/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲国風土記 大原郡 『赤秦社(赤秦神社)』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲国風土記 大原郡 『赤秦社(赤秦神社)』

出雲国風土記 大原郡 『赤秦社(赤秦神社)』

御 由 緒

加茂町大字大竹六七六番地鎮座 (旧地名、屋〇村大竹)
出雲風土記所載 大原郡筆頭の国幣社
赤秦神社々記
御祭神 猿田彦命  
雲陽誌(一七一七)に、『赤肌明神、風土記に載る赤秦社是なリ 永禄十年(一五六七)佐々木隆慶造立棟札あり 本社の側に左近右近と称える古樹あり 門客神といひて老木あり 祭禮九月九日是日神膳および清酒をたてまつる』とあるが 神職(社家)数次の交替により 宝暦八年(一七五八)以降の棟札があるのみで古記録等殆んどなく 鎮座勧請の年代詳かでない

境内末社 田守荒神社(保食神 素盞鳴尊 金比羅神)
例大祭  十月三十日
社宝   北島家領獅子頭 猿田彦面 鼓 外

伝 承
ご祭神猿田彦命は迹迹芸命が天降り給うとき、分かれ道にたって高千穂へ道案内された神で、 「日本書記」の一書には鼻が長く、目はほおづきのように輝いていたと。一般には天狗と結びつき道の守護神として、又道祖神とともに敬われ伊勢地方の開拓の神として、三重県鈴鹿山脈の入道ケ岳の裾の椿ケ丘にある椿大神社に祀られて いるが、猿田彦命を祀る神社は全国的に大変多く、大原郡内にも十四社に祀られ開拓の神、導きの神、交通安全の神として崇敬されている。 出雲風土記考、古老の伝えに、御神体は石体で年を経る毎に段々大きくなり、 ご本殿の玉殿に納まらなくなったご神体(高さ八○センチ 横巾五二センチ)は『若隠居さん』と呼んで玉殿の横に安置してある。 更に若隠居さん以前のご神体は本殿内に納まらず、境内社号標脇に置かれ、注連縄を張り『隠居さん』と呼んでいる。
 
上の庭に本殿、下の庭に拝殿が建っている。明治初期迄は本殿と拝殿(神楽殿)は離れて建っていたものだが、 今は殆んどの神社が本殿と拝殿を通殿(幣殿)で結ばれており、当社のように古い様式が保たれている点では大変貴重な神社建築である。 又、本殿ご拝両脇に猿の石像が置かれており、ご祭神「猿田彦」 の「猿」にかかわるものか、大変珍しい石像である。

御 祭 神
猿田彦命

赤秦神社 本殿
赤秦神社 本殿
赤秦神社 本殿
赤秦神社 拝殿
拝殿 扁額
本殿前の狛猿(?)猿の石像
本殿横にある大きな石(磐座??)
境内社 田守荒神社:保食神・素盞鳴尊・金比羅神
社日碑
歳徳神(?)
社務所
おがたまの木
昭和天皇の在位60年の記念樹らしい。
隋神門

隋神さん
鳥 居
狛 犬
赤肌橋
隠居さん(2代前の御神体)
赤秦神社 社号標
手 水
赤秦神社略記
出雲国風土記登場地標柱
不 明
石碑(不明)


地 図

問い合せ
住 所
島根県雲南市加茂町大竹676
電 話
--
ホームページ
--
メールアドレス
--
駐 車 場
JR加茂中駅から県道157号線を西に3㎞程進むと、『大竹』・『光明寺』の看板がありその交差点を右折して、1㎞くらい走ったところにあります。
神社の前に駐車場があります。

コメント

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿