ラベル 神門郡 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 神門郡 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年6月13日土曜日

出雲國風土記 国の総括的記述

出雲國風土記


國の大體(おほかた)は、(ひむがし)(はじめ)とし、(にしみなみ)(をはり)とす。(ひむがし)(みなみ)とは山にして、西と北とは海に()けり
東西一百三十七里一十九歩
南北一百八十二里一百九十三歩

一百歩
七十三里三十二歩
得而難可誤

(ろう)枝葉(しえふ)細思(さいし)し、詞源(しげん)裁定(さいぢやう)す。(また)山野(さんや)(ひん)()(ところ)鳥獸(ていじう)(すみか)魚貝(ぎよばい)(かい)(さい)(たぐい)(いと)繁多(さは)にして、(ことごと)には()べず。(しか)はあれど()むことを()ざるは、粗梗槪(ほぼあらまし)()げて、(ふみ)(おもむき)を成しつ。

出雲(いずも)(なづ)くる所以(ゆゑ)は、八束(やつか)(みづ)(おみ)津野(づぬ)(のみこと) ()りたまひしく、「八雲立つ」()りたまひき。(かれ)、八雲立つ出雲(いずも)と云ふ。

()はせて神社(かみのやしろ) 三百九十九所
一百八十四所 (じん)祇官(ぎくわん)に在り 
二百一十五所 神祇官に在らず。
九郡。(さと)六十二。(こざと)一百八十一。 餘戶(あまりべ)四。 驛家(うまや)六。 (かむ)()七。里一十一。
() () (のこほり)。 十一。里三十三。餘戶一。 驛家三。 神三。里六
(しま) () (のこほり)。 八。里二十四。餘一。 驛家一。
(あき) 鹿() (のこほり)。 四。里一十二。神一。(こざと)なり
(たて) (ぬひ) (のこほり)。 四。里一十二。餘一。神一。里なり。
() (づも) (のこほり)。 里二十三。神一。里二。
(かむ) () (のこほり)。 里二十二。餘一。 驛家二。 神一。里なり。
() (ひし) (のこほり)。 里一十九。
() () (のこほり)。 四。里一十二。
(おほ) (はら) (のこほり)。 郷八。里二十四。
  右の(くだり)(さと)の字は、靈龜(りやうき)元年(七一五年)の(しき)()りて、里を改めて郷と爲せり。その郷の名の字は(じん)()三年726年)の民部省(みんぶしやう)口宣(くぜん)(かがふ)りて之を改む。


2019年9月18日水曜日

出雲国風土記 神門郡 『波須波社(波須波神社)』

出雲国風土記 神門郡 『波須波社(波須波神社)』

ご 由 緒
波須波神社之由来
御祭神 意富斗能地神
    大斗乃辯神  二柱
此御祭神は古事記依れば神代七代の五代目に当り国造りなされた神であり此神をお祭りした神社は全国でこの波須波神社のみと云ふ極めて由緒ある神社であります。出雲風土記に依れば応神年間約一五五〇年前宮之部鍬𠮷に御鎮座往年は田中大明神と称し現在地には元龜三年十月廿九日再建され以来延宝二年と安永五年に本毀再建遷宮今回昭和五十六年に二〇五年振り四回目の遷宮が行われ其間屋根茸替は昭和二十八年までに十回を数えます。


昭和五十六年辛酉年秋吉日
以上
『神社境内説明板』より



御 祭 神
意富斗能地神(おうとのぢのかみ) 大斗乃辯神(おうとのべのかみ)


波須波神社-本殿
本殿
波須波神社-本殿
本殿
波須波神社-拝殿
拝殿
波須波神社-境内社 稲荷社
拝殿と本殿
波須波神社-境内社 稲荷社
境内社 稲荷社
波須波神社-拝殿扁額
拝殿の扁額
波須波神社-御由緒
御由緒
波須波神社-参道階段の途中にある倉庫(?)
参道階段の途中にある倉庫(?)
波須波神社-狛犬
狛犬
波須波神社-狛犬
狛犬
波須波神社-鳥居の扁額
鳥居の扁額
波須波神社-社号標
社号標
波須波神社-参道階段
参道階段
波須波神社-参道階段の鳥居
階段の鳥居

地図

問い合せ
住 所
島根県出雲市佐田町下橋波172
電 話
--
ホームページ
--
メールアドレス
--
ご朱印
有無は不明
駐 車 場

国道184号線沿いに下橋波簡易郵便局があり、そこを70mほど北に向かっていくと、右に入る道があります。そこからさらに70m程行くと宮の部公民館があり、前の道路が少し広くなっていてそこに同乗者を残して参拝しました。後になって宮の部公民館の駐車場に停めさせてもらえば良かったかなと思いました。

境内や参道など草ぼうぼうで手入れをされていないようだったのが少し残念でした。

2019年8月20日火曜日

出雲国風土記 神門郡 『波加佐社・同波加佐社(波加佐神社)』

出雲国風土記 神門郡 『波加佐社・同波加佐社(波加佐神社)』

ご 由 緒
波加佐神社

御祭神 猿田彦命 天鈿女命

御由緒
「出雲国風土記」神門郡の「波加佐社」と「同波加佐社」を合祀した神社に当たると思われる。 
中世以前のことは不明であるが、「雲陽誌」では西神在の頃に「田中明神」と記載してあり、また「出雲神社巡拝記」では、「田中大明神、記云波加佐社」と書かれている。
社伝によると「もと本社の東南数十歩の田中にあり、何時の頃にか今の地に移転せり」とある。昔の神門水海が干拓や湖面低下によって耕地が造成され、この地に住み着いた人々が奉斎した神社だと思われる。

波加佐神社社務所
波加佐神社御由緒』より


御 祭 神
猿田彦命 天鈿女命

波加佐神社-本殿
本殿
波加佐神社-本殿
本殿
波加佐神社-拝殿
拝殿
波加佐神社-境内の鳥居
境内の鳥居
波加佐神社-境内社
境内社
波加佐神社-稲荷神社
稲荷神社
波加佐神社-狛犬
狛犬
波加佐神社-狛犬
狛犬
波加佐神社-鳥居
鳥居
波加佐神社-鳥居の扁額
鳥居の扁額
波加佐神社-御由緒
御由緒


地図

問い合せ
住 所
島根県出雲市西神西町641
電 話
0853-43-1256
ホームページ
--
メールアドレス
--
ご朱印
有無は不明
駐 車 場
無 鳥居横に停めれそうな所がありますが宮司さん宅の駐車場なのか不明。神社手前の広い場所に同乗者を残して参拝しました。

2019年8月18日日曜日

出雲国風土記 神門郡 『美久我社(彌久賀神社)』

出雲国風土記 神門郡 『美久我社(彌久賀神社)』

ご 由 緒
彌久賀神社

御祭神
主祭神 天之御中主大神
合 祀 宇賀御魂神

神  紋 二重龟甲遠鷹祠(羽)

由緒

当社の大神さまは、神代の昔天地いまだ漂う時初めて宇宙を治められた神代最高の位の大神、天之御中主大神さまで天照大神さまの御祖父さまであります。何時頃からこの地に奉られたか定かでありませんが、文字が我が国に伝来し聖武天皇天平五年(七三三年)出雲風土、記延喜式、出雲国巡拝記等の古文書等に記されており古社なること明らかです。又社名は、出雲風土記(美久我の社)延喜式(彌久賀神社)慶長時代から文政時代(若一玉子権現御社)と言い嘉祥四年に正六位に叙せられ、明治四年に郷社となり遠い昔の私達の先祖から今に至るまで多くの人々の心の支えとして敬仰される神社であります。

苗鹿神社 御祭神 天太王命
本社は、元大池村字苗鹿原に神社として奉られていたが明治四十年に摂社として境内地に移転遷座、何時頃から苗鹿原に奉られたか定かでありませんが「由緒」この神様は、山から鹿に乗り鹿の背に稲を取かけて下り里人に苗を与え農耕を広めし神と言われ、歴史的に明らかなことは享保元年から文政八年頃まで苗鹿大明神御社と云い以後社名を苗鹿神社となり、明治四年に村社となりました。

惠比須神社 御祭神 大己貴命 事代主命
本社は、元大池村字明神に無格社恵比須神社として奉られ明治四十年に末社として境内地に移転し奉られし社であります。

疫病神社 御祭神 八十禍津日神 大禍津日神
本社は、疫病の流行を防ぐ社で何時からこの地に奉られたか不明。明治初年から昭和二十五年頃まで大池から差海全域に渡り腸チブスが大流行し約百人余りの方が亡くなり、これを鎮めるため昭和二十四年十二月に再建した社であり
ます。
『彌久賀神社境内御由緒』より


御 祭 神
天之御中主大神
合  祀
宇賀御魂神

彌久賀神社-本殿
彌久賀神社-本殿
本殿
本殿
彌久賀神社-拝殿
彌久賀神社-拝殿内
拝殿
拝殿の内部
彌久賀神社-拝殿の扁額
彌久賀神社-鳥居の扁額
拝殿の扁額
鳥居の扁額
彌久賀神社-境内摂社 苗鹿神社
彌久賀神社-境内末社 稲荷神社
境内摂社 苗鹿神社(天太玉神)
境内末社 稲荷神社(正一位稲荷大明神)
彌久賀神社-境内末社 恵比寿神社
彌久賀神社-境内末社 疫病神社
境内末社 恵比寿神社(大己貴神・事代主神・船玉神・豊玉彦神・豊玉比女神)
境内末社 疫病神社(少名毘古那神・八十禍津日神・大禍津日神)
彌久賀神社-境内社 神御祖ノ社
彌久賀神社-境内社 神御祖ノ社の神像
境内社 神御祖ノ社
神御祖ノ社の子宝夫婦神(伊弉諾尊・伊弉冉尊)
彌久賀神社-御神木
彌久賀神社-??
御神木
??
彌久賀神社-三寶荒神
彌久賀神社-井戸明府碑
三寶荒神
井戸明府碑
彌久賀神社-社と丸い石
彌久賀神社-手水舎
小さな社と丸い石
手水舎
彌久賀神社-狛犬
彌久賀神社-狛犬
狛犬
狛犬
彌久賀神社-狛犬
彌久賀神社-境内
狛犬
境内
彌久賀神社-御由緒
彌久賀神社-鳥居
御由緒
鳥居
彌久賀神社-社号標
彌久賀神社-出雲国風土記登場地標
社号標
出雲国風土記登場地標(美久我林)
彌久賀神社-仏堂

鳥居横の仏堂


地図

問い合せ
住 所
島根県出雲市湖陵町大池1302-1
電 話
0853-43-2025
ホームページ
http://www.icv.ne.jp/mikuga/index.html(彌九賀神社公式HP)
メールアドレス
--
ご朱印
有無は不明
駐 車 場
9号線から少し入ったところに15~6台程停められる駐車場があります。大型バスの駐車は事前にご連絡くださいとのこと。自分が行ったときはこの駐車場に気が付かず神社の鳥居の前に駐車して参拝しました。

嶋根郡 郷里驛家

嶋根郡 郷里驛家 嶋根郡 ( しまねのこほり ) 合はせて 郷 ( さと ) 八。 里 ( こざと ) 二十 五。 餘戸 ( あまりべ ) 一 。 驛家 ( うまや ) 一 。   朝酌郷 ( あさくみのさと )  今も 前 ( さき ) に依り て 用 ゐる 。 山口郷 ...