/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲国風土記 飯石郡 『粟谷社(粟谷神社)』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲国風土記 飯石郡 『粟谷社(粟谷神社)』

出雲国風土記 飯石郡 『粟谷社(粟谷神社)』  

 御 由 緒

一、主祭神 吉備津彦命
      合祀神 菅原道真命
    粟谷地内に鎮座の天満宮の御祭神であって明治四十年粟谷神社に合祀
                誉田別命
               足仲津彦命
               気長足姫命
                 粟谷地内に鎮座の八幡宮の御祭神であって明治四十二年粟谷神社に合祀

二、御由緒
                 出雲風土記にある粟谷神社で式外社、雲陽誌には吉備津大明神と記されており主祭神は第七代孝霊天皇の第三皇子吉備津彦命であります。崇神天皇の古代に出雲振根が朝廷の命に背いたので四道将軍吉備津彦命が勅命を奉じ、之を鎮めるため出雲に降られた。備後路から仁多郡を経てこの地にご滞在になり振根の動静をうかがわれたと記されています。
後、この遺跡に人々が命の遺徳を偲ひ宮を建立したのが、粟谷神社です。
往古の社域は現在地の西方約一00米の天辺という丸い小山の上にありましたが、明和年間火難に遇い、文化十二年現在地に移遷されました。

三、御新徳
文教、農耕、畜産、商工業の発展及び病難諸災厄除の守護神として、古くから信仰され、人間が生活してゆく上において総てにご利益のある広大無辺の御神徳があります。特に幼児の夜尿症には霊験新たかな神として、近郊、近在からの参詣があります。

四、境内神社
社日神社 稲荷神社 木山神社

五、年中主なる祭事
一月一日 歳旦祭 七月三十日 夏祭
二月十一日 建国記念祭
九月十九日 稲荷神社祭(紀元節)
十一月八日 例大祭
四月八日 祈年祭
十一月二十三日 新嘗祭
四月二十九日 天長祭
十二月 三十日 大祓式

粟谷神社宮司 巨 勢 史 記>
社務所 島根県雲南市三刀屋町給下一二二七
電話 〇八五四-四五ー二七六八
『神社境内説明板』より

御 祭 神
吉備津彦命
配  祀
菅原道真命 
誉田別命   
足仲津彦命 
気長足姫命

粟谷神社-本殿
本 殿
粟谷神社-拝殿
拝 殿
粟谷神社-拝殿
拝 殿
粟谷神社-境内社
境内社
粟谷神社-稲荷社
境内社:稲荷社
粟谷神社-社日碑
社日碑
粟谷神社-鳥居
鳥 居
粟谷神社-社号標
社号標
粟谷神社-概記
粟谷神社概記
粟谷神社-全景
全 景
粟谷神社-参道
参 道

地図

問い合せ
住 所
島根県雲南市三刀屋町粟谷949
電 話
0854-45-2768
ホームページ
――
メールアドレス
--
ご朱印
有無は不明
駐 車 場
神社入口に2~3台停めれる場所があります。

コメント

人気の投稿