/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(大穴持御子神社)(三歳社)』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(大穴持御子神社)(三歳社)』

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(大穴持御子神社)(三歳社)』

御 由 緒
出雲大社摂社
大穴持御子神社(三歳社)
御祭神 事代主神 高比売神 御年神

由緒
事代主神、高比売神は 大国主大神の御子神であり 国土経営に際して大神を助け 力を尽くされた神様です。 後世、大年神の御子御年神を 合祀し三歳社と称します。 毎年正月三日には福迎神事が 斎行され、遠近から大勢の方々が 参拝して福柴・福茅を戴き 開運を祈ります。

祭日 一月三日 十月六日

御 祭 神
事代主神 高比売神 御年神

本殿
本殿
境内案内板
手水

遊歩道

福迎の社ご案内
摂社 三歳社(大穴持御子神社)
御祭神 事代主神 高比売命 御年神

由 緒
三歳社は延喜式内社で、大国主大神の御子神である 事代主神を主祭神とし、同じく御子神である高比売命、 そして穀物の神である御年神を合祀します。殊に事代主神は ”えびすさま”として信仰の篤い神であり、大国主大神に 国土奉還のご進言をなされ、天孫降臨に御力を尽くされ た神です。 毎年一月三日には午前一時より「福迎祭」が斎行され、 終日に亘り多くの参拝者がこの参道を行き交い、縁起の ”福柴・福茅”を戴き、一年の福を迎えて幸縁を祈ります。
祭日 一月三日・十月六日
    出雲大社

地図

問い合せ
住 所
島根県出雲市大社町杵築東
電 話
0853-53-3100(出雲大社)
ホームページ
https://izumooyashiro.or.jp/ (出雲大社)
メールアドレス
ーー
駐 車 場
出雲大社と神楽殿の間の道を鵜峠方面に向かうと「福迎の社ご案内」の看板のそばに停められそうな場所もあります(写真右)が、神社までは800mくらいあります。さらに300mほど進むと軽自動車なら停められるところがあり(写真左)、そこからなら20~30m歩くと神社に着きます。

コメント

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿