スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(嶋根郡)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 嶋根郡 『横田社(横田神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『横田社(横田神社)』 御 由 緒 出雲国風土記で『横田社』に比定される。以前は、横田山の西の横田谷にあったといわれる。 主祭神として大己貴命を、合殿に事代主命を祀る。 ※ 下宇部尾にある同じく大己貴命を祀る『横田神社』を『横田社』とする説もある。 御 祭 神 大己貴命 合  殿 事代主命 本殿 本殿 拝殿 拝殿 狛犬 狛犬 隋神門 鳥居 手水 社務所 境内社:若宮宮・八幡宮・疱瘡神社 境内社:彰徳社 石祠 何かしらの石 ご神木 貴布祢大明神 石碑 御嶽神社 石碑 御歳徳大膳神尊天王 石碑 地図 問い合せ 住 所 島根県松江市美保関町森山277 電 話 0852-34-0153 ホームページ ーー メールアドレス ーー 駐 車 場 美保関方面より国道431号線を西に向かい、森山郵便局から500m進むと森山入口バス停があり、その先を左折して100m程の所にあります。 駐車場は神社の手前に1台分程のスペースがありますが、神社の駐車場なのかは不明です。

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾佐」を冠する爾佐神社とは関係 が深かったと思われ、立地も近いことが想定される。「爾佐加志能為」の社 名の「能為」が現地名(野井)であることも気がつくと思う。 「宝永七(一七一〇)年の「雲州四十二浦之詠歌」にみえる野井の神社は日 御崎神社であった。当時、古代の爾佐加志能為神社の系譜を引く「加無利明 神(神守大明神)」は零落し、椎の木を祭っていた。当然、参拝客は社殿をも つ新しい日御碕神社に参拝したが、明治に入り『延喜式』重視により、日御 碕神社に「加無利明神」を相殿にし、社名を古代の「爾佐加志能為神社」 にして今日に至っている。「爾佐加志能為神社」の旧社地は野井の漁業組 合附近であった。  地域祭礼として一月第二日曜に行われる野井とんど、宮練がある。かつて の旧社地字「神守様灘」に隣接して字「どんどが鼻」があるので、野丼のと んどは江戸時代にさかのぼることがわかる。  島根半島四十二浦巡り再発見研究会 『神社案内板』より 御 祭 神 大己貴命 本殿 本殿 外観 境内社 拝殿 参道階段 神社説明版 扁額 狛犬 狛犬 狛犬 狛犬 境内の右手にある謎の巨石 地図 問い合せ 住 所 島根県松江市島根町野井155 電 話 --- ホームページ --- メールアドレス --- 駐 車 場 神社正面の道路沿いに広い場所があります。

国の特別記述

国の特別記述 十字街(ちまた) 出雲国風土記登場地標柱 十字街 道度 ( みちのり ) 國の東の堺より、西に 去 ( ゆ ) くこと二十 里一百八十歩 にして 、 野城 ( ぬき ) 橋 に至る 。長 さ三十 丈七尺 、 廣 さ 二丈六尺 あり 。 飯梨河なり 。又 、 西 二十 一里 にして 國廳 ( くにのまつりごとのや ) 、 意宇 ( おうの ) 郡家 ( ぐうけ ) の 北 なる 十字街 ( ちまた ) に至り、 卽 ち 分 か れて 二 つの 道 となる 。一 つは 正西道 ( まにしのみち ) 、 一 つは 枉北道 ( きたにまがれるみち ) なり。 枉北道 ( きたにまがれるみち ) は、 北 に 去 ( ゆ ) くこと四里二百六十六 歩 にして、 郡 の 北 の 堺 なる 朝酌渡 ( あさくみのわたり ) に至る 。渡 り 八十歩 。 渡船 ( わたしぶね ) 一 つあり 。又 、 北 へ 一十 一 里一百 四十 歩 にして、 嶋根 ( しまねの ) 郡家 に至る 。 郡家 より北に 去 ( ゆ ) くこと 一十七里一百八十歩 にして、 隱岐渡 ( おきのわたり ) 、 千酌驛家 ( ちくみのうまや ) の 濱 に至る 。渡船 あり 。 又、郡家より西へ一十五里八十歩にして、郡の西の堺なる 佐 ( さ ) 太 ( だ ) 橋 に至る 。長 さ 三丈 、 廣 さ 一丈 あり 。佐太川 なり 。又 、 西 へ八里二 百歩 にして、 秋鹿 ( あきか ) 郡家 に至る。 又 、 郡家 より 西 に 一十五里 一 百歩 にして、 郡 の 西 の 堺 に至る 。又 、 西 へ 八里二百六 十四歩 にして、 楯縫 ( たてぬひ ) 郡家 に至る 。 又、郡家より西へ七里一百六十歩にして、郡の西の堺に至る。又、西へ一十里二百二十歩にして、出雲 郡家 ( ぐうけ ) の 東 の 邊 ( ほとり ) 、 卽 ち 正西 ( まにし ) 道 ( のみち ) に入るなり。 惣 ( す ) べて 枉北道 ( きたにまがれるみち ) の 程 ( みちのり ) 、一百三 里一百一十歩 の 中 、 隱岐道 ( おきへのみち ) は 一十七里一百八十歩 なり 。 正西 ( まにし ) 道 ( のみち ) は、 十字街 ( ちまた ) より 西 へ 一十二里 にし