スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(島根県)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 楯縫郡 『葦原社・又葦原社(葦原神社)』

出雲国風土記 楯縫郡 『葦原社・又葦原社(葦原神社)』 御 由 緒 『 神社検索(島根) 』によると、 永禄九年(1566)丙寅、式内社又熊野社に高内弾正葦原社を併社する。同年九月七日、「大倉之丞久吉」により移転、遷宮を行う。 ※ 出雲国風土記には、葦原社・又葦原社・又葦原社・葦原社と4社が記載されている。 ※ 御祭神の葦原醜男命の「醜」の語意は「鬼のように強い」という意味で、 「葦原」は現実の人間の住む地上の世界」という意味で強く勇猛な男の神のことを表したもので大国主神の別名である。 古事記上の大国主神の事績の条に大国主の神は五つの御名があるがその内の別名が「葦原の色許男の神であると記されている。 御 祭 神 葦原醜男命(大国主神・大穴持命の別名) 本 殿 本 殿 拝 殿 葦原神社 扁額 神拝詞 狛 犬 狛 犬 境内社:石上神社 御井神・ 伊弉冊命・事解男命・速玉男命 石祠とお願い石 古来より、この石を左、右、左手の順に、撫でて、お願い事を唱えると叶うと云う。 詳忠碑 参道階段 鳥 居 地 図 問い合せ 住 所 島根県出雲市西郷町137 電 話 0853-63-2102 ホームページ -- メールアドレス -- 駐 車 場 出雲方面から国道431号線を平田方面に向かい、県道275号線との本田橋交差点を左折して1.5km程進んだ交差点を右折すると右手に鳥居が見えます。 車は神社の鳥居の横に止められます。

出雲国風土記 秋鹿郡 『秋鹿社(秋鹿神社)』

出雲国風土記 秋鹿郡 『秋鹿社(秋鹿神社)』 御 由 緒 由緒記 鎮座地 松江市秋鹿町二八五三番地 祭神:秋鹿日女命 境内地 七五三坪 創立年紀は不詳であるが、風土記所載の古社であり、 記に依れば、秋鹿と名つくる所以は、郡家の正北に秋鹿日女命 坐す故に秋鹿と云ふ。依って該社再興或いは修復等の節には、郡中より 現米七俵 を寄附する例あり。然るに、寛保三年度より、其例絶ん、明治五年三月、村社に列せられる。秋鹿日女命は、天勅を蒙り、大己貴命の火傷を治療給はん為に此國に降り給ひて、其任を果し給ひ、御功 績甚だ顕著であり、此の御功績ぞ即ち、大己貴命の遂に天下蒼生の為、大に利養厚生の道を開き給へし一の原動力と成れり。此の御縁由に依って永く此地に鎮座し給ふなり。 合殿:御井神社 祭神:罔象女命 延喜式内の社なりと雖ども、中古衰頽して秋鹿神社に合祭す。其年紀不詳、今の秋鹿社より南方距離九十米、旧跡猶在り、森有 現在民有地、其中に神井三ツ有、古老の伝説に曰く、「井上の山の端 に平地有り、此所に社有りしに、衰頽せしにより秋鹿社に合祭す。」 と云ふ。三の井は、近年迄近隣住民の飲料とす。又、中古より、社号を、秋鹿姫二所大明神と称するは、罔象女命と秋鹿日女命と坐す、所以なり。 合殿:八幡宮 祭神:譽田別命   八幡宮は、往古、秋鹿川の河畔に鎮座なりしが、某年、洪水の為、社地流亡したるを以て当社に合し奉れり。其年代不詳と雖ども、秋鹿神社 貞享三年の棟札に依れば、或いは此年ならん。 御 祭 神 秋鹿日女命 合    祀 罔象女命  譽田別命 本 殿 拝 殿 境 内 秋鹿神社 扁額 御井神社 扁額 八幡宮 扁額 境内社 境内社 境内社 隋神門 秋鹿神社 由緒 鳥 居 地 図 問い合せ 住 所 島根県松江市秋鹿2853 電 話 -- ホームページ -- メールアドレス -- 駐 車 場 一畑電鉄の秋鹿町駅から北に2kmの場所にあります。 境内まで上がる道はありますが、普通車だと少しきついかも...鳥居の横に少

出雲国風土記 出雲郡 『伊奈佐乃社(因佐神社)』

出雲国風土記 出雲郡 『伊奈佐乃社(因佐神社)』 御 由 緒 出雲大社摂社 因佐神社 御祭神  建御雷神 由緒 大國主大神の ” 国譲り „ に際して、天津神の御使として大國主大神の許においでになり稲佐の浜に於いて交渉に当られた神です。 祭日 一月十三日 五月十三日  九月十三日 十月二十五日 因佐神社 社殿 因佐神社 社殿 因佐神社 社殿 因佐神社 御由緒 鳥居の扁額 鳥 居 出雲国風土記登場地 標柱 地図 問い合せ 住 所 島根県出雲市大社町杵築北3008 電 話 0853-53-3100 ホームページ 出雲大社 メールアドレス 出雲大社問い合わせフォーム 駐 車 場 稲佐の浜の駐車場に車を停めて、徒歩で5分(450m)くらいです。

出雲国風土記 意宇郡 『志多備社(志多備神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『志多備社(志多備神社)』 御 由 緒 主祭神 伊弉諾尊 伊弉册尊 配祀神 天照大神 月夜見命 保食命 天能利刀神 境内社 聖神社 大元神社 稲荷神社 杉森神社  本殿 本殿 拝殿 境内 境内社 境内社 狛犬 狛犬 鳥居 扁額 社号標 参道 参道脇にあるシイの木 志多備神社の日本一のスダジイ 村指定天然記念物 スダジイ(二本)  このスダジィは、桑並地区を守る総荒神の宿る神木です。 胸高周囲十一・四メートル、樹高約二十メートルで、樹幹は地上三メートルにあたりで九本に分かれ(一本は枯れている)四方に枝葉を広げています。 枝張りは、東西約二十メートル、南北約三十三メートルで、樹齢は確かでなく推定数百年と言われている日本一のシイの巨木です。 志田備神社参道傍にあるスダジィは、胸高周囲六メートル、樹高約十八メートル、枝張りは東西約十七メートル、南北約十九メートルです。 神社の周囲一帯は、スダジィの森になっており、学術上でも貴重な存在として残っています。  八雲村教育委員会 地図 問い合せ 住 所 島根県松江市八雲町西岩坂1589 電 話 -- ホームページ -- メールアドレス -- 駐 車 場 県道53号線沿いの八雲公民館のT字路を南に2km程下ると高架があり、さらに200m程で左手に鳥居が見えます。 桑並ポケットパークに車を停めて、徒歩で150mくらいで神社に着きます。

出雲国風土記 意宇郡 『毛彌乃社(毛社神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『毛彌乃社(毛社神社)』 御 由 緒 毛社神社 出雲風土記 毛彌乃社 御祭神 国常立尊 国狭槌尊 天穂日尊 境内末社 八社 祭典 一月   一日 歳旦祭 二月   三日 節分祭 (受付による) 四月  十五日 祈年祭 (種祭) 六月   五日 御田植祭(節句) 六月  三十日 大祓祭 (輪越祭) 十月  十五日 例大祭 (秋祭) 十二月  十日 新嘗祭 湯立祭 (釜祓) 十二月三十一日 大祓祭 (毛社神社『社頭掲示板』より) 御 祭 神 国常立尊・国狭槌尊 合 祀 天穂日尊 本殿 本殿 本殿 拝殿 境内 歳徳神 境内社:不明 境内社:鹽竈神社 御祭神:伊邪那美命 境内社:鷺神社 御祭神:伊那背波岐命 境内社:稲荷神社 御祭神:稲倉魂命 境内社:比婆山神社 御祭神:伊弉那美命 境内社:笠柄神社 境内社:穀木神社 御祭神:天日高命 境内社:木山神社 御祭神:素戔嗚尊 御神木 荒神 社日碑(?) 扁額 狛犬 狛犬 狛犬 狛犬 手水舎 隋神門 神社入口の鳥居 もう一つの鳥居 社頭案内板 社号標 地図 問い合せ 住 所 島根県松江市八雲町東岩坂352 電 話 -- ホームページ -ー メールアドレス -- 駐 車 場 松江方面から国道432号線を南下し、県道53号線との交差点を左折して、 100mほど進んだ交差点を右折し、さらに100mほど進むと消防本部の手前右側にあります。 神社の右側に4~5台停められるトイレの併設された駐車場があります。