スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(須佐之男命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 秋鹿郡 『大野津社(大野津神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『大野津社(大野津神社)』  御 由 緒 大野津神社由来  御祭神 須佐之男命  ご由緒  当社は天平五年(七三三年)に撰進れた出雲国風土記に、大野津社と記されており、後の延喜式神名帳にも登記された古社で、古来より里人が奉祝崇敬した名社 である。 大野灘は宍道湖北岸の重要な港であり、「津」の名が起こるが、当社は海陸交通の 神である。また、農耕の守護神でもあり、干天続きの年には、雨乞神事が行われた。 さらに厄除安全の祈願所として、人々の畏敬信仰の深いお社であった。 寛永十二年(一六三五年)五月、秋鹿郡吏だった岸崎時照は蛇骨を拝み崇敬の念 を起こしし、大野村中の人々と力を合わせ社殿を建立し、九月晦日を祭日と定めた。  現在は祭神の御神徳を敬仰し年頭に厄災退散・交通安全の祈願を斎行している。 一、特殊神事 雨乞神事  往古より、稲作に大切なものは水である。時々訪れる干天続きの年には、当社の 「蛇骨」を湖上に奉斎して雨乞の神事が斎行され、近郷近在の人々が多数参拝して 盛大に行われた。  ここに、昭和九年と昭和十四年に行われた時の記録をもとに、再現してみる。 まず近郷の神職・斎戒して社殿に上り、二夜三日の祈願と称して、三日連続の 祈願を行う。この時、社殿に納められている蛇骨を出し、正面に蛇頭を安置する。 その前に蛇骨を飾り、神職はそれに向かって大祓祝詞を上げ、祈願する。  三日目の朝には、蛇骨の一部を竹籠二個に納め、鳥居のついた箱形の台に乗せる。 四人の供奉員が台を担いで湖岸に運ぶ。待機する四艘の船の一つに安置して、神職 と供奉員が同船する。もう一艘は衣裳船で楽師達が乗る。他の二艘には各集落より 選出された若者十数

ちょっと寄り道...『須佐の七不思議』

 ちょっと寄り道...『須佐の七不思議』 須佐神社周辺には『須佐の七不思議』といわれる場所があります。 ※本文は上記案内板より 塩ノ井(しおのい) 境内に湧出している塩の井は大社の稲佐の浜に続いているので、微かに塩味を感じる。湧水に間湯があるのは潮の干満のためである。須佐之男命自ら潮を汲みこの地を清められたと いう。(社記)  神馬(しんめ) 常立の馬と言い、神社に奉献された神馬は、どんな毛色の馬でも後に必ず白馬に変わるという。吉凶禍福や国の大事 を予知したといわれている。(社記)   相生の松(あいおいのまつ) 本殿の裏に、一本の松に雄松と雌松の両肌のものがあった。 昭和のはじめに枯れて今は残っていない。(社伝) 影無し桜(かげなしざくら) 昔、隠岐の国に木の陰がさして耕作不能の処があった。 これを知々井の者が占った処、影は出雲の須佐大宮(須佐 神社)の境内の桜の影であるとのことで、願い出て切ってもらい耕作が出来る様になった。その切り株から生じた桜 は、以後大木にならずに今に至っているという。(社伝)  落葉の槇(おちばのまき) 須佐之男命の妃姫である稲田姫が誕生山で御子をお産みになったとき、産具を柏の葉で包み、それを松葉で綴って川 に流され、その包物が流れついたところに繁茂して、今日に至る。今でも柏の葉の縁に松葉で刺したような穴がある。 (雲陽誌) 星滑(ほしなめら) 神社の西方、中山の頂上近くになめらかな岩肌が見え、その中央辺に光るものがある。 これは星の光りを映したものだといい、大きく光ればその年は豊作で、小さくて、光沢がなけ れば不作であるという。(社伝) 雨壺(あまつぼ) 神社の西を流れる須佐川の下流、 道路下の田の畔に大きな岩がある。この岩の穴をかきまわすと神の怒りで風雨が起こり、洪水が出るという。(社伝)

出雲国風土記 飯石郡 『須佐社(須佐神社)』

  出雲国風土記 飯石郡 『須佐社(須佐神社)』 今回は出雲国風土記の須佐社に比定され,須佐之男命御魂鎮めの御社『須佐神社』の紹介です。 出雲国神仏霊場 の第18番の霊場でもあります。  交通安全や厄除の祈願には必ずこちらにお願いしています。   ご 由 緒 須佐神社(須佐大宮) 須佐神社は、神話の国出雲地方を潤す神戸川の上流に祀られて いる延喜式内の古社で須佐之男命と稲田比売命の御子の子孫と 伝えられる須佐家が代々仕えている神社である。 『出雲国風土記』には「須佐之男命が『この土地は狭いところであるが 住み良い所である。だから自分の名は木や石には付けず、この土地 に付けよう』と仰せられて自分の御魂を鎮め、大須佐田、小須佐田 をお定めになった。それゆえに須佐という。」と記されている。  現在の本殿(大社造)は天文二十三年(一五五四)尼子晴久が改築、 文久元年(一八六一)藩主松平定安が修造した正統的な大社造で、 栩葺の出雲を代表する堂々とした構えをもつ。  社宝には、尼子晴久奉納・兵庫鎖太刀(国指定重要文化財)、 室町時代の作である舞楽面「納曽利」・南北朝から室町初期の 黒韋威鎧残欠(県指定文化財)、などが残されている。  須佐之男命が自ら御魂を鎮め、名を土地に付けられた御魂鎮の 聖地、御名代としての霊跡の地の社として朝廷を始め国守、藩主等の 崇敬を集めた由緒ある神社である。 『須佐神社御由緒』より 御 祭 神 須佐之男命 配  祀 稲田姫命 足摩槌命 手摩槌命 本殿(西側から) 本殿(東側から) 鳥居     拝殿 鳥居近くの社号標 県道39号線の社号標 亀 石 『大杉さん』...何かパワーを感じられる場所です。 『大杉さん』 御朱印 出雲国神仏霊場 の御朱印 入り口にある干支 神楽殿 手水 御由緒掲示板