スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(稲背脛命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(伊奈西波岐神社)』

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(伊奈西波岐神社)』 御 由 緒 出雲大社 摂社 伊奈西波岐神社 所在地 出雲市大社町鷺浦102番地 御祭神 稲背脛命 合祀神 八千矛神 稲羽白兔神 稲羽八上比売神  御祭神の主なる事蹟 御祭神 稲背脛命は又の御名 天之夷鳥命 天鳥船命 出雲国造の祖神天穂日命の御子神におわします  天照大神の勅を奉じて建御雷等と共に稲佐の浜に降りて国譲りの神勅を大国主神に伝え給うた時に大国主神の御子の事代主神を呼び還し国譲りについての諸否を問給い、国譲りが武力によらずして平和裡に解決されました稲背脛命等の奔走の賜でありましてその御功績は偉大であります 又父神天穂日命の後を受けて大国主神の祭祀を奉仕されました  合祀神の事蹟 八千矛神 出雲大社の祭神大国主命の亦名で武勇にすぐれた神として拝め祀る 稲羽白兔神 膚が剥がれて苦しんでいた白兔を見て之を助けられた  稲羽八上比売神 大国主神が因幡の国へ行かれた気多峠と云う所で見初められ、契を結ばれ出雲に つれて帰られたが、嫡妻須世理昆売命を畏れられ因幡国へ帰された 御 祭 神 稲背脛命 合  祀 八千矛神 稲羽白兔神 稲羽八上比売神 本殿 本殿 拝殿 拝殿 境内社:鷺浦荒神社 神楽殿(?) 神輿舎(?) 鳥居 手水舎 本殿前の手水 隋神門 境内 狛犬 狛犬 出雲大社宮司より奉納されたウサギの像 裏の銘板 説明版 社号標 全景 隋神門前の灯籠 何かの石碑(?) 産土大神 島根半島四十二浦巡り 島根半島四十二浦巡り 案内板 島根半島四十二浦巡り スタンプ 伊奈西波岐神社(驚 浦) 祭神 稲背脛命   歴史の足跡 現「伊奈西波岐神社」は古く『出雲国風土記』にみえる「企豆伎社」の 一つに当たるとされ、『延喜式』にみえる「大穴持伊那西波伎神社」に相当する。出雲大社の境外摂社である。「伊那西波伎」は国譲神話の「稲背

出雲国風土記 秋鹿郡 『多太社(多太神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『多太社(多太神社)』 御 由 緒 御祭神 衝桙等乎而留比古命     稲背脛命 御神徳 占い・勝負事・五穀豊穣・交通安全 御由緒  創立年代は不詳ではありますが、出雲風土記の秋鹿郡多太郷の 項に「多太社」と記載されている古社であります。  須佐能乎命と櫛稲田姫との五番目の御子衝桙等乎而留比古命 が国を巡っておられました時、この土地を訪れると 「我が心は明るく汚れのない正しい心持ちになった。我はこの 土地に鎮まろう」 と言われました。故にこの「正しい」をとって「多太郷」という 地名が付けられました。  中世には、羽鳥大明神とも呼ばれていました。同祭神、同社名の 神社は、全国でも二社のみにて、もう一社は石川県小松市に鎮座 されています。 恒例大祭日  三月十八日    祈年祭        十月二十日     例祭                 十一月二十二日 新嘗祭 境内神社 稲荷社               八幡社               社日碑 飛地境内神社  鱸田神社 鎮座地 松江市岡本町羽鳥八七六 『多太神社御由緒』より 御 祭 神 衝桙等乎而留比古命(つきほことおるひこのみこと) 稲背脛命(いなせはぎのみこと) 合 祀 伊弉冊命 速玉男命 本殿と社日碑 拝 殿 本殿と拝殿 全 景 鳥 居 御由緒 社号標 境内社 手 水 手水の亀 飛地境內神社   鱸田神社  (同多太社)地図 地 図 問い合せ 住 所 島根県松江市岡本町876 電 話 -- ホームページ -- メールアドレス -- ご朱印 有無は不明 駐 車 場 宍道湖方面から行くと神社の鳥居を過ぎたあたりに砂利の駐車場があります。

出雲国風土記 大原郡 『得塩社(海潮神社)』

出雲国風土記 大原郡 『得塩社(海潮神社)』 御 由 緒 延喜式内社 元郷社 海潮神社御由緒  御祭神 宇能治比古命  ( うのちひこのみこと )  当社の創立年代は、遼遠にして知る事は出来ないが、延喜式制に神祇官社に登録 され、国幣小社に列格されている。此の事から思い図れば、延喜の式制以前の創立で あることは間違いなく、千数百年以前と想像される。 よって、明治三十三年十一月氏子中 相図り千年祭を斎行し、碑文を刻み、記念碑を建立して後世に遺した。 出雲国風土記に、宇能治比古命、北の方海潮を押し上げて御祖須我弥命を漂わす。 此の海潮、此の地に至る故に此の地を得塩というとあり、命を祀り得塩社とした。 神亀三年、地名改正の令により、此の地を海潮と改められ、社名も海潮神社に改め られた。 降って、出雲式内社考あるいは雲陽誌には大森大明神と称し、天正九年十一月 造営の棟札があり、 以後17回の社殿造営の記録がある。 古来武将武門の崇敬篤く、中世の頃、此の海潮の地を領した尼子氏の重臣 牛尾弾正忠は、三笠城に拠り当社を祈願社と定め、社地社領の寄進をし、祈願神事に 用いたと伝える獅子頭を今も社蔵している。 明治維新までは、年々御札下げにて社領米の寄進があったが、王政復古を期して 廃止された。 明治五年一月新制度により郷社に列格、郡政下にあっては例大祭に郡長の参向が 続き、明治・大正・昭和の初期までは大森さんと称して親しまれ、遠近を問わず 崇敬されてきた。 創立以来千数百年、社地社殿等の移転もなく今日に至っている由緒ある神社である。 境内社 稲荷神社 恵美須社 八幡宮     高平社 社日社 総荒神社 鷺神社 三大祭  例大祭  十月二十日      祈年祭  三月二十二日      新嘗祭  十一月二十七日 平成十三年十月二十日 正遷座祭斎行記念  宮司 新田有一 識 『神社境内説明板』より 御 祭 神 宇能治比古命 合  殿 誉田別命(八幡宮) 本 殿 本 殿 拝殿と歳徳社 海潮神社 扁額 狛 犬 狛 犬 稲荷社:倉稲魂命 総荒神社 八幡宮: 誉田別尊 恵比須社: 事代主命 高平社:祭神は不詳 社日社:社日五神 鷺神社: 稲背脛命 神社境内説