スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(神門郡)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 神門郡 『大山社(大山神社)』

出雲国風土記 神門郡 『大山社(大山神社)』 御 由 緒 大山神社 (由緒) 出雲市小山町一一〇番地鎮座 御祭神 大山津見命 祈年祭 三月(第三土曜日) 例大祭 十月十日(当面は体育の日) 新嘗祭 十一月(第二日曜日) 御神紋 二重亀甲 に大の文字  大山神社は、日本で最も古い書物である『古事記』、『日本書紀』に続く『出雲国風土記』(七三三年)に「大山社」としてその名がみえる。さらに、『延喜式』(九二七年)にも「大山神社」と記載され る式内社である。創立年代は詳かではないが式内社であることから推考しても、千年以前の創立であることは明白である。  また、古老の伝承によると現在の小山町東北端、大塚町との境辺りに小高い丘陵地があり、そこに大山社として祭られ、地域住民の信仰の対象として尊崇されていたらしい。その当時、斐伊川は西折して神門の水海すなわち神西湖に注ぎ日本海にながれていた。その後、しばしば川の氾濫、洪水で地形は様変わりして、大山社は元の地から下流に押し流され、現在地に留まって鎮座まし坐したと言う。  御祭神は伊邪那岐神と伊邪那美神の二柱の御子神であつて、富士山にある浅間神社の御祭神、木花咲那姫命の父神に当たり、昔より農林業守護の神と伝えられてきた。  一説によると、この神は自然への感謝と畏敬の念から祭られた山の神とされる。後世には食物の神、あるいは農耕の神としても祭られるようになった。  明治五年村社に列せられ、村から神饌幣帛料が供進されていたが、先の大戦を経て、昭和二十一年以後は神社本庁包括下の宗教法人となって今に至る。        平成二十三年十月十日 大山神社社務所 (『大山神社 境内由緒掲示板』より) 御 祭 神 大山津見命 本殿 本殿 拝殿 手水 狛犬 狛犬 何故か1体だけの狛犬 旧鳥居 土貢神 荒神か? 鳥居 鳥居の扁額 参道 社号標

出雲国風土記 神門郡 『比奈社(比那 神社)』

出雲国風土記 神門郡『比奈社(比那神社)』 御 由 緒 比那神社  当社は出雲風土記及び延喜式に所載の古社にして御祭神は比那鳥命、別名を 武夷鳥命、 武日照命とも申し日本書紀に明らかなり。即ち天照大神の御子天之穂日命を父神として 天孫降臨に先立ちこの出雲国に降りて大国主命に対し國土奉献の使者の任務を平和裡に遂行された軍使の神で後、 此処比那原の地に宮造りし鎮座し給う。 (『比奈神社 境内説明文』より) 御 祭 神 比那鳥命 本殿 本殿 拝殿 御由緒 狛犬 狛犬 境内に祀られている石 手水舎 手水 参道 社号標 地図 問い合せ 住 所 島根県出雲市姫原1丁目1−59 電 話 0853-24-2050(日吉神社 社務所) ホームページ https://hinajinja.amebaownd.com メールアドレス hinajinja@gmail.com 駐 車 場 出雲市駅から1Kmほど北上した、住宅街の中にあります。 山陰合同銀行 出雲支店を過ぎて2つ目の交差点を右折して100mを程進むと左手に社号標が見えます。 車は上の写真の所が駐車場と思い、そこに停めて参拝しましたが、どうも違うようで、 『 よつがねふるさと史跡 』のサイトによると、『比那神社へお車でお越し場合は、 事前に駐車場について四絡コミュニティセンターまでお問合せください。』と書かれています。   ※ 四絡コミュニティセンター  T E L :0853-21-0369  F A X :0853-21-0307 E-mail: yotsugane-cc@local.city.izumo.shimane.jp

出雲国風土記 神門郡 『火守社(火守神社)』

出雲国風土記 神門郡 『火守社(火守神社)』 御 由 緒 火守(ほもり)神社略記 一、御祭神 主祭神 櫛八玉命 国譲りが行われた多藝志之小浜(現武志町 鹿島神社付近で)膳夫(接待役)として館を建て、土器を作り、火を切り出し、盛沢山の料理で使者をもてなして、交渉が円満に成立するように尽力された。料理の祖神として祀られている。 ---古事記--- 配祀神 伊邪那岐命 熊野神社の御祭神、明治以前は字那手の氏神神社 事解男命 速玉男命 応神天皇 八幡宮の御祭神 (熊野神社の右脇に鎮座 最古の棟札は天文十二年)西暦一五四三年  四六八年前 息長足姫命 武内宿禰命 木花咲耶姫命 朝間神社の御祭神 神社は村内共和の井下の後の岩山に鎮座 創立は明和二年現在は社殿も新築され、太平、西谷の有志の方により篤く崇拝されている。 大歳神 大歳神社の御祭神 元は宇那手下集会所の地に鎮座、今も廻の方々に依り二月七日に午前は祷家祭、午後は神社で例祭が斎行され崇敬されている。創立は明和二年(一七六五年) 御歳神 若歳神 一、祭日 ◎祈年祭 四月一日 ◎例祭十月第二日曜日 ◎献穀祭十二月一日 一、由緒 創立年代は不詳なれど、出雲國風土記に式外社『火守社』と記されており、これ以前と云うことになる。宇那手村右谷の屋敷の下に有る火鑚瀧の淵付近に『火鑽社』として鎮座されていたと言い伝えれる。 村内には、熊野神社 八幡宮 朝間神社 大歳神社 も鎮座され、戦国時代には領主古志氏から篤く崇敬を受けていたと云う。 火鑚社は、明和二年(西暦一七六五年)江戸中期に村内平林に遷座されている。 明治以前は熊野信仰が盛んで、村内でも産土神社は熊野神社であった。明治四年に「火切大明神」は社格が『郷社』に昇格し、熊野神社に代わって産土神社となった。この時に神社名を、出雲國風土記に 記載された社名の【火守神社】に改名することになる。 明治四十年に火守神社 八幡宮 朝間神社 大歳神社を熊野神社(現在の社殿)へ合殿合祀することになる。同時に、産土神社である火守神社が主祭神となって今日に至る。 現在の社殿は寛政七年(西暦一七九

出雲国風土記 神門郡 『加夜社(市森神社)』

出雲国風土記 神門郡 『加夜社(市森神社)』 御 由 緒 市森神社 主祭神 阿陀加夜怒志多岐吉比売命  旧配祀神 天照大御神 高皇産霊神  新配祀神 肥長比売命 天御中主神 香之背男神 例祭十一月三日 夏祭七月二十日 市森神社のもとは出雲国風土記にある加夜社で、主祭神の御父神は大国主大神 御母神は朝山神社の玉邑比売命といわれます。 この社は加夜床の地にありましたが、中古市森へ奉遷して市場の守神とされて市守社、後市森社とよばれました。 肥長比売命はもと風土記の保乃加社、 式内社の富能加神社の御祭神であります。 昔、石畑清谷へ星神が天降られたので、人々はこの星神を合祀して星宮神社とよぶようになったといわれます。この社は 山寄鐘築境あたりにあったようです。この両社は石畑の現在地へ合祀されて、 御本殿は同形同大の二社でありましたが、 昭和二十七年遷宮の時 今の一社に合殿と なり幣殿も新設され、また大正四年改築の拜殿は七十畳敷の壮大さであります。 市森神社社務所 『市森神社 案内板』より 御 祭 神 阿陀加夜怒志多岐吉比売命 本殿 本殿 拝殿 拝殿前の鳥居 狛犬 狛犬 隋神門 参道の長い階段 外観 社号標 ご由緒 扁額 貴船社 祭神 高龗神  由緒  農耕用水の神で雨乞止雨の神と里人の信仰が篤い もと市森長者の鎮守神であったが後世市森神社の末社として祀られた。合殿に手置帆負命 彦狹知命 二柱を祀る 建築工事の守護神 職工の祖神である 天王社 祭神須佐之男命 神徳 人命救助 農業保護 林業漁業の神 すべての人の罪穢苦悩を救う神である 両社とも勧請年不詳 市森神社々務所 若宮神社 祭神  若倭部臣 神門臣 吉備  由緒 昔 加夜里の土居(今の市森の一部) にこの三名が居住し 俗に土居長者と呼んだ 社地移転など公益事業に功があり それを表するために里人がその霊を祀り 市森