© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 大森神社 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 大森神社 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月21日日曜日

大原郡 山野河川海岸通道

 大原郡 山野河川海岸通道


大森神社からJR日登駅方面

莵原野(うはらぬ)郡家(ぐうけ)正東(まひがし)なり。郡家()けり

城名樋(きなひ)山。郡家正北(まきた)一里一百歩なり。所造天下大神大穴持命(あめのしたつくらししおほかみおほなもちのみこと)八十(やそ)()たむとして()を造りたまひき(かれ)城名樋と云ふ

高麻(たかさ)山。郡家正北一十里二百歩なり。高一百丈(めぐ)五里あり。北椿等(たぐひ)有り。東南西三方(なら)びに()なり古老の傳へに云へらく、神須佐能袁命(かむすさのをのみこと)御子(みこ)靑幡佐草日古命(あをはたさくさひこのみこと)()き給ひき(かれ)高麻山と云ふ。卽(みね)()すは、御魂(みたま)なり

須我(すが)山。郡家東北一十九里一百八十歩。檜・杉あり

船岡山。郡家の東北一十六里なり。阿波枳閇委奈佐比古命(あはきへわなさひこのみこと)()()ゑましし山是れなり(かれ)船岡と云ふ

御室(みむろ)山。郡家東北一十九里一百八十歩なり神須佐乃乎命(かむすさのをのみこと)御室(みむろ)らしめひて、宿(やど)らせる所なり(かれ)御室と云ふ

凡そ、(もろもろ)の山野に在る所の草木は、苦參(くらら)桔梗(ありのひふき)菩茄(むこぎ)白芷(かさもち)前胡(のぜり)獨活(うど)卑解(ところ)葛根(くずのね)細辛(みらのねぐさ)茵芋(につつじ)白前(のかがみ)決目(えびすぐさ)白歛(やまかがみ)女委(ゑみくさ)薯預(やまついも)麥門冬(やますげ)(すもも)(かへ)椿(かぢ)楊梅(やまもも)(つき)(きはだ)禽獸には則ち晨風(はやぶさ)山鷄(やまどり)(きじ)()鹿・莵・獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

斐伊川(ひのかは)。郡家正西(まにし)五十七歩なり。西れて、出雲多義(たが)に入る。年魚(あゆ)麻須(ます)あり

()(しほ)川。源意宇(おう)大原(おほはら)との二郡なる()(むら)より出でてに流れ、()(しほ)より西に流る。年魚(あゆ)少しくあり。

須我小川(すがのをがは)。源須我山より出でて西年魚(あゆ)少しくあり。

()()小川。源()()より出で、れて()(しほ)に入る。なし

幡屋(はたや)小川。源郡家東北なる(はた)()より出でてる。魚なし。(みづ)四水(よすじ)ひて、西に流れて出雲大川に入る

屋代(やしろ)小川。源郡家(ぐうけ)正北(まきた)除田野(よきだぬ)より出で、西れて斐伊()大河(のおほかわ)に入る。魚なし。

通道(かよひぢ)意宇(おう)なる木垣坂(きがきのさか)に通ふは、二十三里八十五歩なり

仁多(にた)なる辛谷村(ひのたにむら)に通ふは、二十三里一百八十二歩なり

飯石(いひし)なる斐伊河(ほとり)に通ふは五十七歩なり

出雲郡の堺なる多義(たが)に通ふは、一十一里二百二十なり

(さき)(くだり)の三は、(なら)びに山野(やまぬ)(うち)なり

       郡司 主帳 无位         勝部臣(すぐりべのおみ)

          大領 外正六位上 勳十二等 勝部臣

          少領 外從八位上      (ぬか)田部(だべ)(のおみ)

          主政 无位         日置臣(へきのおみ)

2019年8月25日日曜日

出雲国風土記 大原郡 『日原社(大森神社)』

出雲国風土記 大原郡 『日原社(大森神社)』

ご 由 緒
特別社 大森神社 御由緒
鎮座地 島根県木次町東日登一三四五番地

主祭神  素戔嗚尊 稲田姫命 大己貴尊 天日腹大科戸美大神
配祀神  市杵島命 倉稲魂命 菅原道具霊神

沿革
当社は出雲國風土記に載っている「日原社」で有ることが定説と為っており雲陽誌には「大森大明神」と記されている

此処は素戔嗚尊が八岐大蛇を退治され稲田姫を救い 須賀の地(大東町須賀)に赴かれる途中 この大森の地下暫し宿られ 御大婚の諸要事を準備された処と伝えられている 其の後大己貴尊が御大婚に関わる業また妖賊退治に関わる遺業を継承されし処と云われている

当社社殿が参道正面より横向きに鎮座なされているのは 社殿正面を横切るのは畏れ多く不敬であるとされ因って安泰を願い横向きに鎮座為されたと伝えられている。

また当大森神社(日原社)旧跡地付近より銅鐸及び土器等が出土 なかでもこの銅鐸は 弥生時代中期前半頃のものと推察され Ⅱ式の「外縁付鈕式」の四区小型袈沙文銅鐸」で 同型の銅鐸は荒神谷遺跡・賀茂岩倉遺跡からも出土しているこの銅鐸は「伝木次銅鐸」として現在京都物館に保存されている

境内社 事比羅神社 若宮神社 鷲神社 八坂神社 社日神 枳佐加比社 牛荒神社

例大祭日 毎年十月二十三日
『大森神社御由緒』より


御 祭 神
素戔嗚尊 稲田姫命 大己貴尊 天日腹大科戸美大神
配  祀
市杵島命 倉稲魂命 菅原道具霊神


大森神社-本殿
本殿
大森神社-本殿
本殿裏側
大森神社-拝殿
拝殿
大森神社-拝殿の扁額
拝殿の扁額
大森神社-境内社(枳佐加比社)
境内社 枳佐加比社
大森神社-境内社の扁額
枳佐加比社の扁額
大森神社-境内社
境内社 (右から)鷲社・事比羅社・若宮社・八坂社
大森神社-社日碑
社日碑
大森神社-狛犬
境内狛犬
大森神社-狛犬
境内狛犬
大森神社-狛犬
参道狛犬
大森神社-狛犬
参道狛犬
大森神社-鳥居
鳥居
大森神社-御由緒
御由緒
大森神社-参道
参道
大森神社-参道
参道
大森神社-鳥居の扁額
鳥居扁額
大森神社-道路からの階段
飯石ふれあい農道からの階段
大森神社-社号標
社号標
大森神社-前景
前景
大森神社-何かの跡
何かの跡
大森神社-神社前からの風景
神社前からの風景
大森神社-伊能忠敬測量地の記念碑
伊能忠敬測量地の記念碑


地図

問い合せ
住 所
島根県雲南市木次町東日登1345
電 話
--
ホームページ
--
メールアドレス
--
ご朱印
有無は不明
駐 車 場
飯石ふれあい農道沿いの階段のそばに広い場所があります。そこから100mほど南に行くと上に上がれる道路がありますが、駐車場は上にはありません。

出雲国風土記 島根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...