スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(島根半島四十二浦巡り)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(伊奈西波岐神社)』

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(伊奈西波岐神社)』 御 由 緒 出雲大社 摂社 伊奈西波岐神社 所在地 出雲市大社町鷺浦102番地 御祭神 稲背脛命 合祀神 八千矛神 稲羽白兔神 稲羽八上比売神  御祭神の主なる事蹟 御祭神 稲背脛命は又の御名 天之夷鳥命 天鳥船命 出雲国造の祖神天穂日命の御子神におわします  天照大神の勅を奉じて建御雷等と共に稲佐の浜に降りて国譲りの神勅を大国主神に伝え給うた時に大国主神の御子の事代主神を呼び還し国譲りについての諸否を問給い、国譲りが武力によらずして平和裡に解決されました稲背脛命等の奔走の賜でありましてその御功績は偉大であります 又父神天穂日命の後を受けて大国主神の祭祀を奉仕されました  合祀神の事蹟 八千矛神 出雲大社の祭神大国主命の亦名で武勇にすぐれた神として拝め祀る 稲羽白兔神 膚が剥がれて苦しんでいた白兔を見て之を助けられた  稲羽八上比売神 大国主神が因幡の国へ行かれた気多峠と云う所で見初められ、契を結ばれ出雲に つれて帰られたが、嫡妻須世理昆売命を畏れられ因幡国へ帰された 御 祭 神 稲背脛命 合  祀 八千矛神 稲羽白兔神 稲羽八上比売神 本殿 本殿 拝殿 拝殿 境内社:鷺浦荒神社 神楽殿(?) 神輿舎(?) 鳥居 手水舎 本殿前の手水 隋神門 境内 狛犬 狛犬 出雲大社宮司より奉納されたウサギの像 裏の銘板 説明版 社号標 全景 隋神門前の灯籠 何かの石碑(?) 産土大神 島根半島四十二浦巡り 島根半島四十二浦巡り 案内板 島根半島四十二浦巡り スタンプ 伊奈西波岐神社(驚 浦) 祭神 稲背脛命   歴史の足跡 現「伊奈西波岐神社」は古く『出雲国風土記』にみえる「企豆伎社」の 一つに当たるとされ、『延喜式』にみえる「大穴持伊那西波伎神社」に相当する。出雲大社の境外摂社である。「伊那西波伎」は国譲神話の「稲背

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾佐」を冠する爾佐神社とは関係 が深かったと思われ、立地も近いことが想定される。「爾佐加志能為」の社 名の「能為」が現地名(野井)であることも気がつくと思う。 「宝永七(一七一〇)年の「雲州四十二浦之詠歌」にみえる野井の神社は日 御崎神社であった。当時、古代の爾佐加志能為神社の系譜を引く「加無利明 神(神守大明神)」は零落し、椎の木を祭っていた。当然、参拝客は社殿をも つ新しい日御碕神社に参拝したが、明治に入り『延喜式』重視により、日御 碕神社に「加無利明神」を相殿にし、社名を古代の「爾佐加志能為神社」 にして今日に至っている。「爾佐加志能為神社」の旧社地は野井の漁業組 合附近であった。  地域祭礼として一月第二日曜に行われる野井とんど、宮練がある。かつて の旧社地字「神守様灘」に隣接して字「どんどが鼻」があるので、野丼のと んどは江戸時代にさかのぼることがわかる。  島根半島四十二浦巡り再発見研究会 『神社案内板』より 御 祭 神 大己貴命 本殿 本殿 外観 境内社 拝殿 参道階段 神社説明版 扁額 狛犬 狛犬 狛犬 狛犬 境内の右手にある謎の巨石 地図 問い合せ 住 所 島根県松江市島根町野井155 電 話 --- ホームページ --- メールアドレス --- 駐 車 場 神社正面の道路沿いに広い場所があります。

嶋根郡 山野河川海岸通道

  嶋根郡 山野河川海岸通道 加賀の潜戸 布自枳美高山 ( ふじきみのたけやま ) 。 郡家 ( ぐうけ ) の 正南 ( まみなみ ) 七里二百一十歩 なり 。高 さ 二百七十丈 、 周 ( めぐ ) り 一十里 なり。 烽 ( とぶひ ) あり 。 女岳 ( めだけ ) 山。郡家 の 正南二百 三十 歩 なり 。 蝨野 ( むしぬ ) 。郡家 の 西南三里一百歩 なり 。 樹木なし。 毛志 ( もし ) 山。郡家 の 正北 ( まきた ) 一里 なり 。 大倉 ( おほくら ) 山。郡家 の 東北九里一百八十歩 なり 。 糸江 ( いとえ ) 山。郡家 の 東北 二十 六里 三十 歩 なり 。 小倉 ( をぐら ) 山。 郡家の正西二十 四里一百六十歩 なり 。 凡そ 諸 ( もろもろ ) の 山野 に 在 る所の 草木 は、 白朮 ( をけら ) ・ 麥門冬 ( やますげ ) ・ 藍漆 ( やまあゐ ) ・ 五味子 ( さねかづら ) ・ 苦參 ( くらら ) ・ 獨活 ( うど ) ・ 葛根 ( くずのね ) ・ 薯預 ( やまついも ) ・ 卑解 ( ところ ) ・ 狼毒 ( やまさく ) ・ 杜仲 ( はひまゆみ ) ・ 芍藥 ( えびすぐすり ) ・ 芘胡 ( のぜり ) ・ 百部根 ( ほとづら ) ・ 石斛 ( いはぐすり ) ・ 高本 ( さはそらし ) ・ 藤 ・李 ・ 赤桐 ( あかぎり ) ・ 白桐 ( きり ) ・ 海柘榴 ( つばき ) ・楠 ・ 楊梅 ( やまもも ) ・松・ 栢 ( かへ ) 。 禽獸 には 則 ち、 鷲 字或るは鵰に作る。 ・ 隼 ( はやぶさ ) ・ 山雞 ( やまどり ) ・ 鳩 ・ 鴙 ( きざし ) ・猪・鹿・猿・ 飛鼯 ( むささび ) あり 。 水草 ( みくさ ) 河 。源二 つあり。 一 水 ( すじ ) の 源 は、 郡家 ( ぐうけ ) の 東北三里一百八十歩 なる 毛志 ( もし ) 山 より出で、 一 水 ( すじ ) の 源 は、 郡家 の 西北六里一百六十歩 なる 同 じき 毛志山 より出づ 。 二つの水合ひ、南に流れて入海に入る。 鮒あり。 長見 ( ながみ ) 川。源 は 郡家 の 東北九里一百八十歩 なる 大倉 ( おほくら ) 山 より出で、