/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 飯石郡 山野河川海岸通道 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

飯石郡 山野河川海岸通道

飯石郡 山野河川海岸通道

三刀屋川


燒村山(たきむらやま)郡家(ぐうけ)正東(まひがし)一里なり

穴厚(あなつ)山。郡家正南(まみなみ)一里なり

()(むら)山。郡家正西(まにし)一里なり

廣瀬(ひろせ)山。郡家正北(まきた)一里なり

琴引(ことひき)山。郡家正南三十五里二百歩なり。高三百丈(めぐ)一十一里あり。古老へに云へらく、(いはや)あり。裏所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)()(こと)あり。長七尺三尺一尺五寸あり。又石神あり。高二丈(めぐ)四尺あり(かれ)琴引山と云ふ鹽味葛(えびかづら)あり

石穴(いはな)山。郡家正南五十八里なり。高五十丈あり

幡咋(はたくひ)山。郡家正南五十二里なり紫草(むらさき)あり

野見(ぬみ)木見(きみ)石次(いはすき)三野(みぬ)(なら)びに、郡家南西四十里なり紫草あり。

佐比賣(さひめ)山。郡家(ぐうけ)正西(まにし)五十一里一百四十歩なり石見と出雲との二國なり

堀坂(ほりさか)山。郡家の正西二十一里なり。杉あり

城垣野(きがきぬ)。郡家正南(まみなみ)一十二里なり紫草(むらさき)あり。

()()山。郡家正北(まきた)十九里二百歩なり

奈倍(なべ)山。郡家東北二十里二百歩なり

凡そ、(もろもろ)山野(やまぬ)に在る草木は、卑解(ところ)升麻(とりのあしぐさ)當歸(やまぜり)獨活(うど)大薊(やまあざみ)黃精(おほゑみ)前胡(のぜり)薯預(やまついも)白朮(をけら)女委(ゑみくさ)細辛(みらのねぐさ)白頭公(おきなぐさ)白芨(かがみ)赤箭(かみのやがら)桔梗(ありのひふき)葛根(くずのね)秦皮(とねりこ)杜仲(はひまゆみ)石斛(いはぐすり)(すもも)・赤桐・椎・楠・楊梅(やまもも)(つき)(つみ)(にれ)(かへ)(きはだ)(かぢ)禽獸には(はやぶさ)山雞(やまどり)(きじ)()鹿・莵・獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

三屋(みとや)川。源郡家正東(まひがし)一十五里なる多加(たか)より出で、れて斐伊()(のかは)に入る年魚あり。

須佐(すさ)川。源郡家正南六十八里なる琴引山より出で、れて來嶋(きじま)波多(はた)須佐(すさ)等の三郷を經て、神門(かむど)門立(とたち)に入る。()()はゆる神門川(かむどがは)(かみ)なり年魚(あゆ)あり。

磐鉏川(いはすきがは)。源郡家(ぐうけ)西南七十里なる箭山(やのやま)より出で、れて須佐川に入る年魚あり。

波多小川(はたのをがは)。源は郡家西南二十四里なる志許斐(しこひ)より出で、れて須佐川に入る(まがね)あり。

飯石(いひし)小川。源は郡家正東(まひがし)一十二里なる佐久禮(さくれ)より出で、れて三屋(みとや)に入る。鐵あり。

通道(かよひぢ)大原(さかひ)なる斐伊()(ほとり)に通ふは、二十九里一百八十歩なり

仁多郡の堺なる温泉()(ほとり)に通ふは、二十二里なり。

神門郡の堺なる與曾紀(よそき)に通ふは、二十八里六十歩なり

同じ郡の堺なる掘坂山に通ふは、二十一里なり。

備後(びんご)惠宗(ゑそ)なる(あら)鹿()に通ふは、三十九里二百歩なり。(みち)(せき)あり

三次(みよし)の堺なる三坂(みさか)に通ふは、八十一里なり(みち)、常に剗あり。

波多(はた)(のこみち)須佐(すさ)(のこみち)志都美(しづみ)(のこみち)以上つの(こみち)は、には(せき)無し。(ただ)(まつりごと)あるに當りて、(かり)くのみ(なら)びに、備後(びんご)に通ふなり。

              郡司  主帳 无位      日置(へき)(のおびと)

              大領  外正八位下 勳十二等 (おほ)(きさき)(のみやつこ)

              少領  外從八位上      (いず)(もの)(おみ)

コメント

人気の投稿