/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲国風土記 大原郡 『須我社(須我神社)』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲国風土記 大原郡 『須我社(須我神社)』

出雲国風土記 大原郡 『須我社(須我神社)』

御 由 緒

須我神社由緒
御祭神 須佐之男命
    奇稲田比売命
    清之湯山主三名狭漏彦八島野命
    合祀 武御名方命
 
当社は古事記(和銅五年・西暦七一二年)に所載の神社です。肥の河上で八俣遠呂智をご退治なさった須佐之男命は遠呂智の尾から得た霊剣天之叢雲剣を捧げ持って宮を遷るべき良いところを求めて此処に至り「吾が御心清々し」と仰せになりました。この地を須賀といい此処に宮をお造りになり「須賀宮」として奇稲田比売命と共にお鎮まりになりました。また剣はいかにも畏れ多いとお思いになって、天之叢雲剣と銘づけて天照大御神様に献上なさいました。その時美しい雲が立ち騰がるのをご覧になって「八雲立つ 出雲八重垣妻籠みに八重垣つくるその八重垣を」と御歌を御詠みになりました。 このことから当社は古事記・日本書紀に顕されている「日本初之宮」であり、「和歌発祥」の宮であります。やがて、この宮で御子神がご誕生になり御名を清之湯山主三名狭漏 彦八島野命と申し上げます。出雲国風土記(天平五年・西暦七三二?【七三三】年)では須我社・須我山 須我小川などの表記があり、賀と我の両様の文字を当てていたものと思われます また、当社の後方二キロ米の所に八雲山がありその山懐に磐座があります。その巨岩は夫婦岩と称し神社の奥宮として祭祀しております。良縁結び子授けの霊験・御利益 があるとして「二宮詣り」の信仰があります。当社の旧社格は県社であり神佛霊場では 第十六番の神社であります。

祭事 元旦祭 節分祭 祈年祭 百手的神事(二月十七日)
   夏越大祓祭・茅の輪神事(六月三十日) 奥宮祭茣蓙替祭(八月二十二日)
   例大祭(九月二十七・八日) 鹿食神事 例祭 神幸祭
   新嘗祭(十一月二十三日) 大祓祭(十二月三十一日)

御神徳 悪切 良縁結び 子授 家内安全
    病気平癒 交通安全 五穀豊穣

御 祭 神
須佐之男命
奇稲田比売命
清之湯山主三名狭漏彦八島野命
合 祀
武御名方命


須我神社 拝殿
拝 殿

須我神社 本殿
本 殿

須我神社 拝殿扁額
拝殿 扁額


拝殿内部

拝殿 全景

境内摂社:海潮神社 拝殿
天神神社・大石神社・山神神社を合祀

境内摂社:海潮神社 本殿

境内摂社:海潮神社 扁額

海潮神社 合祀神社の写真

若宮神社
稲荷神社・木山神社・火守神社・秋田神社・琴平神社を合祀

荒神社

虚空社:虚空蔵菩薩を祀る

境外末社へ登る参道の階段です。登ろうと思いましたが...よく見るとここから250m登らないといけないようで、1人では怖いので今度は女房と一緒に来ようと思います。(笑)

御祖神社:足名槌之命 手名槌之命(奇稲田姫の祖神)
社日神社:天照大神
義綱神社:菅義綱命

霊石『踏まぬ石』:『不思議な霊力を持つ石です』とは書いてあるが...❓❓❓

舞 殿

御仮殿

拝殿の前にある手水

社務所

本殿彫刻

隋神門

日本初之宮 石碑
八岐遠呂智を退治した須佐之男命は稲田姫と住むところを探してこの地に来た。
そのとき「わが御心清々し」と言って須賀と名付けて日本で初めての宮殿を造られた。 
そのため須我神社は『日本初之宮』と呼ばれてます

日本初之宮の碑

歌    碑
須佐之男命が宮殿を建てた後に美しい雲がモクモクと立ち昇るのを見て『八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を』 という歌を詠んだ。 
 これが日本最初の和歌で『和歌発祥の地』と言われています。

和歌発祥の地の碑


鳥 居

手水舎

井戸❔手水❔何かの石碑

御由緒(新)

社号標

県道24号線にある大鳥居
大鳥居の扁額

御由緒 (旧)

須我神社由緒
御祭神 須佐之男命
    奇稲田比売命
    清之湯山主三名狭漏彦八島野命
    合祀 武御名方命

古事記(和銅五年、西暦七一二年)所載=肥河上で八俣遠呂智を退治せられた
速須佐之男命は宮造るべき所を求めて此処出雲国須賀の地においでになり
「吾此地に来まして我が心須賀須賀し」と仰せになって此地に宮殿を御造りに
なりましたが其地より美しい雲が立ち騰がるのをごらんになり
八雲立つ出雲 八重垣つまごみに八重垣つくるその八重垣をの御歌を御詠みになりました。 
即ち此宮が古事記・日本書紀等に顕はれる日本初之宮であり此処が三十一
文字和歌の発祥地でこの御歌の出雲が出雲の国名の起元であります。
而うして須佐之男命と奇稲田比売命・御子神清之湯山主三名狭漏彦八島
野命の三神が当社主祭神であります。
出雲風土記(天平五年・西暦七三三年)では此処を須我神社・須我山・須我小川等の
名に表現され風土記抄(天和三年・西暦一六八三年)には須我村とあり須我は広く
此の地方の総称であったことがうかがえます。
須我小川の流域に曽つて十二の村があってこの須我神社はこの地方の総氏神として
信仰されていたものでありまた須我山(御堂山八雲山)の山ふところには巨岩の
夫婦岩(磐座)並びに小祠があり須我神社奥宮として祭祀信仰されています。
合殿の武御名方命は天文年中統治(淀之荘)地頭として神中沢豊前守
が信州より来任せられたときその氏神武御名方命の神霊を勧請してこの
須我神社に合祀し諏訪大明神として崇敬せられました以来村名も諏訪村
と改められていましたが明治二十二年元の地名の須賀に復し現在に至って
います。 明治二十五年十一月八日元の島根県社に列せられました。
なお須我山の主峰八雲山は眼下に中海や宍道湖を見おろし島根半島から弓ヶ
浜東方遙かには出雲富士(伯耆大山)を望む景勝地で毎年秋頂上では
盛大な歌祭りがあり四季にわたって各地からの来遊が多い。
                                須我神社社務所

ご縁結びの夫婦松


ご縁結びの夫婦松 
この池は出雲風土記に言う川中三湯の一つにして温泉の涌く池でありました。この温泉で須佐之男命はさすらいの長旅の疲れを癒され奇稲田姫命は その美肌を磨かれたと伝えられそれ以来薬効美容の温泉 とされていました。いつの世にかお湯が枯れ蓮が生い茂って きましたので蓮池と呼ばれて今に至っております。 ご覧のように水中に松が自生しているのは珍しくしかも一 つの株から男松と女松が生じているのは他に例がなく縁結びの ご利益に預かれる当社でありますことからご縁結びの夫婦松と 申し上げております。どうか神社へご参拝になる前にこの社へ ご参拝ありますようにお薦めします。 宮司


出雲國神仏霊場 御朱印
須我神社 御朱印


須我神社 奥宮 夫婦岩
須我神社から約2km車で5分くらい北東に行った所にあります。
八雲山登山口の先に少し広くなった場所があり、車はそこに止めていけます。
奥宮までは約400mあります

八雲山 登山口

少し登っていくと、『不老長寿 神泉坂根水 この水で身を清め 霊気を頂いて御参拝下さい。』と書かれたみそぎ場があります。
八雲山の湧き水で身も心も清めて、さらに先に進むと...


鳥居が見えてきます...鳥居を潜り...
階段を登っていくと...
仲良く並んだ巨石が見えてきます。
真ん中の大きな石が須佐之男命。
左の石が奇稲田比売命。
左の石が清之湯山主三名狭漏彦八島野命
御祭神


地 図

問い合せ
住 所
 島根県雲南市大東町須賀260
電 話
 0854-43-2906
ファックス
 0854-47-0263
ホームページ
 https://suga-jinja.or.jp/
駐 車 場
神社のそばに『神楽の宿』という公民館のようなところがあります。神楽が上演されるので『神楽の宿と呼ばれいるようですが、宿泊は出来ないみたいです。

車はそこに停められ、トイレ🚻もあります。

コメント

人気の投稿