スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(事代主命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 嶋根郡 『横田社(横田神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『横田社(横田神社)』 御 由 緒 出雲国風土記で『横田社』に比定される。以前は、横田山の西の横田谷にあったといわれる。 主祭神として大己貴命を、合殿に事代主命を祀る。 ※ 下宇部尾にある同じく大己貴命を祀る『横田神社』を『横田社』とする説もある。 御 祭 神 大己貴命 合  殿 事代主命 本殿 本殿 拝殿 拝殿 狛犬 狛犬 隋神門 鳥居 手水 社務所 境内社:若宮宮・八幡宮・疱瘡神社 境内社:彰徳社 石祠 何かしらの石 ご神木 貴布祢大明神 石碑 御嶽神社 石碑 御歳徳大膳神尊天王 石碑 地図 問い合せ 住 所 島根県松江市美保関町森山277 電 話 0852-34-0153 ホームページ ーー メールアドレス ーー 駐 車 場 美保関方面より国道431号線を西に向かい、森山郵便局から500m進むと森山入口バス停があり、その先を左折して100m程の所にあります。 駐車場は神社の手前に1台分程のスペースがありますが、神社の駐車場なのかは不明です。

出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『支麻知社(来待神社)』 御 由 緒 式内 来待神社(三社大明神)                       * 神座から見て 御祭神 大物主命(中ノ社)     事代主命(左ノ社)     五十猛命(右ノ社) 祭日                例祭    十月二十八日     祈年祭 二月吉日     新嘗祭 十一月 由緒・沿革  当社は出雲国風土記(七三三年)に載る支麻知ノ社で、延喜式神名帳(九二七年)には来待神社と見えている。  本殿が三棟あり、しかもそれらが渡廊(わたりろう) で繋がっているところから三社大明神とも称された。  社伝によると、足利義光時代火災にかかって、旧記、古文書は大半消失したが、その後二百年を経て、天正の頃地頭犬山尚吉の信仰により社頭の復興を計ったようである。  爾来京極氏、松平氏いずれも大森大明神御供田として、高三石を寄進し、明治維新まで連続していた。明治四年郷社に列せられ今日に至る。 (『 来待神社 案内板』より) 御 祭 神 大物主櫛三瓶玉命(中ノ社)・積羽八重言代主命(左ノ社)・五十猛命(右ノ社) 配  祀 月夜見命(世那加神社) 合  殿 天照大神(向津神社)・応神天皇(中垣八幡宮)・ 広国押建金日命(金箸神社)・八尋鉾長依彦神(屋風呂神社)・和奈佐比古命(和奈佐神社) 中ノ社 中ノ社 右ノ社 左ノ社 境内社と社日碑 境内社 境内社 境内社 荒神社 手水 扁額(来待神社) 扁額(三社大明神) 旧扁額(?) 鳥居 外観 来待神社 案内板 参道 社号標 神社前の狛犬 神社前の狛犬 隋神門前の狛犬 隋神門前の狛犬

出雲国風土記 大原郡 『得塩社(海潮神社)』

出雲国風土記 大原郡 『得塩社(海潮神社)』 御 由 緒 延喜式内社 元郷社 海潮神社御由緒  御祭神 宇能治比古命  ( うのちひこのみこと )  当社の創立年代は、遼遠にして知る事は出来ないが、延喜式制に神祇官社に登録 され、国幣小社に列格されている。此の事から思い図れば、延喜の式制以前の創立で あることは間違いなく、千数百年以前と想像される。 よって、明治三十三年十一月氏子中 相図り千年祭を斎行し、碑文を刻み、記念碑を建立して後世に遺した。 出雲国風土記に、宇能治比古命、北の方海潮を押し上げて御祖須我弥命を漂わす。 此の海潮、此の地に至る故に此の地を得塩というとあり、命を祀り得塩社とした。 神亀三年、地名改正の令により、此の地を海潮と改められ、社名も海潮神社に改め られた。 降って、出雲式内社考あるいは雲陽誌には大森大明神と称し、天正九年十一月 造営の棟札があり、 以後17回の社殿造営の記録がある。 古来武将武門の崇敬篤く、中世の頃、此の海潮の地を領した尼子氏の重臣 牛尾弾正忠は、三笠城に拠り当社を祈願社と定め、社地社領の寄進をし、祈願神事に 用いたと伝える獅子頭を今も社蔵している。 明治維新までは、年々御札下げにて社領米の寄進があったが、王政復古を期して 廃止された。 明治五年一月新制度により郷社に列格、郡政下にあっては例大祭に郡長の参向が 続き、明治・大正・昭和の初期までは大森さんと称して親しまれ、遠近を問わず 崇敬されてきた。 創立以来千数百年、社地社殿等の移転もなく今日に至っている由緒ある神社である。 境内社 稲荷神社 恵美須社 八幡宮     高平社 社日社 総荒神社 鷺神社 三大祭  例大祭  十月二十日      祈年祭  三月二十二日      新嘗祭  十一月二十七日 平成十三年十月二十日 正遷座祭斎行記念  宮司 新田有一 識 『神社境内説明板』より 御 祭 神 宇能治比古命 合  殿 誉田別命(八幡宮) 本 殿 本 殿 拝殿と歳徳社 海潮神社 扁額 狛 犬 狛 犬 稲荷社:倉稲魂命 総荒神社 八幡宮: 誉田別尊 恵比須社: 事代主命 高平社:祭神は不詳 社日社:社日五神 鷺神社: 稲背脛命 神社境内説