/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 意宇郡 山野河川海岸通道 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

意宇郡 山野河川海岸通道

意宇郡 山野河川海岸通道


嫁が島

長江山。郡家ぐうけ東南五十里なり。水精すゐしやうあり

暑垣(あつがき)山。郡家の正東(まひがし)二十里八十歩なり。(とぶひ)あり

高野(たかぬ)山。郡家の正東一十九里なり。

熊野(くまぬ)山。郡家の正南(まみなみ)一十八里なり。()(まゆみ)あり。謂はゆる熊野大神の坐す。

久多美(くたみ)山。郡家の西南二十三里なり。

玉作山。郡家の西南二十二里なり。社あり。

神名樋野(かむなびぬ)。郡家の西北三里一百二十九歩なり。高さ八十丈、(めぐ)六里三十二歩あり。東に松あり、三方は並びに()あり

凡そ、(もろもろ)山野に在る所の草木は、麥門冬(やますげ)獨活(うど)石斛(いはぐすり)前胡(のぜり)高梁薑(こうらはじかみ)連翹(いたちぐさ)黃精(おほゑみ)百部根(ほとづら)貫衆(おにわらび)白朮(をけら)薯預(やまついも)苦參(くらら)細辛(みらのねぐさ)商陸(いをすき)高本(さはそらし)玄參(おしくさ)五味子(さねかづら)黃芩(ひひらぎ)葛根(くずのね)牡丹(ふかみぐさ)藍漆(やまあゐ)(わらび)・藤・(すもも)・檜・杉 字或いは椙に作る。赤桐(あかぎり) 字或いは梧に作る。白桐(きり)(くすのき)(しひ)海榴(つばき) 字或いは椿に作る。楊梅(やまもも)・松・(かへ) 字或いは(かへ)に作る。・(きはだ)(つき)。禽獸には則ち、(わし)晨風(はやぶさ) 字或いは隼に作る。・山雞(やまどり)・鳩・(うずら)(ひばり) 作。・鴟鴞(づく) 橫到に作る惡鳥なり。・熊・狼・猪・鹿・兎・狐・飛鼯(むささび) 字或いは(けものへん)(らい)に作る、蝠に作る。獼猴(さる)(やから)あり(いと)繁多(さは)にして、(しる)すべからず。

伯太(はだ)川。源は仁多(にた)意宇(おう)と二郡の堺なる葛野(かどぬ)山より出で、流れて母理(もり)楯縫(たてぬい)安來(やすぎ)の三郷を經て入海に入る。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

山國川。源は郡家(ぐうけ)東南三十八里なる枯見(からみ)山より出で、北に流れて伯太川に入る。

飯梨(いひなし)川。源は三つあり。一水(ひとすじ)源は、仁多(にた)大原(おほはら)意宇(おう)三郡の堺なる田原より出で、一水の源は枯見(からみ)より出で、一水の源は仁多郡の玉嶺(たまみね)三つ水合ひ、北に流れて入海にはいる。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

筑陽(つきや)川。源は郡家の正東(まひがし)一十里一百歩なる(をぎ)山より出で、北に流れて入海に入る。年魚あり。

意宇(おう)川。源は郡家の正南(まみなみ)一十八里なる熊野(くまぬ)山よりいでて北に流れ、(ひむがし)折れ、流れて入海に入る。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

野代(ぬしろ)川。源は郡家(ぐうけ)西南一十八里なる須我(すが)山より出で、北に流れて入海に入る。

玉作(たまつくり)川。源は郡家の正西(まにし)一十九里なる阿志(あし)山より出で、北に流れて入海に入る。年魚あり。

來待(きまち)川。源は郡家の正西二十八里なる和奈佐(わなさ)山より出で、西に流れて山田村に至り、更に折れて北に流れて入海に入る。 年魚あり。

宍道(ししぢ)川。源は郡家の正西三十八里なる幡屋(はたや)山より出で、北に流れて入海に入る。魚なし。

津間拔(つまぬき)(のいけ)(めぐ)二里四十歩あり。(たかべ)鴨・鮒・(たで)あり

眞名猪(まなゐ)池。周り一里あり。北は入海なり。

門江(かどえ)濱。伯耆と出雲との二國の堺なり。東より西に行く。

子嶋。(ことごと)(いそ)なり。

(あは)嶋。椎・松・多年木(あはぎ)宇竹(うだけ)眞前(まさき)等の草木あり。

砥神(とかみ)嶋。(めぐ)三里一百八十歩。高さ六十丈あり。椎・松・(みらのねぐさ)薺頭蒿(おはぎ)都波(つは)師太(しだ)等の草木あり。

加茂(かも)嶋。(ことごと)(いそ)なり。

()嶋。椿・比佐木(ひさぎ)多年木(あはぎ)(わらび)薺頭蒿(おはぎ)あり。

鹽楯(しほたて)嶋。蓼螺子(たでにし)水蓼(みづたで)あり

野代(ぬしろ)海の中に蚊嶋(かしま)あり。周り六十歩あり。中央(まなか)涅土(くろつち)にして、四方は(なら)びに(いそ)なり中央(まなか)手掬(たづか)(ばか)りの木一(もと)あるのみ。其の礒に螺子(にし)海松(みる)あり。

(ここ)より以西(にし)濱、或る峻崛(さが)しく或る(たひら)にして、(なら)びに通道(かよひぢ)(とほ)所なり。

通道(かよひぢ)國の東の(さかい)なる手間剗(てまのせき)に通ふは四十一里一百八十歩なり。

大原郡の堺なる木垣峯(きがきのみね)に通ふは三十三里二百歩なり。

出雲郡の堺なる雜埼(ささふのさき)に通ふは四十二里三十歩なり。

嶋根郡の堺なる朝酌渡(あさくみのわたり)に通ふは四里二百六十歩なり。

(さき)(くだり)一郡は入海の南にあり。

則ち國の(ほそどの)なり

           郡司 主帳   无位       (あま) (のおみ)

无位       出雲臣(いずものおみ)

              少領 ()從七位上 勳十二等 出雲臣

              主政 外小初位上 勳十二等 (はやし) (のおみ)

              擬主政  无位       出雲臣

ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 
 出雲国風土記の入門書『解説出雲国風土記』...写真や図形を豊富に使って分かりやすく解説しています!

コメント

人気の投稿