/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲国風土記 大原郡 『布須社(布須神社)』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲国風土記 大原郡 『布須社(布須神社)』

出雲国風土記 大原郡 『布須社(布須神社)』

御 由 緒

布須神社
【鎮座地】 雲南市加茂町延野二五一番地

【布須神社の御祭神】
〇須佐之男命 伊弉諾尊の子、天照大神の弟。 高天原から天下られ出雲国で八岐大蛇を退治された。
〇稲田姫命 「古事記」では櫛名田比売と表記する。
〇大山咋命 水源の山の霊。農業を願う古代農耕祭祀の反映であると言われている。
〇玉依姫命 山幸、海幸神話に登場する美しい海神の娘。 神徳は子宝、豊作、商売繁盛、災難除けなどである。
〇別雷命 父神 大山咋命。母神 玉依姫命。雨と治水の神様。 神徳は祈雨、産業守護、厄除け、開運などである。

【布須神社由緒】 須佐之男命を祀った神社で延野地区の氏神である。 一一世紀頃荘園制度(延野地区は古来『福田庄と称していた』)により一一世紀末以後京都の下賀茂神社に属し、 御分霊を神社域内丘腹に「糺神社」を勧請し、弘化五年(一八四五)布須神社に合祀した。 明治維新の頃に「糺神社」と称し主客転倒たるを以て、地元民が社号布須神社復旧の請願をし、大正十一年三月四日 付けの認可を得て社名が「布須神社」に復興し現在に至っている。 「加茂町誌」「古事記」「古文書」「出雲国風土記」等参考記 布須神社について 【布須神社伝承】 出雲国風土記に在神祇官の布須社。「延喜式」に布須神社とある神社で延野字布須谷にあると伝えている。 当社後方の山を御室山といい、麓に「フス池」があり、古来より神事以外にこの水を使わないとされており、現在も神社下駐車場脇にある。 須佐之男命が逗留の際、用いられた清水であったとも伝えられている。 須佐之男命が八岐大蛇を斬られた剣を洗われ、池の水が赤色に変わったと言われる池が神社東方約一キロの所にあり、 「赤池」(別の名を血の池)と住民は称していたが《昭和三九年(一九六四)の大水害で今は跡形もない》。 大蛇を退治された須佐之男命は稲田姫と共に須賀の地に宮造りされる以前に、当地で御宝を作り臥し給いしにより起こった 名で、布須神社の淵源である。「臥し➝ふす」

【布須神社社宝】 布須神社が、中古の代に火災があった時、井戸に社宝を投じて全焼を免れたとの言い伝えがある。その証として大正七年(一九一八) 『フス池』をさらした際に、中から金銅鞘(コンドウサヤ)に鍍金(ときん)した直刀の破片と古銅鏡一面、猿田彦面一面を発見し、 社宝としている由緒ある神社である。

【御利益】 商売繁盛、縁結び、金運招福、豊作、農業守護、子宝、開運、産業守護、結婚、災難除け、厄除け、夫婦和合、悪病、祈雨、止雨

【祭月】 ◎例祭(十月) ◎新嘗祭(十一月) ◎祈年祭(三月)

御 祭 神
須佐之男命・稲田姫命・大山咋命・玉依姫命・別雷命
布須神社 本殿
布須神社 本殿
布須神社 拝殿
拝殿の隋神
境内社 月読神社:月読命
社日碑 (神社の説明版には荒神さんと…)
境内社 金比羅神社:金山彦命
(金比羅神社の下にある...??)
御神木
狛 犬
鳥 居
手 水
布須神社 案内板
境 内
以前はここに
参道の階段があったのかも...!
境内まで上がれる道はありますが...この先にきついヘアピンカーブがあります。
おっきい車だと無理かも...手前の駐車場に停めて行くのが無難です。


地 図

問い合せ
住 所
島根県雲南市加茂町延野251
電 話
--
ホームページ
--
メールアドレス
--
駐 車 場
赤秦神社から東に2.5㎞程行ったところにあります。
境内まで車で上がれますが、軽・小型車以外は駐車場に停めて上がった方がいいと思います。

コメント

人気の投稿