/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 意宇郡 寺院神社 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

意宇郡 寺院神社

意宇郡 寺院神社

出雲国総社の『六所神社』


敎昊寺(けうかうじ)舍人(とね)郷のにあり。郡家正東(まひがし)二十五里一百二十歩なり五層の建立()(ほふし)あり。敎昊(けいかう)(ほふし)りし所なり()()大初位下上蝮首押猪(かみのたぢひのおびとおしゐ)祖父(おほぢ)なり

新造院(しんざうのゐん)一所。山代郷のにあり郡家(ぐうけ)西北四里二百歩なり嚴堂(ごんだう)建立()(ほふし)なし日置君目烈(へきのきみめづら)りし所なり出雲神戸の日置君(へきのきみ)鹿麻呂(おや)なり

新造院(しんざうのゐん)一所。山代郷のにあり。郡家西北二里なり。嚴堂(ごんだう)建立()める(ほふし)一軀(ひとり)有り飯石郡(いひしのこほり)少領(すけ)出雲臣(いづものおみ)弟山(をとやま)りし所なり

新造院(しんざうのゐん)一所山國郷のにあり。郡家東南三十一里一百二十なり三層の塔を建立()山國郷の日置部根緒(へきべのねを)りし所なり


熊野大社(くまぬのおほやしろ)(熊野坐神社名神大) 夜麻佐社(やまさのやしろ)(山狭神社)
賣豆貴(めつき)社(賣豆紀神社) 加豆比乃(かつひの)社(勝日神社)
由貴(ゆき)社(由貴神社) 加豆比乃高(かつひのたか)社(勝日高守神社)
都俾志呂(つへしろ)社(都辨志呂神社) 玉作湯(たまつくりのゆ)社(玉作湯神社)
野城(ぬき)社(野城神社) 伊布夜(いふや)社(揖屋神社)
支麻知社(きまち)(來待神社) 夜麻佐(やまさ)(同社坐久志美気濃神社)
野城(ぬき)社(同社坐大穴持神社) 久多美(くたみ)社(久多彌神社)
佐久多(さくた)社(佐久多神社) 多乃毛(たのも)社(田面神社)
須多(すた)社(須田神社) 眞名井(まなゐ)社(真名井神社)
布辨(ふべ)社(布辨神社) 斯保彌(しほみ)社(志保美神社)
意陀支(おだき)社(意多伎神社) 市原(いちはら)社(市原神社)
久米(くめ)社(久米神社) 布吾彌(ふごみ)社(布吾彌神社)
※ 宍道(ししぢ)社(宍道神社) 野代(ぬしろ)社(野白神社)
賣布(めふ)社(賣布神社)  狹井(さゐ)社(佐為神社)
同狹井高守(おなじさゐのたか)社(佐為高守神社) 宇流布(うるふ)社(宇流布神社)
伊布夜(いふや)社(同社坐韓國伊太氐神社) 由宇()社(同社坐韓國伊太氐神社)
布自奈(ふじな)社(布自奈神社)   同布自奈(おなじふじな)社(布自奈大穴持神社)
野代(ぬしろ)社(同社坐大穴持御子神社) 佐久多(さくた)社(同社坐韓國伊太氐神社)
意陀支(おだき)社(同社坐御譯(みおき)神社) (さき)社(前神社)
田中(たなか)社(田中神社) ※ 詔門 (のりと) 社(能利刀神社)
楯井(たてゐ)社(楯井神社)  速玉(はやたま)社(速玉神社)
石坂(いはさか)社(盤坂神社) 佐久佐(さくさ)社(佐久佐神社)
多加比(たかひ)社(鷹日神社) 山代(やましろ)社(山代神社)
調屋(つきや)社(筑陽神社) (おなじ)社(同社坐波夜都武自和気神社)

以上四十八所は、並びに神祇官にあり。
宇由比(うゆひ) 支布佐(きふさ)
毛彌乃(もみの) 那富乃夜(のほのや)
支布佐(きふさ) 國原(くにはら)
田村(たむら) 市穗(いちほ)
同市穗(おなじいちほ) 伊布夜(いふや)
阿太加夜(あだかや) 須多下(すたのしも)
河原(かはら) 布宇(ふう)
末那爲(まなゐ) 加和羅(かわら)
笠柄(かさがら) 志多備(したび)
食師(みけし)

以上一十九所は、並びに神祇官あらず。
※他の比定地として...。
『宍道社』を氷川神社又は大森神社
『詔門社(能利刀神社)』を剣神社(松江市八雲町日吉10)。


ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 
 出雲国風土記の入門書『解説出雲国風土記』...写真や図形を豊富に使って分かりやすく解説しています!

コメント

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  2. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿