スキップしてメイン コンテンツに移動

出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』

御 由 緒
式内 来待神社(三社大明神)               
      
* 神座から見て
御祭神 大物主命(中ノ社)
    事代主命(左ノ社)
    五十猛命(右ノ社)
祭日           
    例祭    十月二十八日
    祈年祭 二月吉日
    新嘗祭 十一月
由緒・沿革
 当社は出雲国風土記(七三三年)に載る支麻知ノ社で、延喜式神名帳(九二七年)には来待神社と見えている。
 本殿が三棟あり、しかもそれらが渡廊(わたりろう) で繋がっているところから三社大明神とも称された。
 社伝によると、足利義光時代火災にかかって、旧記、古文書は大半消失したが、その後二百年を経て、天正の頃地頭犬山尚吉の信仰により社頭の復興を計ったようである。
 爾来京極氏、松平氏いずれも大森大明神御供田として、高三石を寄進し、明治維新まで連続していた。明治四年郷社に列せられ今日に至る。
(『来待神社 案内板』より)

御 祭 神
大物主櫛三瓶玉命(中ノ社)・積羽八重言代主命(左ノ社)・五十猛命(右ノ社)
配  祀
月夜見命(世那加神社)
合  殿
天照大神(向津神社)・応神天皇(中垣八幡宮)・ 広国押建金日命(金箸神社)・八尋鉾長依彦神(屋風呂神社)・和奈佐比古命(和奈佐神社)

中ノ社
中ノ社
右ノ社
左ノ社
境内社と社日碑
境内社
境内社
境内社
荒神社
手水
扁額(来待神社)
扁額(三社大明神)
旧扁額(?)
鳥居
外観
来待神社 案内板
参道
社号標
神社前の狛犬
神社前の狛犬


隋神門前の狛犬
隋神門前の狛犬
狛犬
狛犬
狛犬
隋神門
出雲国風土記登場地標柱 支麻知社

地図

問い合せ
住 所
島根県松江市宍道町上来待242
電 話
0852-66-0647
ホームページ
ーー
メールアドレス
ーー
駐 車 場
国道9号線から東来待交差点を県道267号線を2.5kmほど南下し、
大森の湯の手前を右折すると200mほどで右手に参道の階段が見えます。
階段の横に停まってる車がありましたが、未確認ですがそこは境内に上がる道だと思われます。
手前の路側帯に路駐して、同乗者に残ってもらい参拝しました。

コメント

このブログの人気の投稿

ちょっと寄り道...宍道神社巡拝スタンプラリー 『金山八幡宮』

ちょっと寄り道...宍道神社巡拝スタンプラリー 『金山八幡宮』 御 由 緒 金山要害山城跡にあったが終戦後麓におろし信仰する。宍道政慶の氏神にして崇敬他に異なりしという宍道氏の城跡に安置する。その後、部落の氏神とする。 『 宍道神社スタンプラリー 説明書』より 御 祭 神 誉田別命(応神天皇) 拝 殿 拝  殿 本 殿 鳥 居 狛 犬 狛 犬 灯 籠 手 水 入 口 入口から少し上ったところにある踏切です。 電車が通過するのは1時間に1本位でしょうが、気を付けて渡ってください。 参 道 参 道 参 道 金 山 要 害 山 金山要害山の案内板 金山要害山は北側(宍道湖側)を正面とする山城で、海拔百四十四mの頂上には、詰成と呼ぶ本丸址が広がっている。この城は出雲守護京極高氏の孫、秀益が城を築いて宍道八郎と号した応仁年間(1467~1469)から天正年間(1573~1592)までの約百三十年の間 この地方で勢力を誇った宍道氏の本拠地であったことは間違いないであろう。詰成(山頂)からは宍道湖、北山が一望でき、眼下には支城といわれる宍道要害山、佐々布要害山が見とおせる。また、のちに宍道氏が移り住んだ鳶ヶ巣城は遙か北西に位置し ている。山麓には城主道氏が常住したと伝える御居出成があるが、他にも二ノ成、茶臼成、出張成、天狗成、長成など、四十八の成が要害山にあるといわれる。 昭和六十三年三月 穴道町教育委員会 地 図 問い合せ 住 所 島根県松江市宍道町白石2279 電 話 0852-66-1825( 氷川神社社務所 ) ホームページ 金山八幡宮  ( 宍道 神社巡拝 ) メールアドレス yokoya1961@yahoo.co.jp ( 氷川神社社務所 ) 駐 車 場 木次線沿いに少し広くなった場所があります。上の写真のところに同乗者を残して参拝しました。

意宇郡 郷里驛家

意宇郡 郷里驛家 出雲国庁付近から眺める茶臼山 意 ( お ) 宇 ( う ) 郡 ( のこほり ) 。  合はせて 郷 ( さと ) 十一。 里 ( こざと ) 三十三 。 餘戸 ( あまりべ ) 一。  驛家 ( うまや ) 三。  神 ( かむ ) 戸 ( べ ) 三。 里六   母 ( も ) 里 ( り ) 郷 ( のさと )  本の字は 文里 ( もり ) 。   屋 ( や ) 代 ( しろ ) 郷 ( のさと )  本の字は 社 ( やしろ ) 。   楯 ( たて ) 縫 ( ぬひ ) 郷 ( のさと )  今も 前 ( さき ) に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   安 ( やす ) 來 ( ぎ ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   山 ( やま ) 國 ( くに ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   飯 ( いひ ) 梨 ( なし ) 郷 ( のさと )  本の字は 云 ( いひ ) 成 ( なし )   舍 ( と ) 人 ( ね ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。 大 ( さ ) 草 ( くさ ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   山 ( やま ) 代 ( しろ ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。   拜 ( はや ) 志 ( し ) 郷 ( のさと )  本の字は林   宍 ( しし ) 道 ( ぢ ) 郷 ( のさと )  今も前に 依 ( よ ) り て 用 ゐる 。    以上一十一、 郷 ( さと ) 別 ( ごと ) に 里 ( こざと ) 三。   餘 ( あま ) 戸里 ( りべのさと )   野城驛家 ( ぬきのうまや )   黒田驛家 ( くろだのうまや ) 宍道驛家 ( ししぢのうまや )   出雲 ( いずも ) 神 ( のかむ ) 戸 ( べ )   賀茂 ( かも ) 神戸 ( のかむべ )   忌部 ( いむべ ) 神戸 ( のかむべ ) 意宇 ( おう ) と 號 ( な

出雲国風土記 神門郡 『波須波社(波須波神社)』

出雲国風土記 神門郡 『波須波社(波須波神社)』 ご 由 緒 波須波神社之由来 御祭神 意富斗能地神     大斗乃辯神  二柱 此御祭神は古事記依れば神代七代の 五代目に当り国造りなされた神であり 此神をお祭りした神社は全国で この波須波神社のみと云ふ極めて由緒ある神社で あります。出雲風土記に依れば応神年間 約一五五〇年前宮之部鍬𠮷に御鎮座 往年は田中大明神と称し現在地には 元龜三年十月廿九日再建され以来 延宝二年と安永五年に本毀再建遷宮 今回昭和五十六年に二〇五年振り四回目の 遷宮が行われ其間屋根茸替は昭和 二十八年までに十回を数えます。 昭和五十六年辛酉年秋吉日 以上 『神社境内説明板』より 御 祭 神 意富斗能地神(おうとのぢのかみ) 大斗乃辯神(おうとのべのかみ) 本殿 本殿 拝殿 拝殿と本殿 境内社 稲荷社 拝殿の扁額 御由緒 参道階段の途中にある倉庫(?) 狛犬 狛犬 鳥居の扁額 社号標 参道階段 階段の鳥居 地図 問い合せ 住 所 島根県出雲市佐田町下橋波172 電 話 -- ホームページ -- メールアドレス -- ご朱印 有無は不明 駐 車 場 国道184号線沿いに下橋波簡易郵便局があり、そこを70mほど北に向かっていくと、右に入る道があります。そこからさらに70m程行くと宮の部公民館があり、前の道路が少し広くなっていてそこに同乗者を残して参拝しました。後になって宮の部公民館の駐車場に停めさせてもらえば良かったかなと思いました。境内や参道など草ぼうぼうで手入れをされていないようだったのが少し残念でした。