/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ ちょっと寄り道...出雲國神仏霊場 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

ちょっと寄り道...出雲國神仏霊場

出 雲 國 神 仏 霊 場


全く興味のなかった島根県...(笑)!
興味を持つ(特に出雲地方)ようになったのが10年ほど前に生まれて初めて訪れた『出雲大社』でたまたま見かけた『出雲國神仏霊場』の文字...良くないことが続いていたので『よしっ...これ巡ってみよう』と思ったのがきっかけです。
平成22年10月に1回目の満願をむかえ、現在は出雲国風土記の掲載社を巡りながら2回目をコツコツと巡っています。

出雲國神仏霊場』とは...
宍道湖・中海の周りを囲む出雲地方(島根県東部および鳥取県西部)の20の神社とお寺が結成した『出雲の国 社寺縁座の会』が主催する霊場巡りです。

参加寺社は...
  • 第1番:出雲大社
  • 第2番:鰐淵寺
  • 第3番:一畑寺
  • 第4番:佐太神社
  • 第5番:月照寺
  • 第6番:賣布神社
  • 第7番:華蔵寺
  • 第8番:美保神社
  • 第9番:大神山神社・奥宮
  • 第10番:大山寺
  • 第11番:清水寺
  • 第12番:雲樹寺
  • 第13番:平濱八幡宮・武内神社
  • 第14番:八重垣神社
  • 第15番:熊野大社
  • 第16番:須我神社
  • 第17番:峯寺
  • 第18番:須佐神社
  • 第19番:長浜神社
  • 第20番:日御碕神社


巡拝帳 (授与料 1,500円)

各社寺に参拝て頂く御朱印を収められるようになっています。見開きページになっていて左側に御朱印を差し込み、右側に社寺の説明が書かれています。

出雲國神仏霊場-巡拝帳

護縁珠 (授与料 500円)

各社寺に参拝して御朱印を頂くと、その社寺の番号や名前・教えに因む文字の書かれた奥出雲町の雲州そろばんの技術を使って作られた護縁珠がいただけます。


出雲國神仏霊場-護縁珠

頂いた護縁珠を『護縁珠むすび』(授与料 1,500円)という組紐に通すと首から掛けられる巡拝の証になります。

注 護縁珠単体では頂けません 

満願之証 (授与料 3,000円)

20社寺をすべて巡って、最後の社寺の窓口に巡拝帳か護縁珠を見せると、希望する人に『満願之証』が頂けます。
『満願之証』にはメノウに満願と彫られた『満願勾玉』も頂けます。護縁珠むすびの一番大きな親玉の先に結べばいいとか...!

私の場合は美保神社で最後でした
満願之証ができるのを待っている間に拝殿内で神主さんに祝詞をあげて貰ったり、巫女さんの踊りを見せて貰えました。

出雲國神仏霊場-満願之証
出雲國神仏霊場-満願勾玉

注 満願勾玉単体ではいただけません。
  満願之証は一部の社寺(鍔淵寺・大山寺・大神山神社)では扱っていません。その場合は
社寺縁座の会』の事務局に申込用紙を郵送してください。



関連本
『出雲國神仏霊場公式ガイドブック』

出雲國神仏霊場-公式ガイドブック

20社寺の紹介や授与品・巡拝のマナー・地図などが書かれています。各社寺で購入できます。

『出雲国神仏霊場巡り心の旅』藤岡大拙 著


平成16年12月、出雲の国20社寺による「社寺縁座の会」が結成された。翌年4月の神仏霊場開きでは、出雲大社本殿で比叡山千日回峰行者、光永覚道大阿闍梨の般若心経の読経の声が流れた。これは実に、340年ぶりの歴史的なことであった。21世紀的神仏習合が始まった。直きこころも慈悲心も忘れ去られ、ただただ頽廃と混迷のうずまく現世を見るとき、宗教者は黙視する事ができなかった。神道、仏教の垣根をとり払って、ともにこの世の救済にたち上がったのである。誠に素晴らしい試みではないか。日本中の人々が待ち望んでいたことを、神話の国出雲で始めることの意義は大きい。(本文より抜粋)

コメント

人気の投稿