スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(大物主命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』 御 由 緒 式内 来待神社(三社大明神)                       * 神座から見て 御祭神 大物主命(中ノ社)     事代主命(左ノ社)     五十猛命(右ノ社) 祭日                例祭    十月二十八日     祈年祭 二月吉日     新嘗祭 十一月 由緒・沿革  当社は出雲国風土記(七三三年)に載る支麻知ノ社で、延喜式神名帳(九二七年)には来待神社と見えている。  本殿が三棟あり、しかもそれらが渡廊(わたりろう) で繋がっているところから三社大明神とも称された。  社伝によると、足利義光時代火災にかかって、旧記、古文書は大半消失したが、その後二百年を経て、天正の頃地頭犬山尚吉の信仰により社頭の復興を計ったようである。  爾来京極氏、松平氏いずれも大森大明神御供田として、高三石を寄進し、明治維新まで連続していた。明治四年郷社に列せられ今日に至る。 (『 来待神社 案内板』より) 御 祭 神 大物主櫛三瓶玉命(中ノ社)・積羽八重言代主命(左ノ社)・五十猛命(右ノ社) 配  祀 月夜見命(世那加神社) 合  殿 天照大神(向津神社)・応神天皇(中垣八幡宮)・ 広国押建金日命(金箸神社)・八尋鉾長依彦神(屋風呂神社)・和奈佐比古命(和奈佐神社) 中ノ社 中ノ社 右ノ社 左ノ社 境内社と社日碑 境内社 境内社 境内社 荒神社 手水 扁額(来待神社) 扁額(三社大明神) 旧扁額(?) 鳥居 外観 来待神社 案内板 参道 社号標 神社前の狛犬 神社前の狛犬 隋神門前の狛犬 隋神門前の狛犬