ラベル ドライブ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ドライブ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年6月21日日曜日

嶋根郡 郷里驛家

嶋根郡 郷里驛家


嶋根郡(しまねのこほり)

合はせて(さと)八。(こざと)二十五。餘戸(あまりべ)驛家(うまや)

 朝酌郷(あさくみのさと) 今も(さき)に依りゐる

山口郷(やまぐちのさと) 今も前に依りゐる

手染郷(たしみのさと) 今も前に依りゐる

 

 美保郷(みほのさと) 今も前に依りゐる

 方結郷(かたえのさと) 今も前に依りゐる

 加賀郷(かかのさと) 本の字は加加(かか)

生馬郷(いくまのさと) 今も前に依りゐる

 法吉郷(ほふきのさと) 今も前に依りゐる

  以上八、郷別(さとごと)(こざと)三。

 餘戸里(あまりべのさと)

 千酌驛(ちくみのうまや)

嶋根(しまね)(なづ)くる所以(ゆゑ)は、國引き()しし八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと)()たまひて、名を(おほ)給へるなり。(かれ)、嶋根と云ふ

朝酌郷(あさくみのさと)郡家(ぐうけ)正南(まみなみ)一十里六十四歩なり。熊野大神命(くまぬのおほかみのみこと)()たまひて、朝御餼(あさみけ)勘養(かむかひ)に、夕御餼(ゆふみけ)勘養(かむかひ)に、五贄(いつにへ)()の處定め給ひき。(かれ)、朝酌と云ふ

山口郷(やまぐちのさと)。郡家の正南四里二百九十八歩なり。須佐能袁命(すさのをのみこと)の御子、都留支日子命(つるぎひこのみこと)()りたまひしく、「()()()さむ山口の處なり」と()りたまひしく。(かれ)、山口と(おほ)給ひき。

手染郷(たしみのさと)。郡家の正東(まひがし)一十里二百六十四歩なり。所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)()りたまひしく、「此の國は丁寧(たし)造らせる國なり」と()たまひて。(かれ)丁寧(たし)(おほ)給ひき。しかるに、今の人、猶誤り手染郷(たしみのさと)と謂へるのみ卽ち正倉あり。

美保(のさと)。郡家の正東二十七里一百六十四歩なり。所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)高志國(こしのくに)()せる神、意支都久辰爲(おきつくしゐのみこと)(みこ)俾都久辰爲命(へつくしゐのみこと)(みこ)奴奈宜波比賣命(ぬながはひめのみこと)(みあ)ひて()みましし神、御穗須々美命(みほすすみのみこと)、是の神()します。(かれ)美保(みほ)云ふ

方結郷(かたえのさと)郡家(ぐうけ)正東(まひがし)二十里八十歩なり。須佐能袁命(すさのをのみこと)の御子、國忍別命(くにおしわけのみこと)()りたまひしく、「()()()す地は、國形(くにかた)()し」とのりたまひき。(かれ)、方結と云ふ。

加賀郷(かかのさと)。郡家の北西二十四里一百六十歩なり。佐太大神(さだのおほかみ)()まれしし所なり。御祖(みおや)神魂命(かみむすびのみこと)の御子、支佐加比賣命(きさかひめのみこと)、「(くら)岩屋(いはや)なるかも」と()たまひて、(こがね)(ゆみ)()ちて射給ひし時に、光り加加明(かかや)けり。(かれ)加加(かか)云ふ神龜三年に、字を加賀改む

生馬郷(いくまのさと)。郡家の西北一十六里二百九歩なり。神魂命の御子、八尋鉾長依日子命(やひろほこながよりひこのみこと)()りたまひしく、「()が御子、平明(やす)らかにして(いく)まず」と()りたまひき。(かれ)、と生馬と云ふ

法吉郷(ほふきのさと)。郡家の正西一十四里二百三十歩なり。神魂命の御子、宇武賀比賣命(うむかひめのみこと)法吉鳥(ほふきどり)()りて飛び(わた)りて、此の處に靜まり坐しき。(かれ)、法吉と云ふ

餘戸里(あまりべのさと)名をこと意宇郡の如し。

千酌驛(ちくみのうまや)。郡家の東北一十七里一百八十歩なり。伊差奈枳命(いざなぎのみこと)御子、都久豆美命(つくづみのみこと)、此の處に()せり(しか)れば則ち都久豆美(つくづみ)謂ふべきを、今の人猶千酌と(なづ)くるのみ。

意宇郡 郷里驛家神戸

意宇郡 郷里驛家神戸

() () (のこほり)。 

合はせて(さと)十一。(こざと)三十三餘戸(あまりべ)一。 驛家(うまや)三。 (かむ)()三。里六

 () () (のさと) 本の字は文里(もり)

 () (しろ) (のさと) 本の字は(やしろ)

 (たて) (ぬひ) (のさと) 今も(さき)()ゐる

 (やす) () (のさと) 今も前に()ゐる

 (やま) (くに) (のさと) 今も前に()ゐる

 (いひ) (なし) (のさと) 本の字は(いひ)(なし)

 () () (のさと) 今も前に()ゐる

() (くさ) (のさと) 今も前に()ゐる

 (やま) (しろ) (のさと) 今も前に()ゐる

 (はや) () (のさと) 本の字は林

 (しし) () (のさと) 今も前に()ゐる

  以上一十一、(さと)(ごと)(こざと)三。

 (あま)戸里(りべのさと)

 野城驛家(ぬきのうまや)

 黒田驛家(くろだのうまや)

宍道驛家(ししぢのうまや)

 出雲(いずも)(のかむ)()

 賀茂(かも)神戸(のかむべ)

 忌部(いむべ)神戸(のかむべ)

意宇(おう)(なづ)くる所以(ゆゑ)は、國引き()しし八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと)()りたまひしく、「八雲立つ出雲の國は、狹布(さぬの)稚國(わかくに)なるかも初國(はつくに)(ちさ)作られ(かれ)、作り縫はな」と()たまひて、「栲衾志羅紀(たくぶすましらき)三埼(みさき)、國の(あまり)ありやと見れば、國の餘あり」()たまひて、童女(をとめ)(むね)(すき)取らして、大魚(おふを)支太(きだ)(鰓)()別けて、波多須々支(はたすすき)(幡薄)穗振(ほふ)別けて、三身(みつより)の綱打ち()けて黑葛闇耶闇耶(しもつづらくるやくるや)繰るや繰るや)に。(かわ)(ふね)毛曾呂毛曾呂(もそろもそろ)に、國來(くにこ)國來(くにこ)」と()縫へる國は、去豆(こづ)()()よりして、八穗米支豆支(やほしねきづき)御埼(みさき)なり。かくて(かた)立てし加志(かし)(杭)は石見國と出雲國との(さかひ)なる、名は佐比賣(さひめ)山、是なり。亦、持ち引ける綱は。(その)長濱、是なり。亦、「北門(きたど)佐伎(さき)の國を、國の(あまり)ありやと見れば、國の餘あり」()たまひて、童女(をとめ)(むね)(すき)取らして、大魚(おふを)支太(きだ)()き別けて、波多須々支(はたすすき)穗振(ほふ)り別けて、三身(みつより)の綱打ち()けて霜黑葛闇耶闇耶(しもつづらくるやくるや)に。(かわ)(ふね)毛曾呂毛曾呂(もそろもそろ)に、「國來(くにこ)國來(くにこ)」と引來縫へる國は、多久(たく)()()よりして、狹田(さだ)國、是なり亦、北門の良波の國を、國の(あまり)ありやと見れば、國の餘あり」と()たまひて、童女(をとめ)(むね)(すき)取らして、大魚(おふを)支太(きだ)()き別けて、波多須々支(はたすすき)穗振(ほふ)り別けて、三身(みつより)の綱打ち()けて霜黑葛闇耶闇耶(しもつづらくるやくるや)に。(かわ)(ふね)毛曾呂毛曾呂(もそろもそろ)に、「國來(くにこ)國來(くにこ)」と引來縫へる國は、宇波(うなみ)()()よりして、闇見(くらみ)の國、是なり。亦、高志の都都の三埼を、國の(あまり)ありやと見れば、國の餘あり」と()たまひて、童女(をとめ)(むね)(すき)取らして、大魚(おふを)支太(きだ)()き別けて、波多須々支(はたすすき)穗振(ほふ)り別けて、三身(みつより)の綱打ち()けて霜黑葛闇耶闇耶(しもつづらくるやくるや)に。(かわ)(ふね)毛曾呂毛曾呂(もそろもそろ)に、「國來(くにこ)國來(くにこ)」と引來縫へる國は、三穗の埼なり。持ち引ける綱は、夜見嶋(よみのしま)なり。固堅(かた)め立てし加志(かし)伯耆國(ははきのくに)なる火神岳(ひのかみのたけ)、是なり。「今は國引き()へつ」と()たまひて、意宇杜(おうのもり)御杖(みつえ)()き立てて、「意惠(おゑ)」と()りたまひき。(かれ)意宇(おう)と云ふ。()はゆる意宇(おうのもり)は、郡家(ぐうけ)の東北の(ほとり)、田の中にある(こやま)是なり。(めぐり)八歩(ばか)、其の上に木ありれり

 

母里郷(もりのさと)。郡家の東北三十九里一百九十歩なり。所造天下大神大穴持命(あめのしたつくらししおほかみおほなもちのみこと)(こし)八口(やくち)(ことむ)賜ひて(かへ)()しし時、長江(ながえ)山に()()して()りたまひしく、「()が造り()して(うしは)く國は皇御孫命(すめみまのみこと)平世(やすくに)()らせと()さし(まつ)り、(ただ)、八雲立つ出雲國は()靜まり()さむ國と、靑垣山(めぐ)らし賜ひて、玉と()で直し賜ひて()まさむ」と()りたまひき。(かれ)文理(もり)云ふ神龜三年に、字を母理(もり)改む

屋代郷(やしろのさと)。郡家の正東(まひがし)三十九里一百二十歩なり。天乃夫比命(あめのほひのみこと)御伴(みとも)天降(あも)り來ましし、社印支(やしろのいなぎ)等が遠神(とほつかみ)天津子命(あまつこのみこと)()りたまひしく、「()(きよ)まはり()さむと(おもほ)(やしろ)」と()りたまひき。(かれ)(やしろ)云ふ神龜三年字を屋代と改む

楯縫郷(たてぬひのさと)。郡家の東北三十二里一百八十歩なり。布都努志命(ふつぬしのみこと)天石楯(あめのいはだて)ひ直し給ひき。(かれ)楯縫と云ふ。

安來郷(やすぎのさと)。郡家の東北二十七里一百八十歩なり。神須佐乃袁命(かむすさのをのみこと)(あめ)(かき)立ち(めぐ)()しき。()の時、此處(ここ)()()して()りたまひしく、「()御心(みこころ)安平(あす)けく成りしぬ」と()りたまひしき。(かれ)、安來と云ふ。卽ち北の海に比賣埼(ひめさき)あり。飛鳥淨御原宮御宇天皇(あすかのきよみはらのみやにあめのしたしらしめししすめらみこと)の御世、甲戌(きのえいぬ)七月十三日、語臣猪麻呂(かたりのおみいまろ)女子(むすめ)(くだり)の埼に逍遥(あそ)びて邂逅(たまさか)和爾(わに)(鰐)に()(そこな)はえて(かへ)ざりき。()の時、父猪麻呂、賊はえし女子(むすめ)を濱の(ほとり)(をさ)め置き、(いた)苦憤(いきどほ)(あめ)(おら)(つち)に踊り、行きては()き、居ては(なげ)き、晝夜(ひるよる)辛苦(たしな)みて(をさ)めし所を()こと無し。()()(ほど)數日(ひかず)經歴()たり。然して後、慷慨(うれた)(こころ)(おこ)して、()()(ほこ)()くし、便(よろ)しき處を撰び居り、卽ち(をが)(うるた)へて云ひしく、「天神(あまつかみ)千五百萬(ちいほよろづ)地祇(くにつかみ)千五百萬(ちいほよろづ)(なら)びに當國(このくに)に靜まり()す三百九十九社、(また)海若等(わたつみたち)、大神の和魂(にぎみたま)靜まりまして、荒魂(あらみたま)皆悉(ことごと)に猪麻呂が()所に()りたまへ。(まこと)(みたま)()しまさば、。吾を(いたは)らしめ給へ。(ここ)()ちて神靈(みたま)の神たるを知ら」といへり。()の時、須臾(すまし)あり和爾(わに)百餘(ももあまり)、靜かに一つ和爾(わに)圍繞(かく)(おもぶる)率依(ゐよ)來て、居る(ところ)()進まず退かず、圍繞(かく)めるもみなりき。()の時、(ほこ)擧げて中央(まなか)なる一つ和爾を()して殺し()りき。(すで)()へて、然して後に、百餘(ももあまり)の和爾解散(あら)き。()()けば、女子(むすめ)一脛(はぎひとつ)(ほふ)り出しき。()りて和爾を()()きて(くし)()、路の(ほとり)に立てき。安來郷の人、語臣與(かたりのおみあたふ)が父なり。()の時より以來(このかた)今日(いま)に至るまでに六十歳を經たり。

山國郷(やまくにのさと)。郡家の東南三十二里二百三十歩なり。布都努志命(ふつぬしのみこと)國廻(くにめぐ)()しし時、此處(ここ)に來()して()りたまひしく、「()(くに)は、()まなく()()し」と()りたまひき。(かれ)、山國と云ふ。卽ち正倉あり。

飯梨郷(いひなしのさと)。郡家の東南三十二里なり。大國魂命(おほくにたまのみこと)天降(あも)()しし時、此處(ここ)に當りて御膳(みけ)()給ひき。(かれ)飯成(いひなし)云ふ神龜三年に字を飯梨と改む

舍人郷(とねのさと)。郡家の正東(まひがし)二十六里なり。志貴嶋宮御宇天皇(しきしまのみやにあめのしたしらしめししすめらみこと)御世、倉舍人君等(くらのとねのきみたち)(おや)日置臣志毗(へきのおみしび)大舍人(おほとね)(つか)(まつ)りき。卽ち志毗(しび)()める所なり。(かれ)舍人(とね)云ふ卽ち正倉あり。

大草郷(さくさのさと)。郡家の南西二里一百二十歩なり。須佐乃乎命(すさのをみこと)御子、靑幡佐久佐丁壯命(あおはたさくさひこのみこと)()せり。(かれ)大草(さくさ)云ふ

山代郷。郡家の西北三里一百二十歩なり。所造天下大神大穴持命(あめのしたつくらししおほかみおほなもちのもこと)御子、山代日子命(やましろひこのみこと)()せり。(かれ)、山代と云ふ卽ち正倉あり。

拜志郷(はやしのさと)。郡家の正西(まにし)二十一里二百一十歩なり。所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)(こし)八口(やくち)(ことむ)けむとして(いで)ましし時、此の處の樹林茂盛(はやししげ)れり()の時()りたまひしく、「()が御心の波夜志(はやし)()やし)」と()りたまひしき。(かれ)、林と云ふ神龜三年に、字を拜志と改む卽ち正倉あり。

宍道郷(ししぢのさと)。郡家正西(まにし)三十七里なり。所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)追ひ給ひし(しし)(かた)南の山に二つあり。一つは長さ二丈七尺、高さ一丈、(めぐ)五丈七尺。一つは長さ二丈五尺、高さ八尺、周り四丈一尺。(しし)を追ひし犬の(かた)長さ一丈、高さ四尺、周一丈九尺。其の形石となり(しし)犬とに異なることなし。今に至りても猶あり。(かれ)宍道(ししぢ)云ふ

餘戸里(あまりべのさと)。郡家の正東(まひがし)六里二百六十歩なり。神龜四年の編戸に()り、一里を立つ。(かれ)、餘戸と云ふ。他の郡も、(また)(かく)如し。

野城驛(ぬきのうまや)。郡家の正東(まひがし)二十里八十歩なり。野城大神(ぬきのおほかみ)()ししに()り、(かれ)、野城と云ふ

黑田驛。郡家と同じ處なり。郡家の西北二里に黑田村あり。土體(つち)色黑し。(かれ)、黑田と云ふ(ふる)此處(ここ)に是の驛あり。卽ち(なづ)けて黑田驛()。今は東、郡に()けり。今猶(もと)黑田の()を追へるのみ

宍道驛(ししぢのうまや)郡家(ぐうけ)正西(まにし)三十八里なり。名をこと郷の如し。

出雲(いずも)神戸(のかむべ)。郡家の南西二里二十歩。伊弉奈枳(いざなぎ)麻奈子(まなご)(真愛子)に()熊野加武呂命(くまぬかむろのみこと)と、五百津鉏々(いほつすきすき)(なほ)()らしに取らして所造天下大穴持命(あめのしたつくらししおほなもちのみこと)との、二所(ふたところ)の大神等に()さし奉る。(かれ)、神戸と云ふ他の郡等の神戸も、(また)(かく)の如し

賀茂(かも)神戸(のかむべ)郡家(ぐうけ)東南三十四里なり。所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)の御子、阿遲須枳高日子命(あぢすきたかひこのみこと)葛城(かつらぎ)賀茂(かも)(のやしろ)()す。此の神の神戸なり。(かれ)(かも)云ふ神龜三年に字を賀茂(かも)改む卽ち正倉あり。

忌部(いむべ)神戸(のかむべ)。郡家の正西(まにし)二十一里二百六十歩なり。國造(くにのみやつこ)神吉詞(かむよごと)(まを)しに、朝廷(みかど)參向(まゐむか)時の御沐(みそぎ)忌玉(いみたま)(つく)(かれ)忌部(いむべ)云ふ卽ち川の(ほとり)湯を(いだ)出湯(いでゆ)の在る所は、海陸(うみくが)兼ねたり()りて男も女も老いたるも(わか)も、()道路(くがぢ)駱驛(ゆきか)ひ、()海中(うみぢ)(はまべ)沿()(ひび)(つど)ひて(いち)()し、繽紛(うちむれて)(うたげ)(あそ)。一たび(すす)げば形容端正(かたちきらきら)しく、(ふたた)(ゆあみ)すれば萬病(よろずのやまひ)(ことごと)(のぞ)(いにしへ)より今に至るまで、(しるし)を得ずといふことなし(かれ)俗人(くにびと)神湯(かみのゆ)()なり。

嶋根郡 郷里驛家

嶋根郡 郷里驛家 嶋根郡 ( しまねのこほり ) 合はせて 郷 ( さと ) 八。 里 ( こざと ) 二十 五。 餘戸 ( あまりべ ) 一 。 驛家 ( うまや ) 一 。   朝酌郷 ( あさくみのさと )  今も 前 ( さき ) に依り て 用 ゐる 。 山口郷 ...