© 2019 ぐうたら亭主

2020年6月21日日曜日

嶋根郡 郷里驛家


嶋根郡 郷里驛家

旧潜戸(加賀の潜戸)



嶋根郡
(しまねのこほり)

合はせて(さと)八。(こざと)二十五。餘戸(あまりべ)驛家(うまや)

 朝酌郷(あさくみのさと) 今も(さき)に依りゐる

山口郷(やまぐちのさと) 今も前に依りゐる

手染郷(たしみのさと) 今も前に依りゐる

 

 美保郷(みほのさと) 今も前に依りゐる

 方結郷(かたえのさと) 今も前に依りゐる

 加賀郷(かかのさと) 本の字は加加(かか)

生馬郷(いくまのさと) 今も前に依りゐる

 法吉郷(ほふきのさと) 今も前に依りゐる

  以上八、郷別(さとごと)(こざと)三。

 餘戸里(あまりべのさと)

 千酌驛(ちくみのうまや)

嶋根(しまね)(なづ)くる所以(ゆゑ)は、國引き()しし八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと)()たまひて、名を(おほ)給へるなり。(かれ)、嶋根と云ふ

朝酌郷(あさくみのさと)郡家(ぐうけ)正南(まみなみ)一十里六十四歩なり。熊野大神命(くまぬのおほかみのみこと)()たまひて、朝御餼(あさみけ)勘養(かむかひ)に、夕御餼(ゆふみけ)勘養(かむかひ)に、五贄(いつにへ)()の處定め給ひき。(かれ)、朝酌と云ふ

山口郷(やまぐちのさと)。郡家の正南四里二百九十八歩なり。須佐能袁命(すさのをのみこと)の御子、都留支日子命(つるぎひこのみこと)()りたまひしく、「()()()さむ山口の處なり」と()りたまひしく。(かれ)、山口と(おほ)給ひき。

手染郷(たしみのさと)。郡家の正東(まひがし)一十里二百六十四歩なり。所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)()りたまひしく、「此の國は丁寧(たし)造らせる國なり」と()たまひて。(かれ)丁寧(たし)(おほ)給ひき。しかるに、今の人、猶誤り手染郷(たしみのさと)と謂へるのみ卽ち正倉あり。

美保(のさと)。郡家の正東二十七里一百六十四歩なり。所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)高志國(こしのくに)()せる神、意支都久辰爲(おきつくしゐのみこと)(みこ)俾都久辰爲命(へつくしゐのみこと)(みこ)奴奈宜波比賣命(ぬながはひめのみこと)(みあ)ひて()みましし神、御穗須々美命(みほすすみのみこと)、是の神()します。(かれ)美保(みほ)云ふ

方結郷(かたえのさと)郡家(ぐうけ)正東(まひがし)二十里八十歩なり。須佐能袁命(すさのをのみこと)の御子、國忍別命(くにおしわけのみこと)()りたまひしく、「()()()す地は、國形(くにかた)()し」とのりたまひき。(かれ)、方結と云ふ。

加賀郷(かかのさと)。郡家の北西二十四里一百六十歩なり。佐太大神(さだのおほかみ)()まれしし所なり。御祖(みおや)神魂命(かみむすびのみこと)の御子、支佐加比賣命(きさかひめのみこと)、「(くら)岩屋(いはや)なるかも」と()たまひて、(こがね)(ゆみ)()ちて射給ひし時に、光り加加明(かかや)けり。(かれ)加加(かか)云ふ神龜三年に、字を加賀改む

生馬郷(いくまのさと)。郡家の西北一十六里二百九歩なり。神魂命の御子、八尋鉾長依日子命(やひろほこながよりひこのみこと)()りたまひしく、「()が御子、平明(やす)らかにして(いく)まず」と()りたまひき。(かれ)、と生馬と云ふ

法吉郷(ほふきのさと)。郡家の正西一十四里二百三十歩なり。神魂命の御子、宇武賀比賣命(うむかひめのみこと)法吉鳥(ほふきどり)()りて飛び(わた)りて、此の處に靜まり坐しき。(かれ)、法吉と云ふ

餘戸里(あまりべのさと)名をこと意宇郡の如し。

千酌驛(ちくみのうまや)。郡家の東北一十七里一百八十歩なり。伊差奈枳命(いざなぎのみこと)御子、都久豆美命(つくづみのみこと)、此の處に()せり(しか)れば則ち都久豆美(つくづみ)謂ふべきを、今の人猶千酌と(なづ)くるのみ。


ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 

『出雲国風土記』の魅力が伝わります!

意宇郡 山野河川海岸通道

意宇郡 山野河川海岸通道


嫁が島

長江山。郡家ぐうけ東南五十里なり。水精すゐしやうあり

暑垣(あつがき)山。郡家の正東(まひがし)二十里八十歩なり。(とぶひ)あり

高野(たかぬ)山。郡家の正東一十九里なり。

熊野(くまぬ)山。郡家の正南(まみなみ)一十八里なり。()(まゆみ)あり。謂はゆる熊野大神の坐す。

久多美(くたみ)山。郡家の西南二十三里なり。

玉作山。郡家の西南二十二里なり。社あり。

神名樋野(かむなびぬ)。郡家の西北三里一百二十九歩なり。高さ八十丈、(めぐ)六里三十二歩あり。東に松あり、三方は並びに()あり

凡そ、(もろもろ)山野に在る所の草木は、麥門冬(やますげ)獨活(うど)石斛(いはぐすり)前胡(のぜり)高梁薑(こうらはじかみ)連翹(いたちぐさ)黃精(おほゑみ)百部根(ほとづら)貫衆(おにわらび)白朮(をけら)薯預(やまついも)苦參(くらら)細辛(みらのねぐさ)商陸(いをすき)高本(さはそらし)玄參(おしくさ)五味子(さねかづら)黃芩(ひひらぎ)葛根(くずのね)牡丹(ふかみぐさ)藍漆(やまあゐ)(わらび)・藤・(すもも)・檜・杉 字或いは椙に作る。赤桐(あかぎり) 字或いは梧に作る。白桐(きり)(くすのき)(しひ)海榴(つばき) 字或いは椿に作る。楊梅(やまもも)・松・(かへ) 字或いは(かへ)に作る。・(きはだ)(つき)。禽獸には則ち、(わし)晨風(はやぶさ) 字或いは隼に作る。・山雞(やまどり)・鳩・(うずら)(ひばり) 作。・鴟鴞(づく) 橫到に作る惡鳥なり。・熊・狼・猪・鹿・兎・狐・飛鼯(むささび) 字或いは(けものへん)(らい)に作る、蝠に作る。獼猴(さる)(やから)あり(いと)繁多(さは)にして、(しる)すべからず。

伯太(はだ)川。源は仁多(にた)意宇(おう)と二郡の堺なる葛野(かどぬ)山より出で、流れて母理(もり)楯縫(たてぬい)安來(やすぎ)の三郷を經て入海に入る。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

山國川。源は郡家(ぐうけ)東南三十八里なる枯見(からみ)山より出で、北に流れて伯太川に入る。

飯梨(いひなし)川。源は三つあり。一水(ひとすじ)源は、仁多(にた)大原(おほはら)意宇(おう)三郡の堺なる田原より出で、一水の源は枯見(からみ)より出で、一水の源は仁多郡の玉嶺(たまみね)三つ水合ひ、北に流れて入海にはいる。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

筑陽(つきや)川。源は郡家の正東(まひがし)一十里一百歩なる(をぎ)山より出で、北に流れて入海に入る。年魚あり。

意宇(おう)川。源は郡家の正南(まみなみ)一十八里なる熊野(くまぬ)山よりいでて北に流れ、(ひむがし)折れ、流れて入海に入る。年魚(あゆ)伊久比(いぐひ)あり。

野代(ぬしろ)川。源は郡家(ぐうけ)西南一十八里なる須我(すが)山より出で、北に流れて入海に入る。

玉作(たまつくり)川。源は郡家の正西(まにし)一十九里なる阿志(あし)山より出で、北に流れて入海に入る。年魚あり。

來待(きまち)川。源は郡家の正西二十八里なる和奈佐(わなさ)山より出で、西に流れて山田村に至り、更に折れて北に流れて入海に入る。 年魚あり。

宍道(ししぢ)川。源は郡家の正西三十八里なる幡屋(はたや)山より出で、北に流れて入海に入る。魚なし。

津間拔(つまぬき)(のいけ)(めぐ)二里四十歩あり。(たかべ)鴨・鮒・(たで)あり

眞名猪(まなゐ)池。周り一里あり。北は入海なり。

門江(かどえ)濱。伯耆と出雲との二國の堺なり。東より西に行く。

子嶋。(ことごと)(いそ)なり。

(あは)嶋。椎・松・多年木(あはぎ)宇竹(うだけ)眞前(まさき)等の草木あり。

砥神(とかみ)嶋。(めぐ)三里一百八十歩。高さ六十丈あり。椎・松・(みらのねぐさ)薺頭蒿(おはぎ)都波(つは)師太(しだ)等の草木あり。

加茂(かも)嶋。(ことごと)(いそ)なり。

()嶋。椿・比佐木(ひさぎ)多年木(あはぎ)(わらび)薺頭蒿(おはぎ)あり。

鹽楯(しほたて)嶋。蓼螺子(たでにし)水蓼(みづたで)あり

野代(ぬしろ)海の中に蚊嶋(かしま)あり。周り六十歩あり。中央(まなか)涅土(くろつち)にして、四方は(なら)びに(いそ)なり中央(まなか)手掬(たづか)(ばか)りの木一(もと)あるのみ。其の礒に螺子(にし)海松(みる)あり。

(ここ)より以西(にし)濱、或る峻崛(さが)しく或る(たひら)にして、(なら)びに通道(かよひぢ)(とほ)所なり。

通道(かよひぢ)國の東の(さかい)なる手間剗(てまのせき)に通ふは四十一里一百八十歩なり。

大原郡の堺なる木垣峯(きがきのみね)に通ふは三十三里二百歩なり。

出雲郡の堺なる雜埼(ささふのさき)に通ふは四十二里三十歩なり。

嶋根郡の堺なる朝酌渡(あさくみのわたり)に通ふは四里二百六十歩なり。

(さき)(くだり)一郡は入海の南にあり。

則ち國の(ほそどの)なり

           郡司 主帳   无位       (あま) (のおみ)

无位       出雲臣(いずものおみ)

              少領 ()從七位上 勳十二等 出雲臣

              主政 外小初位上 勳十二等 (はやし) (のおみ)

              擬主政  无位       出雲臣

ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 
 出雲国風土記の入門書『解説出雲国風土記』...写真や図形を豊富に使って分かりやすく解説しています!

出雲国風土記 島根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...