スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『美佐伎社(日御碕神社)』

出雲国風土記 出雲郡 『美佐伎社(日御碕神社)』  上の宮「神の宮」 本殿と拝殿 主祭神  神素盞嗚尊   下の宮「日沉宮」 本殿と拝殿 主祭神 天照大御神 神の宮から見た日沉宮 御由緒 日御碕神社御由緒 下の本社(日沉の宮) 主祭神 天照大御神  村上天皇天暦二年勅命により現在の地に移し祀る(一千年以前) 上の本社(神の宮)  主祭神 神素盞嗚尊    安寧天皇十三年勅命により現在の地に移し祀る(二千五百年以前)  古来両本社を総称して日御碕大神宮と称す 日沉の宮の遠源は、神代の昔素盞嗚尊の御子神天葺根命又(天冬衣命と 申す宮司家の遠祖)現在地に程近い経島に天照大御神の御神託を受け祀り 給うと伝えられる。又「日出る所伊勢国五十鈴川の川上に伊勢大神宮を 鎮め祀り、日の本の昼を守り、出雲国日御碕の清江の浜に日沉の宮を建て、 日御碕大神宮と称して日の本の夜を護らむ」天平七年乙亥の勅に輝く日 の大神の御霊顯が仰がれる如く、古来日御碕は夕日を䬻け鎮める霊域と され、また素盞嗚尊は出雲の国土開発の始めをされた大神と称えられ、 日御碕の「隠ヶ丘」は素尊の神魂の鎮った霊地と崇められた「神の宮」は 素尊の神魂鎮まる日本総本宮として「日沉宮」と共に出雲の国の大霊験所 として皇室を始め普く天下の尊崇をうけ現在に至っている。 然してその 御神徳は天照大御神の「和魂」素盞嗚尊の「奇魂」の霊威を戴き「国家 鎮護」「厄除開運」「交通航海の安全」「良縁・夫婦円満・安産」「家業繁昌」の守護神として御霊験あらたかである。  現在の社殿は、徳川三代将軍家光公の幕命による建立にして西日本で は例のない総「権現造」である両社殿とも内陣の壁画装飾は極彩色で華麗 にして荘厳の至りである。 社殿の殆ど、及石造建造物は国家重要文化財である。 例大祭         八月七日 神幸祭 (夕日の祭)      八月七日夕刻 鳥居と参道 参道脇にある和布刈神事の図(彫刻...??) 手水舎 楼門 楼門の前にある社号標 門客人神社 楼門をくぐると左右に「門客人神社」があり、 御祭神は、櫛磐窗神(櫛磐間戸神)と豐磐窗神(豐磐間戸神) 稲荷神社 宝庫 蛭児神社 蛭兒命を祀る 荒魂神社

出雲国風土記 秋鹿郡 『佐太御子社(佐太神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『佐太御子社(佐太神社)』



御由緒
佐太神社 御由緒
御祭神  
北殿 天照大神 瓊々杵尊  
正殿 佐太大神 伊奘諾尊 伊奘冉尊 事解男命 速王之男命  
南殿 素盞鳴尊 秘説四座

御神徳・沿革  
当社は出雲国風土記に、佐太大神社或は佐太御子社とあり、三笠山を背に広壮な大社造の本殿が 相並んで御鎮座になっているので佐太三社とも称され、延喜式には佐陀大社と記され、出雲二宮と 仰がれて来た御社である。  
主祭神佐太大神〔猿田毘古大神」は、日本海に面する加賀の潜戸に御誕生になり、出雲四大神の 一柱として崇められ、古くから導きの神・道開きの神・福の神・長寿の神・陸海交通守護神・鎮守の 神として信仰されてきた。  
御本殿は三殿並立で、中央が正中殿、向かって右が北殿、左が南殿、いずれも大社造りで、この様な 豪壮な三殿構えは平安時代末期に成立したようであり、他に類例を見ないもので、神社建築史の上で 特筆すべきものである。現在の御社殿は文化四年の造営であるが、その様式は古く元亀年間の造営を 踏襲してきたもののようである。国の重要有形文化財に指定されている。

摂末社  
田中神社 本社北殿の摂社で、西社は木花開耶姫命を祀り、縁結・安産。         
                                        東社は磐長姫命を祀り縁切・長寿の信仰がある。  
北末社   山王社 宇智社 玉御前社 竹生島社  
南末社   戸立社 振鉾社 垂水社 天神社
      岡見八幡宮 橘稲荷社 客社 宇多紀社

祭 典  
歳旦祭      一月一日       七草祭         一月七日  
月次祭      毎月一日       節分祭         二月節分日  
管粥祭      二月十五日      直会祭         五月三日  
神在祭裏月祭   五月二十日~二十五日 神在祭裏月祭止神送神事 五月三十一日  
田植祭      七月十五日      御座替神事       九月二十四日  
例祭       九月二十五日     神在祭         十一月二十日~二十五日  
神在祭止神送神事 十一月三十日     除夜祭         十二月三十一日

神在祭  
十月を一般には神無月というが、出雲国だけは神在月と云っている。社伝によると、正中殿の御祭神伊弉 冉尊の神去りました旧暦十月に八百万の神々が当社に参集されるので、幟も立てず、神楽もあげぬ厳粛な 物忌みを行うところからお忌祭とも云う。この祭には神迎神事、連注口神事、神去出神事、船出神事、止神送 神事、柴刺神事、宿借神事等があるので、古来当社を「神在の社」とも云っている。

佐陀神能  
御座替祭・例祭に執行する神事芸能で、その起りは極めて古いものとされ、出雲流神楽の源流と言われて いる。剣舞・散供・清目・御座・勧請・手草・八乙女の七座よりなる採物舞と、祝言としての式三番、そして大社 (佐陀)・真切女・日本武・恵比須・八幡・武甕槌・磐戸・三韓・荒神・住吉・厳島の十二座よりなる神事舞からなっ ている。国の重要無形民俗文化財に指定されている。

文化財  彩絵桧扇、龍胆瑞花蝶文彩絵扇箱、色々威五十八間筋兜、色々威胴丸、色々威腹卷
                                                  (以上国指定重要文化財)

蛭巻薙刀、大野太刀、舞楽面、鰐口、線刻十一面千手観音鏡像、着彩阿弥陀来迎図鏡像、御供台
 (以上県指定文化財)

御祭神
正 殿
佐太大神 伊奘諾尊 伊奘冉尊 事解男命 速王之男命
北 殿
天照大神 瓊々杵尊
南 殿
素盞鳴尊 秘説四座

境 内
佐太神社 三殿
拝 殿
佐太神社 中殿
中殿:佐太大神・伊弉諾尊・伊弉冉尊・速玉男命・事解男命を祀る。
佐太神社 北殿
北殿:天照大神・瓊々杵尊を祀る。
佐太神社 南殿
南殿:素盞嗚尊・秘説四座を祀る。
佐太神社 中殿 改装中
佐太神社 中殿 改装中
佐太神社 御仮殿
御仮殿(おかりどの)
社殿の改築・修理の際に、神体を一時奉安する仮の社殿。移し殿。ごんでん。byweblio
北末社
佐太神社 北末社
北末社:山王社(大己貴命)宇智社(天児屋根命)玉御前社(玉屋命) 竹生島社(竹生島神=稲倉魂命)
南末社
佐太神社 南末社
南末社:戸立社(手力雄命)振鉾社(天鈿女命)垂水社(岡象女命:出雲国風土記に記載)天神社(菅原道真)
神社のHPによると他にも近郷末社を合祀した岡見八幡宮・橘稲荷社・客社・宇多紀社(下照姫命:出雲国風土記に宇多貴社と記載)があるという。
他に出雲国風土記には御井社(祭神不詳)・日多社(稲田姫命)が記載されている。
隋神門
佐太神社 隋神門
北社に大来目命・南社に天忍日命を祀る。
手水舎
佐太神社 手水舎

舞殿
佐太神社 舞殿
社務所
佐太神社 社務所
狛犬
佐太神社 狛犬(右)
佐太神社 狛犬(左)

社日碑
佐太神社 社日碑
藻汐祓
佐太神社 藻汐祓
家に悪穢があった時青竹で汐筒を作り海に行き汐を汲みジンバ草を採り身を清め当社にお詣りして祓をするのが古くからの習俗であります。

鳥居
佐太神社 鳥居
社号標
佐太神社 社号標
母儀人基社(はぎのひともとしゃ)
伊弉冉尊を祀る。南末社の隣に社日があって、その奥の階段を登って行くとあります。
佐太神社 母儀人基社
佐太神社 母儀人基社 祭神
佐太神社 母儀人基社 階段
御朱印
佐太神社 御朱印
出雲国神仏霊場 佐太神社
出雲国神仏霊場 佐太神社 御朱印

田中神社
田中神社
佐太神社から東へ100m離れたところにあり、 縁結びと縁切りの御利益がある神社です。
田中神社 西社
西社は木花開耶姫命を祀り、縁結・安産に御利益がある。
田中神社 西社 祭神

田中神社 東社
 東社は磐長姫命を祀り縁切・長寿の信仰がある。
田中神社 東社 祭神
田中神社 全景
出雲神社探訪では、この田中神社を比多社に比定している。
出雲国風土記登場地標柱
出雲国風土記登場地標柱 佐太大神
地図


問い合わせ
住 所
 島根県松江市鹿島町佐陀宮内73
電 話
 0852-82-0668
電話は8:30~17:00
ホームページ
 http://sadajinjya.jp/
メールアドレス
 info@sadajinjya.jp
駐 車 場
神社前に大きな参拝者用の駐車場があります。

コメント

人気の投稿