© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 須佐之男命 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 須佐之男命 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月22日月曜日

ちょっと寄り道...『須佐の七不思議』

 ちょっと寄り道...『須佐の七不思議』



須佐神社周辺には『須佐の七不思議』といわれる場所があります。



※本文は上記案内板より

塩ノ井(しおのい)


境内に湧出している塩の井は大社の稲佐の浜に続いているので、微かに塩味を感じる。湧水に間湯があるのは潮の干満のためである。須佐之男命自ら潮を汲みこの地を清められたという。(社記) 


神馬(しんめ)

常立の馬と言い、神社に奉献された神馬は、どんな毛色の馬でも後に必ず白馬に変わるという。吉凶禍福や国の大事 を予知したといわれている。(社記) 

相生の松(あいおいのまつ)

本殿の裏に、一本の松に雄松と雌松の両肌のものがあった。

昭和のはじめに枯れて今は残っていない。(社伝)


影無し桜(かげなしざくら)

昔、隠岐の国に木の陰がさして耕作不能の処があった。 これを知々井の者が占った処、影は出雲の須佐大宮(須佐 神社)の境内の桜の影であるとのことで、願い出て切ってもらい耕作が出来る様になった。その切り株から生じた桜は、以後大木にならずに今に至っているという。(社伝) 

落葉の槇(おちばのまき)

須佐之男命の妃姫である稲田姫が誕生山で御子をお産みになったとき、産具を柏の葉で包み、それを松葉で綴って川 に流され、その包物が流れついたところに繁茂して、今日に至る。今でも柏の葉の縁に松葉で刺したような穴がある。(雲陽誌)

星滑(ほしなめら)

神社の西方、中山の頂上近くになめらかな岩肌が見え、その中央辺に光るものがある。 これは星の光りを映したものだといい、大きく光ればその年は豊作で、小さくて、光沢がなけ れば不作であるという。(社伝)

雨壺(あまつぼ)

神社の西を流れる須佐川の下流、 道路下の田の畔に大きな岩がある。この岩の穴をかきまわすと神の怒りで風雨が起こり、洪水が出るという。(社伝)


出雲国風土記 飯石郡 『須佐社(須佐神社)』

 

出雲国風土記 飯石郡 『須佐社(須佐神社)』


今回は出雲国風土記の須佐社に比定され,須佐之男命御魂鎮めの御社『須佐神社』の紹介です。 出雲国神仏霊場の第18番の霊場でもあります。 
交通安全や厄除の祈願には必ずこちらにお願いしています。

 
ご 由 緒
須佐神社(須佐大宮)
須佐神社は、神話の国出雲地方を潤す神戸川の上流に祀られて いる延喜式内の古社で須佐之男命と稲田比売命の御子の子孫と 伝えられる須佐家が代々仕えている神社である。
『出雲国風土記』には「須佐之男命が『この土地は狭いところであるが 住み良い所である。だから自分の名は木や石には付けず、この土地 に付けよう』と仰せられて自分の御魂を鎮め、大須佐田、小須佐田 をお定めになった。それゆえに須佐という。」と記されている。
 現在の本殿(大社造)は天文二十三年(一五五四)尼子晴久が改築、 文久元年(一八六一)藩主松平定安が修造した正統的な大社造で、 栩葺の出雲を代表する堂々とした構えをもつ。
 社宝には、尼子晴久奉納・兵庫鎖太刀(国指定重要文化財)、 室町時代の作である舞楽面「納曽利」・南北朝から室町初期の 黒韋威鎧残欠(県指定文化財)、などが残されている。
 須佐之男命が自ら御魂を鎮め、名を土地に付けられた御魂鎮の 聖地、御名代としての霊跡の地の社として朝廷を始め国守、藩主等の 崇敬を集めた由緒ある神社である。

『須佐神社御由緒』より

御 祭 神
須佐之男命
配  祀
稲田姫命 足摩槌命 手摩槌命

本殿(西側から)
本殿(東側から)
鳥居   
拝殿
鳥居近くの社号標
県道39号線の社号標
亀 石
『大杉さん』...何かパワーを感じられる場所です。
『大杉さん』
御朱印
出雲国神仏霊場の御朱印
入り口にある干支
神楽殿
手水
御由緒掲示板
黄金の龍の鏡
出雲国風土記登場地標柱
境内の奥の方です。
交通安全祈願の際の『お下がり』
稲荷社  稲倉魂命
三穗社 三穂津比克命、事代主命
東末社・西末社 天忍穂耳命、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、
         熊野樟日命、市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命 
天照社 天照大御神
厳島神社 市杵嶋姫命、田心姫命、
     湍津姫命
まだ写真がありません。
須賀神社 素我里命

他に神社の周辺には、須佐之男命に縁のある『須佐の七不思議』いわれる伝説があります。
ちなみに、『須佐の七不思議』は
一、塩ノ井 二、相生の松 三、神馬 四、落葉の槇 五、影無し桜 六、星滑 七、雨壺
です。

地図

問い合せ
住 所
島根県出雲市佐田町須佐730
電 話
0835-84-0605(電話・FAX共通)
ホームページ
https://www.susa-jinja.jp/
メールアドレス
susa7001@icv.ne.jp 
駐 車 場
神社境内の隣に30台程停められます。そこが
一杯ならばゆかり館の駐車場に止められます。

2021年2月20日土曜日

仁多郡 山野河川海岸通道

 仁多郡 山野河川海岸通道


船通山から流れる斐伊川

鳥上(とりかみ)山。郡家東南三十五里なり伯耆と出雲とのなり鹽味葛(えびかづら)あり

室原(むろはら)山。郡家東南三十六里なり備後と出雲との二なり鹽味葛あり

(はひ)()山。郡家東南三十なり

遊託(ゆた)山。郡家正南(まみなみ)三十七里なり鹽味葛あり

御坂(みさか)山。郡家西南五十三里なり。卽御門(みと)あり(かれ)御坂と云ふ備後出雲とのなり鹽味葛あり

志努坂野(しぬざかぬ)郡家(ぐうけ)西南三十一里なり。紫草少しくあり

玉峰(たまみね)山。郡家東南一十里なり。古老へにへらく、山嶺(みね)玉上神(たまのへのかみ)(いま)せまつる(かれ)玉峯と云ふ

城紲野(きずなぬ)。郡家正南(まみなみ)一十里なり紫草少しくあり。

大内野(おほうちぬ)。郡家正南二里なり紫草少しくあり。

菅火野山。郡家の正西(まにし)四里なり。高一百二十五丈(めぐ)一十里あり峯に神社あり

戀山(したひやま)。郡家正南二十三里なり古老の傳へに云へらく、和爾(わに)(鰐)、阿伊(あい)村に()す神、玉日女命(たまひめのみこと)(した)ひて(のぼ)りき()玉日女命(いは)()()へまししかば、え()はずして(した)ひき(かれ)戀山(したひやま)と云ふ

凡そ、(もろもろ)山野(やまぬ)る所の草木は、白頭公(おきなぐさ)藍漆(やまあゐ)高本(さはそらし)玄參(おしくさ)百合(ゆり)王不留行(かさくさ)薺苨(さきくさな)百部根(ほとづら)瞿麥(なでしこ)升麻(とりのあしぐさ)拔葜(さるとり)黃精(おほゑみ)地楡(あやめたむ)附子(ぶし)狼牙(こまつなぎ)離留(りる)石斛(いはぐすり)貫衆(おにわらび)續斷(おにのやがら)女委(ゑみくさ)(すもも)(すぎ)(かへ)(つみ)(つき)(きはだ)(かぢ)。禽獸には晨風(はやぶさ)山鷄(やまどり)(きじ)()鹿狐・莵・獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり

(よこ)()川。源郡家(ぐうけ)東南三十五里なる(とり)(かみ)より出でて西に()はゆる斐伊()(のかは)(かみ)なり 年魚(あゆ)しくあり

(むろ)(はら)川。源郡家東南三十六里なる室原(むろはら)より出でてる。斐伊()大河(のおほかは)なり年魚麻須魴鱧(むなぎ)あり

灰火小川(はひびのをがは)。源灰火山より出でて斐伊河に入る年魚あり

()()川。源郡家正南(まみなみ)三十七里なる()()より出で、れて、斐伊河の上に入る年魚(あゆ)麻須(ます)あり。

阿位(あゐ)川。源郡家西南五十里なる御坂山より出で、斐伊河の上に入る年魚・麻須あり。

()()川。源郡家東南一十里なる(たま)(みね)より出でて意宇(おう)野城(ぬき)(かみ)なり年魚あり。

湯野(ゆぬ)小川(のをがは)。源は玉峯より出で西れて斐伊河の上に入る

通道(かよひぢ)飯石(いひし)なる漆仁川(しつにのかは)(ほとり)ふは二十八里なり。卽川邊(くすり)()あり一たび(ゆあみ)すれば身體(みぬち)()(はら)ぎ、(すす)げば(よろづ)消除(のぞこ)る。も、いたるも(わか)きも、(ひる)(よる)()まず、駱驛(つらなり)往來(かよ)ひて、(しるし)を得ずといふことなし。(かれ)俗人(くにびと)(なづ)けて藥湯と云ふ。卽正倉あり。

大原(おほはら)なる(ひの)(たに)通ふは、一十六里二百三十六歩なり

伯耆(ははき)日野(ひぬ)なる阿志毗緣(あしびえ)ふは、三十五里一百五十歩なり。常(せき)あり

備後(びんご)惠宗(ゑそ)なる遊託(ゆた)ふは、三十七里なり。常あり

同じ惠宗郡の堺なる比市山に通ふは、五十三里なり。常には剗なし。但、(まつりごと)あるに当りて、(かり)くのみ

            郡司 主帳  外大初位下 (ほむ)()()

               大領  外從八位下 蝮部臣(たぢひべのおみ)

               少領  外從八位下 出雲臣(いづものおみ)

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...