日    祈年祭
       十月二十日     例祭
                十一月二十二日 新嘗祭

境内神社 稲荷社
              八幡社
              社日碑

飛地境內神社  鱸田神社

鎮座地 松江市岡本町羽鳥八七六
『多太神社御由緒』より


御 祭 神
衝桙等乎而留比古命(つきほことおるひこのみこと)
稲背脛命(いなせはぎのみこと)
合   祀
伊弉冊命 速玉男命

多太神社-本殿と社日碑
多太神社-本殿
本殿と社日碑
本殿
多太神社-本殿と拝殿
多太神社-拝殿
本殿と拝殿
拝殿
多太神社-参道より拝殿
多太神社-全景
参道から拝殿
全景
多太神社-鳥居
多太神社-御由緒
鳥居
御由緒
多太神社-社号標
多太神社-境内摂社
社号標
境内摂社
多太神社-境内摂社
境内摂社については
社名・詳細はいずれも不明。
境内摂社
多太神社-境内摂社
多太神社-境内摂社
境内摂社
境内摂社
多太神社-手水
多太神社-手水の亀
手水
手水の亀
多太神社-飛地境內神社  鱸田神社

飛地境內神社  鱸田神社地図


地図

問い合せ
住 所
島根県松江市岡本町876
電 話
--
ホームページ
--
メールアドレス
--
ご朱印
有無は不明
駐 車 場
宍道湖方面から行くと神社の鳥居を過ぎたあたりに砂利の駐車場があります。

嶋根郡 郷里驛家

嶋根郡 郷里驛家 嶋根郡 ( しまねのこほり ) 合はせて 郷 ( さと ) 八。 里 ( こざと ) 二十 五。 餘戸 ( あまりべ ) 一 。 驛家 ( うまや ) 一 。   朝酌郷 ( あさくみのさと )  今も 前 ( さき ) に依り て 用 ゐる 。 山口郷 ...