/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 仁多郡 郷里驛家 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

仁多郡 郷里驛家

仁多郡 郷里驛家

綿打公園からかんな流しの棚田

仁多郡(にたのこほり)

合はせて(さと)(こざと)一十二。

 三處(みところ)(のさと) 今も(さき)に依りて用ゐる。

 布勢(ふせ) (もと)の字は布世(ふせ)

 三澤(みざは) 今も前に依りて用ゐる。

 (よこ)() 今も前に依りて用ゐる。

 以上四、郷別(さとごと)(こざと)

仁多(にた)(なづ)くる所以(ゆゑ)所造天下大神大穴持命(あめしたつくらししおほかみおほなもちのみこと)()りたまひしく、きくもず、(ちさ)くも非ず、川上は、()()し加布(交ふ)。川下は、(かは)志婆布(しばふ)()(わた)れり是は()()()()()(くに)なり」と詔りたまひき(かれ)、仁多と云ふ

三處(みところ)(のさと)。卽郡家(ぐうけ)()けり大穴持命(おほなもちのみこと)()りたまひしく、「(ところ)()し。(かれ)()御地(みところ)の田」と詔りたまひき(かれ)三處と云ふ

布勢郷(ふせのさと)。郡家正西(まにし)一十里なり。古老へにへらく。大神命宿(ふせ)()ししなり(かれ)布世と云ふ。神龜三年に、布勢と改む

三澤郷(みざはのさと)郡家(ぐうけ)西南二十五里なり大神大穴持命(おほかみおほなもちのみこと)御子(みこ)阿遲須伎高日子命(あぢすきたかひこのみこと)御須髮八握(みひげやつか)()ふるまで、晝夜(ひるよる)()()して、(みこと)(かよ)はざりき()御祖命(みおやのみこと)御子を船にせて、八十嶋(やそじま)率巡(ゐめぐ)りて宇良加志(うらかし)(うら)かし)給へども、()き止みたまはざりき。大神(いめ)()ぎたまひしく、「御子()(よし)()りたまへ」と()()しき。その、御子の(みこと)(かよ)ふと夢見()しかば、()めて()ふに、()、「御澤(みざは)」としたまひき()、「何處(いづく)をか(しか)ふ」とへば(やが)御祖(みおや)り出で()して、石川(いしかは)(わた)り、坂上(さかがみ)り留まりて、「是處(ここ)ぞ」と申したまひき()(さは)()(ぬま)()だして、御身(みみ)沐浴(そそ)ぎ坐しき(かれ)國造(くにのみやつこ)(かむ)吉事(よごと)(まを)しに朝廷(みかど)(まゐ)()かふ()()(ぬま)()だして()むるなり(ここ)に依りて、(はらめるをみな)、彼の村の稻を(くら)はず。若へば、()まるる(すで)にもの()はず(かれ)三澤(みざは)と云ふ。正倉あり

(よこ)()(のさと)郡家(ぐうけ)東南二十一里なり。古老へにへらく、郷の四段(よきだ)(ばかり)あり。形(いささ)し。に依りて、(かれ)橫田と云ふ。卽正倉あり。以上(もろもろ)の郷よりす所の(まがね)して(もっと)雜具(くさぐさのもの)るに()

コメント

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿