© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 富田八幡宮 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 富田八幡宮 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年6月21日日曜日

意宇郡 山野河川海岸通道

意宇郡 山野河川海岸通道


嫁が島

長江山。郡家ぐうけ東南五十里なり。水精すゐしやうあり

暑垣(あつがき)山。郡家の正東(まひがし)二十里八十歩なり。(とぶひ)あり

高野(たかぬ)山。郡家の正東一十九里なり。

熊野(くまぬ)山。郡家の正南(まみなみ)一十八里なり。()(まゆみ)あり。謂はゆる熊野大神の坐す。

久多美(くたみ)山。郡家の西南二十三里なり。

玉作山。郡家の西南二十二里なり。社あり。

神名樋野(かむなびぬ)。郡家の西北三里一百二十九歩なり。高さ八十丈、(めぐ)六里三十二歩あり。東に松あり、三方は並びに()あり

凡そ、(もろもろ)山野に在る所の草木は、麥門冬(やますげ)獨活(うど)石斛(いはぐすり)前胡(のぜり)高梁薑(こうらはじかみ)連翹(いたちぐさ)黃精(おほゑみ)百部根(ほとづら)貫衆(おにわらび)白朮(をけら)薯預(やまついも)苦參(くらら)細辛(みらのねぐさ)商陸(いをすき)高本(さはそらし)玄參(おしくさ)五味子(さねかづら)黃芩(ひひらぎ)葛根(くずのね)牡丹(ふかみぐさ)藍漆(やまあゐ)(わらび)・藤・(すもも)・檜・杉 字或いは椙に作る。赤桐(あかぎり) 字或いは梧に作る。白桐(きり)(くすのき)(しひ)海榴(つばき) 字或いは椿に作る。楊梅(やまもも)・松・(かへ) 字或いは(かへ)に作る。・(きはだ)(つき)。禽獸には則ち、(わし)晨風(はやぶさ) 字或いは隼に作る。・山雞(やまどり)・鳩・(うずら)(ひばり) 作。・鴟鴞(づく) 橫到に作る惡鳥なり。・熊・狼・猪・鹿・兎・狐・飛鼯(むささび) 字或いは(けものへん)(らい)に作る、蝠に作る。獼猴(さる)(やから)あり(いと)繁多(さは)にして、(しる)すべからず。

伯太(はだ)川。源は仁多(にた)意宇(おう)と二郡の堺なる葛野(かどぬ)山より出で、流れて母理(もり)楯縫(たてぬい)安來(やすぎ)の三郷を經て入海に入る。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

山國川。源は郡家(ぐうけ)東南三十八里なる枯見(からみ)山より出で、北に流れて伯太川に入る。

飯梨(いひなし)川。源は三つあり。一水(ひとすじ)源は、仁多(にた)大原(おほはら)意宇(おう)三郡の堺なる田原より出で、一水の源は枯見(からみ)より出で、一水の源は仁多郡の玉嶺(たまみね)三つ水合ひ、北に流れて入海にはいる。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

筑陽(つきや)川。源は郡家の正東(まひがし)一十里一百歩なる(をぎ)山より出で、北に流れて入海に入る。年魚あり。

意宇(おう)川。源は郡家の正南(まみなみ)一十八里なる熊野(くまぬ)山よりいでて北に流れ、(ひむがし)折れ、流れて入海に入る。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

野代(ぬしろ)川。源は郡家(ぐうけ)西南一十八里なる須我(すが)山より出で、北に流れて入海に入る。

玉作(たまつくり)川。源は郡家の正西(まにし)一十九里なる阿志(あし)山より出で、北に流れて入海に入る。年魚あり。

來待(きまち)川。源は郡家の正西二十八里なる和奈佐(わなさ)山より出で、西に流れて山田村に至り、更に折れて北に流れて入海に入る。 年魚あり。

宍道(ししぢ)川。源は郡家の正西三十八里なる幡屋(はたや)山より出で、北に流れて入海に入る。魚なし。

津間拔(つまぬき)(のいけ)(めぐ)二里四十歩あり。(たかべ)鴨・鮒・(たで)あり

眞名猪(まなゐ)池。周り一里あり。北は入海なり。

門江(かどえ)濱。伯耆と出雲との二國の堺なり。東より西に行く。

子嶋。(ことごと)(いそ)なり。

(あは)嶋。椎・松・多年木(あはぎ)宇竹(うだけ)眞前(まさき)等の草木あり。

砥神(とかみ)嶋。(めぐ)三里一百八十歩。高さ六十丈あり。椎・松・(みらのねぐさ)薺頭蒿(おはぎ)都波(つは)師太(しだ)等の草木あり。

加茂(かも)嶋。(ことごと)(いそ)なり。

()嶋。椿・比佐木(ひさぎ)多年木(あはぎ)(わらび)薺頭蒿(おはぎ)あり。

鹽楯(しほたて)嶋。蓼螺子(たでにし)水蓼(みづたで)あり

野代(ぬしろ)海の中に蚊嶋(かしま)あり。周り六十歩あり。中央(まなか)涅土(くろつち)にして、四方は(なら)びに(いそ)なり中央(まなか)手掬(たづか)(ばか)りの木一(もと)あるのみ。其の礒に螺子(にし)海松(みる)あり。

(ここ)より以西(にし)濱、或る峻崛(さが)しく或る(たひら)にして、(なら)びに通道(かよひぢ)(とほ)所なり。

通道(かよひぢ)國の東の(さかい)なる手間剗(てまのせき)に通ふは四十一里一百八十歩なり。

大原郡の堺なる木垣峯(きがきのみね)に通ふは三十三里二百歩なり。

出雲郡の堺なる雜埼(ささふのさき)に通ふは四十二里三十歩なり。

嶋根郡の堺なる朝酌渡(あさくみのわたり)に通ふは四里二百六十歩なり。

(さき)(くだり)一郡は入海の南にあり。

則ち國の(ほそどの)なり

           郡司 主帳   无位       (あま) (のおみ)

无位       出雲臣(いずものおみ)

              少領 ()從七位上 勳十二等 出雲臣

              主政 外小初位上 勳十二等 (はやし) (のおみ)

              擬主政  无位       出雲臣

ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 
 出雲国風土記の入門書『解説出雲国風土記』...写真や図形を豊富に使って分かりやすく解説しています!

2019年8月19日月曜日

出雲国風土記 意宇郡 『加豆比乃社(富田八幡宮境内社勝日神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『加豆比乃社(富田八幡宮境内社勝日神社)』


ご 由 緒
富 田 八 幡 宮  とだはちまんぐう (島根県安来市広瀬町広瀬) 
総説 
当社は島根県安来市広瀬町広瀬勝日山に鎮座し、社有風致保安林共三万坪、参道は苔むした石畳が両脇の杉、欅の大樹に覆われ、神秘的な森厳さが保たれており、パワースポットと呼ばれています。社殿の構成については、精細かつ巧緻であり、近辺のお社にはそれを比較するものはありません。本殿、中殿(幣殿)、拝殿、神饌所、楼門、随神門、末社、手水舎、社務所などを備えています。

祭神 
主祭神 応神天皇(誉田別尊) 
配祀神 天照大神 神功皇后 仁徳天皇

神紋 
三つ巴

祭日 
例祭 十月十五日 春祭 四月十五日 新嘗祭 十一月二十三日 


有形文化財 島根具指定 昭和五十年八月十二日
本殿 (流れ造) 山陰地方では稀有の神社建築
中殿(切破風) 石畳造り 
拝殿(入母屋造) 十二枚通しの板張り 能楽殿の形式
能面二面(社宝)  ・面 孫次郎(女性)  ・面中将(男性) 

由緒概要 
欽明天皇三十一年(五六〇)に創立。当初は富田月山に鎮座。保元年間(一一五六~一一五九)に平家の武将悪七兵衛景清(藤原景清)が富田の城郭を築くにあたり、月山頂上の勝日高守神社は城内鎮守とし、それまで山麓の里宮勝日神社(延喜式内社)と共に霊地を求め現在の地に奉遷しました。(奉遷の際の話は「景清の矢中松」と言われ、境内の旧跡の一つとして、今なお保存されています。) 
 その後歴代の国主、藩主は領内の大氏神として崇敬し、神領の寄進、社殿の造営、境内の整備等奉仕しました。明治維新後、明治五年に郷社に列せられ、昭和二年九月九日には県社に昇列しました。(県社昇列は島根県下の八幡宮としては最初でした。) 第二次世界大戦後は当社も一宗教法人として再発足いたしましたが、神威は変わることなく、昭和五十年七月一日には島根県神社庁から特別神社の指定を受け、今日に至っています。 

境内神社
勝日神社(延喜式内社) 祭神・大己貴命 祭日・四月十五日 
古くは月山頂上の勝日高守神社の里宮として山腹に鎮座。

須賀神社(旧社号祇園社) 祭神・須佐之男命 祭日・七月十九日、二十日、二十一日 
古来悪疫除去の神として信仰され、祭典は盛大を極め、神輿渡御、提灯行列は特に有名。島根の三大夏祭りの一つ。 

武内神社(出雲武内大神) 祭神・武内宿禰 祭日・八月三十一日、九月一日 
出雲国内同名神社の本社といわれ、開運延寿の神様。疫神の火祭り等で多くの参拝者。

蛭子(えびす)神社(旧社号恵比須神社) 祭日・四月六日恵比須市が立つ。 
酒解(さかとき)神社 大社(おおやしろ)神社 稲荷神社(開運稲荷・博労稲荷) 
『富田八幡宮御由緒書』より


御 祭 神
応神天皇(誉田別尊) 
配  祀
天照大神 神功皇后 仁徳天皇

富田八幡宮-本殿
本殿
富田八幡宮-本殿
本殿
富田八幡宮-本殿と拝殿
本殿と拝殿
富田八幡宮-拝殿
拝殿
富田八幡宮-県道45号線の社号標
県道45号線の社号標
富田八幡宮-扁額
扁額
富田八幡宮-県道45号線の鳥居
県道45号線の鳥居
富田八幡宮-鳥居の扁額
鳥居の扁額
富田八幡宮-階段下鳥居
階段下鳥居
富田八幡宮-参道階段
参道階段
富田八幡宮-参道
参道
富田八幡宮-手水舎
手水舎
富田八幡宮-隋神門
隋神門
富田八幡宮-楼門
楼門
富田八幡宮-狛犬
狛犬
富田八幡宮-狛犬
狛犬
富田八幡宮-取り替えられた狛犬(?)
取り替えられた狛犬(?)
富田八幡宮-石碑
何かの石碑
富田八幡宮-荒神社(?)
荒神社(?)
富田八幡宮-境内社 稲荷神社
境内社 稲荷神社(開運稲荷・博労稲荷)

境内社 勝日神社「加豆比乃社」
富田八幡宮-境内社 勝日神社
 勝日神社
富田八幡宮-境内社 勝日神社 扁額
 扁額
富田八幡宮-勝日神社 狛犬
 狛犬
富田八幡宮-勝日神社 狛犬
 狛犬
『出雲国風土記』で「加豆比乃社」に比定される。
主祭神は大己貴命で、相殿に須佐之男神稲田姫神を祀る。

富田八幡宮-境内社 蛭子神社
境内社 蛭子神社
富田八幡宮-境内社 酒解神社
境内社 酒解神社
富田八幡宮-境内社 酒解神社 狛犬
酒解神社 狛犬
富田八幡宮-境内社 酒解神社 狛犬
酒解神社 狛犬


富田八幡宮-境内社 武内神社
境内社 武内神社(武内宿禰)
富田八幡宮-境内社 武内神社 扁額
武内神社 扁額
富田八幡宮-境内社
境内社
富田八幡宮-境内社 大社神社
境内社 大社神社
富田八幡宮-境内社 大社神社 狛犬
大社神社 狛犬
富田八幡宮-境内社 大社神社 狛犬
大社神社 狛犬
富田八幡宮-参道の境内社
参道の境内社
富田八幡宮-神社前(駐車場)
神社前(駐車場)
富田八幡宮-境内社 須賀神社 本殿と拝殿 
境内社 須賀神社 本殿と拝殿
富田八幡宮-境内社 須賀神社 拝殿
須賀神社 拝殿
富田八幡宮-境内社 須賀神社 扁額
須賀神社 扁額
富田八幡宮-境内社 須賀神社 参道階段
須賀神社 参道階段
富田八幡宮-境内社 須賀神社 狛犬
須賀神社 狛犬
富田八幡宮-境内社 須賀神社 狛犬
須賀神社 狛犬
富田八幡宮-境内社 須賀神社 鳥居
須賀神社 鳥居
富田八幡宮-境内社 須賀神社 手水
須賀神社 手水
富田八幡宮-景清の矢中松
景清の矢中松 富田城は、保元平治(一一五六~七一五九)の頃、平家の侍大将悪七兵衛藤原景清が築城したと伝えられている。
築城の際、山腹の八幡社を移し奉る場所を定めかね、暗夜に山上より矢を放ち、達した場所に定めんとしたところこの松に当ったという。
富田八幡宮-景清の矢中松
景清の矢中松

地図

問い合せ
住 所
島根県安来市 広瀬町広瀬86-14
電 話
0854-32-2654(富田八幡宮社務所)
ホームページ
--
メールアドレス
--
ご朱印
有無は不明
駐 車 場
神社前に広い駐車場があります。

出雲国風土記 島根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...