スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(秋鹿郡)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 秋鹿郡 『秋鹿社(秋鹿神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『秋鹿社(秋鹿神社)』 御 由 緒 由緒記 鎮座地 松江市秋鹿町二八五三番地 祭神:秋鹿日女命 境内地 七五三坪 創立年紀は不詳であるが、風土記所載の古社であり、 記に依れば、秋鹿と名つくる所以は、郡家の正北に秋鹿日女命 坐す故に秋鹿と云ふ。依って該社再興或いは修復等の節には、郡中より 現米七俵 を寄附する例あり。然るに、寛保三年度より、其例絶ん、明治五年三月、村社に列せられる。秋鹿日女命は、天勅を蒙り、大己貴命の火傷を治療給はん為に此國に降り給ひて、其任を果し給ひ、御功 績甚だ顕著であり、此の御功績ぞ即ち、大己貴命の遂に天下蒼生の為、大に利養厚生の道を開き給へし一の原動力と成れり。此の御縁由に依って永く此地に鎮座し給ふなり。 合殿:御井神社 祭神:罔象女命 延喜式内の社なりと雖ども、中古衰頽して秋鹿神社に合祭す。其年紀不詳、今の秋鹿社より南方距離九十米、旧跡猶在り、森有 現在民有地、其中に神井三ツ有、古老の伝説に曰く、「井上の山の端 に平地有り、此所に社有りしに、衰頽せしにより秋鹿社に合祭す。」 と云ふ。三の井は、近年迄近隣住民の飲料とす。又、中古より、社号を、秋鹿姫二所大明神と称するは、罔象女命と秋鹿日女命と坐す、所以なり。 合殿:八幡宮 祭神:譽田別命   八幡宮は、往古、秋鹿川の河畔に鎮座なりしが、某年、洪水の為、社地流亡したるを以て当社に合し奉れり。其年代不詳と雖ども、秋鹿神社 貞享三年の棟札に依れば、或いは此年ならん。 御 祭 神 秋鹿日女命 合    祀 罔象女命  譽田別命 本 殿 拝 殿 境 内 秋鹿神社 扁額 御井神社 扁額 八幡宮 扁額 境内社 境内社 境内社 隋神門 秋鹿神社 由緒 鳥 居 地 図 問い合せ 住 所 島根県松江市秋鹿2853 電 話 -- ホームページ -- メールアドレス -- 駐 車 場 一畑電鉄の秋鹿町駅から北に2kmの場所にあります。 境内まで上がる道はありますが、普通車だと少しきついかも...鳥居の横に少

出雲国風土記 秋鹿郡 『同多太社(艫田神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『同多太社(艫田神社)』 御 由 緒 多太神社 飛地境内神社 艫田神社 御祭神 猿田彦命(道祖神)  合祭 天鈿女命 御神徳   海上安全、交通安全、安産 御由緒  出雲国風土記には、同多太ノ社と記載されている神社であり、日本書紀 神代巻には、国譲りの使者として武甕槌命と経津主命が大己貴命のもとに遣わされました。その際、大己貴命は御子神である 事代主命の意見に従う と言われました。  その時 事代主命は出雲国三穂ノ崎(美保関)にて釣りなどを業としておりました。そこで熊野の諸手船を以って大己貴命は使者稲背脛命を三穂ノ崎に遣わします。 猿田命はその熊野の諸手船に乗り、その御船の艫取りてこの所に着きました。故にこの地を艫田というとあります。 稲背脛命は本社多太神社に合祭 例祭日十月十三日 鎮座地松江市岡本町友田一〇九〇 御 祭 神 猿田彦命 合  殿 天鈿女命 社殿 社殿 社殿 社殿の龍の彫刻 全景 手水 鳥居 鳥居 扁額 狛犬 狛犬 社号標 境内 案内板 参道 地図 問い合せ 住 所 島根県松江市岡本町友田1090 電 話 ーー ホームページ ーー メールアドレス ーー 駐 車 場 道の駅 秋鹿なぎさ公園前の交差点を平田方面から左折して、踏切を渡りすぐの交差点を右折して100m程の所にあります。 神社と秋鹿駐在所の間に広い場所があり、車はそこに停められます。

出雲国風土記 秋鹿郡 『大野津社(大野津神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『大野津社(大野津神社)』  御 由 緒 大野津神社由来  御祭神 須佐之男命  ご由緒  当社は天平五年(七三三年)に撰進れた出雲国風土記に、大野津社と記されており、後の延喜式神名帳にも登記された古社で、古来より里人が奉祝崇敬した名社 である。 大野灘は宍道湖北岸の重要な港であり、「津」の名が起こるが、当社は海陸交通の 神である。また、農耕の守護神でもあり、干天続きの年には、雨乞神事が行われた。 さらに厄除安全の祈願所として、人々の畏敬信仰の深いお社であった。 寛永十二年(一六三五年)五月、秋鹿郡吏だった岸崎時照は蛇骨を拝み崇敬の念 を起こしし、大野村中の人々と力を合わせ社殿を建立し、九月晦日を祭日と定めた。  現在は祭神の御神徳を敬仰し年頭に厄災退散・交通安全の祈願を斎行している。 一、特殊神事 雨乞神事  往古より、稲作に大切なものは水である。時々訪れる干天続きの年には、当社の 「蛇骨」を湖上に奉斎して雨乞の神事が斎行され、近郷近在の人々が多数参拝して 盛大に行われた。  ここに、昭和九年と昭和十四年に行われた時の記録をもとに、再現してみる。 まず近郷の神職・斎戒して社殿に上り、二夜三日の祈願と称して、三日連続の 祈願を行う。この時、社殿に納められている蛇骨を出し、正面に蛇頭を安置する。 その前に蛇骨を飾り、神職はそれに向かって大祓祝詞を上げ、祈願する。  三日目の朝には、蛇骨の一部を竹籠二個に納め、鳥居のついた箱形の台に乗せる。 四人の供奉員が台を担いで湖岸に運ぶ。待機する四艘の船の一つに安置して、神職 と供奉員が同船する。もう一艘は衣裳船で楽師達が乗る。他の二艘には各集落より 選出された若者十数