スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

出雲国風土記 神門郡 『波須波社(波須波神社)』

出雲国風土記 神門郡 『波須波社(波須波神社)』 ご 由 緒 波須波神社之由来 御祭神 意富斗能地神     大斗乃辯神  二柱 此御祭神は古事記依れば神代七代の 五代目に当り国造りなされた神であり 此神をお祭りした神社は全国で この波須波神社のみと云ふ極めて由緒ある神社で あります。出雲風土記に依れば応神年間 約一五五〇年前宮之部鍬𠮷に御鎮座 往年は田中大明神と称し現在地には 元龜三年十月廿九日再建され以来 延宝二年と安永五年に本毀再建遷宮 今回昭和五十六年に二〇五年振り四回目の 遷宮が行われ其間屋根茸替は昭和 二十八年までに十回を数えます。 昭和五十六年辛酉年秋吉日 以上 『神社境内説明板』より 御 祭 神 意富斗能地神(おうとのぢのかみ) 大斗乃辯神(おうとのべのかみ) 本殿 本殿 拝殿 拝殿と本殿 境内社 稲荷社 拝殿の扁額 御由緒 参道階段の途中にある倉庫(?) 狛犬 狛犬 鳥居の扁額 社号標 参道階段 階段の鳥居 地図 問い合せ 住 所 島根県出雲市佐田町下橋波172 電 話 -- ホームページ -- メールアドレス -- ご朱印 有無は不明 駐 車 場 国道184号線沿いに下橋波簡易郵便局があり、そこを70mほど北に向かっていくと、右に入る道があります。そこからさらに70m程行くと宮の部公民館があり、前の道路が少し広くなっていてそこに同乗者を残して参拝しました。後になって宮の部公民館の駐車場に停めさせてもらえば良かったかなと思いました。境内や参道など草ぼうぼうで手入れをされていないようだったのが少し残念でした。