スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(大山衹神)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 飯石郡 『志志乃村社(志志乃村神社)』

出雲国風土記 飯石郡 『志志乃村社(志志乃村神社)』 御 由 緒 当社は出雲の国風土記(七三三)に所載の古社で 創立年代は不詳であります。 主祭神奥津島比売命は、古事記によれば天照大御神 天の安の河を中に須佐之男命と誓約をなされたと きに、十拳剣を三段に打ち折られ、その切っ先になりま せる神様で、宗像三女神の第一神であります。そのこと から明治までは切っ先大明神と崇められました。  当初志志乃村神社は獅子地区にお祭祀してありまし たが、明治四十年この地に祭祀してありました雨神社に 遷し併せ祀られました。  主 祭 神 奥津島比売命   合 祀 神 国狭槌神 国常立尊                           大山衹神 瓊々杵尊           木花開耶媛姫命 面足尊                                  大日霎貴神 誉田別命           菅原道真神  主な祭礼日     例大祭 十一月三・四日                                  豊饒祭  九月 十六日 『志志乃村神社 御由緒』より 本 殿 拝 殿 外 観 手水舎 狛 犬 狛 犬 境内社:美保社 御神木 御由緒と社号標 御由緒 出雲国風土記登場地標柱 地図 問い合せ 住 所 島根県飯石郡飯南町八神60 御 朱 印 有無は不明 駐 車 場 無 神社の正面が広い道路になっていたので 同乗者を車に残して参拝しました 。