/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』

御 由 緒
式内 来待神社(三社大明神)               
      
* 神座から見て
御祭神 大物主命(中ノ社)
    事代主命(左ノ社)
    五十猛命(右ノ社)
祭日           
    例祭    十月二十八日
    祈年祭 二月吉日
    新嘗祭 十一月
由緒・沿革
 当社は出雲国風土記(七三三年)に載る支麻知ノ社で、延喜式神名帳(九二七年)には来待神社と見えている。
 本殿が三棟あり、しかもそれらが渡廊(わたりろう) で繋がっているところから三社大明神とも称された。
 社伝によると、足利義光時代火災にかかって、旧記、古文書は大半消失したが、その後二百年を経て、天正の頃地頭犬山尚吉の信仰により社頭の復興を計ったようである。
 爾来京極氏、松平氏いずれも大森大明神御供田として、高三石を寄進し、明治維新まで連続していた。明治四年郷社に列せられ今日に至る。
(『来待神社 案内板』より)

御 祭 神
大物主櫛三瓶玉命(中ノ社)・積羽八重言代主命(左ノ社)・五十猛命(右ノ社)
配  祀
月夜見命(世那加神社)
合  殿
天照大神(向津神社)・応神天皇(中垣八幡宮)・ 広国押建金日命(金箸神社)・八尋鉾長依彦神(屋風呂神社)・和奈佐比古命(和奈佐神社)

中ノ社
中ノ社
右ノ社
左ノ社
境内社と社日碑
境内社
境内社
境内社
荒神社
手水
扁額(来待神社)
扁額(三社大明神)
旧扁額(?)
鳥居
外観
来待神社 案内板
参道
社号標
神社前の狛犬
神社前の狛犬


隋神門前の狛犬
隋神門前の狛犬
狛犬
狛犬
狛犬
隋神門
出雲国風土記登場地標柱 支麻知社

地図

問い合せ
住 所
島根県松江市宍道町上来待242
電 話
0852-66-0647
ホームページ
ーー
メールアドレス
ーー
駐 車 場
国道9号線から東来待交差点を県道267号線を2.5kmほど南下し、
大森の湯の手前を右折すると200mほどで右手に参道の階段が見えます。
階段の横に停まってる車がありましたが、未確認ですがそこは境内に上がる道だと思われます。
手前の路側帯に路駐して、同乗者に残ってもらい参拝しました。

コメント

人気の投稿