スキップしてメイン コンテンツに移動

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(伊奈西波岐神社)』

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(伊奈西波岐神社)』

御 由 緒
出雲大社 摂社
伊奈西波岐神社
所在地 出雲市大社町鷺浦102番地
御祭神 稲背脛命
合祀神 八千矛神 稲羽白兔神 稲羽八上比売神
 御祭神の主なる事蹟 御祭神 稲背脛命は又の御名 天之夷鳥命 天鳥船命 出雲国造の祖神天穂日命の御子神におわします
 天照大神の勅を奉じて建御雷等と共に稲佐の浜に降りて国譲りの神勅を大国主神に伝え給うた時に大国主神の御子の事代主神を呼び還し国譲りについての諸否を問給い、国譲りが武力によらずして平和裡に解決されました稲背脛命等の奔走の賜でありましてその御功績は偉大であります
又父神天穂日命の後を受けて大国主神の祭祀を奉仕されました 

合祀神の事蹟
八千矛神
出雲大社の祭神大国主命の亦名で武勇にすぐれた神として拝め祀る
稲羽白兔神
膚が剥がれて苦しんでいた白兔を見て之を助けられた 
稲羽八上比売神
大国主神が因幡の国へ行かれた気多峠と云う所で見初められ、契を結ばれ出雲に つれて帰られたが、嫡妻須世理昆売命を畏れられ因幡国へ帰された

御 祭 神
稲背脛命
合  祀
八千矛神 稲羽白兔神 稲羽八上比売神

本殿
本殿
拝殿
拝殿
境内社:鷺浦荒神社
神楽殿(?)
神輿舎(?)
鳥居
手水舎
本殿前の手水
隋神門
境内
狛犬
狛犬
出雲大社宮司より奉納されたウサギの像
裏の銘板
説明版
社号標
全景
隋神門前の灯籠
何かの石碑(?)
産土大神


島根半島四十二浦巡り

島根半島四十二浦巡り 案内板
島根半島四十二浦巡り スタンプ
伊奈西波岐神社(驚 浦)
祭神 稲背脛命 
 歴史の足跡
現「伊奈西波岐神社」は古く『出雲国風土記』にみえる「企豆伎社」の 一つに当たるとされ、『延喜式』にみえる「大穴持伊那西波伎神社」に相当する。出雲大社の境外摂社である。「伊那西波伎」は国譲神話の「稲背脛命」に係わるのであろう。主祭神は稲背脛命である。江戸初期の『懐橘談』 に同社は「鷺宮」とみえており、宝永七(一七一〇)年の雲州四十二洲之 詠歌にみえる「鷺大明神」に符号する。「鷺」の呼称は『出雲国風土記』に みえる「鷺浜」に鎮座していたことによる呼び名である。合祀されている 素兎神は「さぎ」の共有性を柱として因幡の素兎と「大穴持」神とのかかわりで勧請されたのであろう。かつては素兎の火傷平癒から疱瘡神として大きな信仰を集めていたという。境内一面の白砂は詠歌の「鷺の身の毛も白妙に」をあらわしたものであろうか、平癒した白肌を象徴するようである。地域の祭礼として一月二日のシャギリ舞、七月末の柏島権現祭がある。
鷺浦は四十二浦巡りの再生の拠点として常に光り輝いて欲しい。 
島根半島四十二浦巡り再発見研究会
[島根県観光素材造成支援補助事業により設置]

地図

問い合せ
住 所
島根県出雲市大社町鷺浦102
電 話
0853-53-0204
ホームページ
ーー
メールアドレス
ーー
駐 車 場
日御碕方面から県道23号線を北に進んで鷺浦の港の手前にあります。

駐車場は港の200m手前に6~7台停められるところ(神社のものか不明です。)がありますが、鷺浦会館の駐車場に停めて参拝しました。
神社の横にトイレもあり、駐車場もありますが、そこはトイレ利用者のみ停められるようです。

コメント

このブログの人気の投稿

ちょっと寄り道...宍道神社巡拝スタンプラリー 『金山八幡宮』

ちょっと寄り道...宍道神社巡拝スタンプラリー 『金山八幡宮』 御 由 緒 金山要害山城跡にあったが終戦後麓におろし信仰する。宍道政慶の氏神にして崇敬他に異なりしという宍道氏の城跡に安置する。その後、部落の氏神とする。 『 宍道神社スタンプラリー 説明書』より 御 祭 神 誉田別命(応神天皇) 拝 殿 拝  殿 本 殿 鳥 居 狛 犬 狛 犬 灯 籠 手 水 入 口 入口から少し上ったところにある踏切です。 電車が通過するのは1時間に1本位でしょうが、気を付けて渡ってください。 参 道 参 道 参 道 金 山 要 害 山 金山要害山の案内板 金山要害山は北側(宍道湖側)を正面とする山城で、海拔百四十四mの頂上には、詰成と呼ぶ本丸址が広がっている。この城は出雲守護京極高氏の孫、秀益が城を築いて宍道八郎と号した応仁年間(1467~1469)から天正年間(1573~1592)までの約百三十年の間 この地方で勢力を誇った宍道氏の本拠地であったことは間違いないであろう。詰成(山頂)からは宍道湖、北山が一望でき、眼下には支城といわれる宍道要害山、佐々布要害山が見とおせる。また、のちに宍道氏が移り住んだ鳶ヶ巣城は遙か北西に位置し ている。山麓には城主道氏が常住したと伝える御居出成があるが、他にも二ノ成、茶臼成、出張成、天狗成、長成など、四十八の成が要害山にあるといわれる。 昭和六十三年三月 穴道町教育委員会 地 図 問い合せ 住 所 島根県松江市宍道町白石2279 電 話 0852-66-1825( 氷川神社社務所 ) ホームページ 金山八幡宮  ( 宍道 神社巡拝 ) メールアドレス yokoya1961@yahoo.co.jp ( 氷川神社社務所 ) 駐 車 場 木次線沿いに少し広くなった場所があります。上の写真のところに同乗者を残して参拝しました。

意宇郡 郷里驛家

意宇郡 郷里驛家 出雲国庁付近から眺める茶臼山 意 ( お ) 宇 ( う ) 郡 ( のこほり ) 。  合はせて 郷 ( さと ) 十一。 里 ( こざと ) 三十三 。 餘戸 ( あまりべ ) 一。  驛家 ( うまや ) 三。  神 ( かむ ) 戸 ( べ ) 三。 里六   母 ( も ) 里 ( り ) 郷 ( のさと )  本の字は 文里 ( もり ) 。   屋 ( や ) 代 ( しろ ) 郷 ( のさと )  本の字は 社 ( やしろ ) 。   楯 ( たて ) 縫 ( ぬひ ) 郷 ( のさと )  今も 前 ( さき ) に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   安 ( やす ) 來 ( ぎ ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   山 ( やま ) 國 ( くに ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   飯 ( いひ ) 梨 ( なし ) 郷 ( のさと )  本の字は 云 ( いひ ) 成 ( なし )   舍 ( と ) 人 ( ね ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。 大 ( さ ) 草 ( くさ ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   山 ( やま ) 代 ( しろ ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   拜 ( はや ) 志 ( し ) 郷 ( のさと )  本の字は林   宍 ( しし ) 道 ( ぢ ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。    以上一十一、 郷 ( さと ) 別 ( ごと ) に 里 ( こざと ) 三。   餘 ( あま ) 戸里 ( りべのさと )   野城驛家 ( ぬきのうまや )   黒田驛家 ( くろだのうまや ) 宍道驛家 ( ししぢのうまや )   出雲 ( いずも ) 神 ( のかむ ) 戸 ( べ )   賀茂 ( かも ) 神戸 ( のかむべ )   忌部 ( いむべ ) 神戸 ( のかむべ ) 意宇 ( おう ) と 號 ( な

出雲国風土記 神門郡 『波須波社(波須波神社)』

出雲国風土記 神門郡 『波須波社(波須波神社)』 ご 由 緒 波須波神社之由来 御祭神 意富斗能地神     大斗乃辯神  二柱 此御祭神は古事記依れば神代七代の 五代目に当り国造りなされた神であり 此神をお祭りした神社は全国で この波須波神社のみと云ふ極めて由緒ある神社で あります。出雲風土記に依れば応神年間 約一五五〇年前宮之部鍬𠮷に御鎮座 往年は田中大明神と称し現在地には 元龜三年十月廿九日再建され以来 延宝二年と安永五年に本毀再建遷宮 今回昭和五十六年に二〇五年振り四回目の 遷宮が行われ其間屋根茸替は昭和 二十八年までに十回を数えます。 昭和五十六年辛酉年秋吉日 以上 『神社境内説明板』より 御 祭 神 意富斗能地神(おうとのぢのかみ) 大斗乃辯神(おうとのべのかみ) 本殿 本殿 拝殿 拝殿と本殿 境内社 稲荷社 拝殿の扁額 御由緒 参道階段の途中にある倉庫(?) 狛犬 狛犬 鳥居の扁額 社号標 参道階段 階段の鳥居 地図 問い合せ 住 所 島根県出雲市佐田町下橋波172 電 話 -- ホームページ -- メールアドレス -- ご朱印 有無は不明 駐 車 場 国道184号線沿いに下橋波簡易郵便局があり、そこを70mほど北に向かっていくと、右に入る道があります。そこからさらに70m程行くと宮の部公民館があり、前の道路が少し広くなっていてそこに同乗者を残して参拝しました。後になって宮の部公民館の駐車場に停めさせてもらえば良かったかなと思いました。境内や参道など草ぼうぼうで手入れをされていないようだったのが少し残念でした。