スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(八束水臣津野命)が付いた投稿を表示しています

国の特別記述

国の特別記述 十字街(ちまた) 出雲国風土記登場地標柱 十字街 道度 ( みちのり ) 國の東の堺より、西に 去 ( ゆ ) くこと二十 里一百八十歩 にして 、 野城 ( ぬき ) 橋 に至る 。長 さ三十 丈七尺 、 廣 さ 二丈六尺 あり 。 飯梨河なり 。又 、 西 二十 一里 にして 國廳 ( くにのまつりごとのや ) 、 意宇 ( おうの ) 郡家 ( ぐうけ ) の 北 なる 十字街 ( ちまた ) に至り、 卽 ち 分 か れて 二 つの 道 となる 。一 つは 正西道 ( まにしのみち ) 、 一 つは 枉北道 ( きたにまがれるみち ) なり。 枉北道 ( きたにまがれるみち ) は、 北 に 去 ( ゆ ) くこと四里二百六十六 歩 にして、 郡 の 北 の 堺 なる 朝酌渡 ( あさくみのわたり ) に至る 。渡 り 八十歩 。 渡船 ( わたしぶね ) 一 つあり 。又 、 北 へ 一十 一 里一百 四十 歩 にして、 嶋根 ( しまねの ) 郡家 に至る 。 郡家 より北に 去 ( ゆ ) くこと 一十七里一百八十歩 にして、 隱岐渡 ( おきのわたり ) 、 千酌驛家 ( ちくみのうまや ) の 濱 に至る 。渡船 あり 。 又、郡家より西へ一十五里八十歩にして、郡の西の堺なる 佐 ( さ ) 太 ( だ ) 橋 に至る 。長 さ 三丈 、 廣 さ 一丈 あり 。佐太川 なり 。又 、 西 へ八里二 百歩 にして、 秋鹿 ( あきか ) 郡家 に至る。 又 、 郡家 より 西 に 一十五里 一 百歩 にして、 郡 の 西 の 堺 に至る 。又 、 西 へ 八里二百六 十四歩 にして、 楯縫 ( たてぬひ ) 郡家 に至る 。 又、郡家より西へ七里一百六十歩にして、郡の西の堺に至る。又、西へ一十里二百二十歩にして、出雲 郡家 ( ぐうけ ) の 東 の 邊 ( ほとり ) 、 卽 ち 正西 ( まにし ) 道 ( のみち ) に入るなり。 惣 ( す ) べて 枉北道 ( きたにまがれるみち ) の 程 ( みちのり ) 、一百三 里一百一十歩 の 中 、 隱岐道 ( おきへのみち ) は 一十七里一百八十歩 なり 。 正西 ( まにし ) 道 ( のみち ) は、 十字街 ( ちまた ) より 西 へ 一十二里 にし

嶋根郡 郷里驛家

嶋根郡 郷里驛家 旧潜戸(加賀の潜戸) 嶋根郡 ( しまねのこほり ) 合はせて 郷 ( さと ) 八。 里 ( こざと ) 二十 五。 餘戸 ( あまりべ ) 一 。 驛家 ( うまや ) 一 。   朝酌郷 ( あさくみのさと )  今も 前 ( さき ) に依り て 用 ゐる 。 山口郷 ( やまぐちのさと )  今も前に依り て 用 ゐる 。 手染郷 ( たしみのさと )  今も前に依り て 用 ゐる 。     美保郷 ( みほのさと )  今も前に依り て 用 ゐる 。   方結郷 ( かたえのさと )  今も前に依り て 用 ゐる 。   加賀郷 ( かかのさと )  本の字は 加加 ( かか ) 。 生馬郷 ( いくまのさと )  今も前に依り て 用 ゐる 。   法吉郷 ( ほふきのさと )  今も前に依り て 用 ゐる 。   以上八、 郷別 ( さとごと ) に 里 ( こざと ) 三。   餘戸里 ( あまりべのさと )   千酌驛 ( ちくみのうまや ) 嶋根 ( しまね ) と 號 ( なづ ) くる 所以 ( ゆゑ ) は、 國引き 坐 ( ま ) しし 八束水臣津野命 ( やつかみづおみづぬのみこと ) の 詔 ( の ) り たまひて、名を 負 ( おほ ) せ 給へるなり。 故 ( かれ ) 、嶋根と 云ふ 。 朝酌郷 ( あさくみのさと ) 。 郡家 ( ぐうけ ) の 正南 ( まみなみ ) 一十里六十四歩なり。 熊野大神命 ( くまぬのおほかみのみこと ) 詔 ( の ) り たまひて、 朝御餼 ( あさみけ ) の 勘養 ( かむかひ ) に、 夕御餼 ( ゆふみけ ) の 勘養 ( かむかひ ) に、 五贄 ( いつにへ ) の 緒 ( を ) の處定め給ひき。 故 ( かれ ) 、朝酌と 云ふ 。 山口郷 ( やまぐちのさと ) 。郡家の正南四里二百九十八歩なり。 須佐能袁命 ( すさのをのみこと ) の御子、 都留支日子命 ( つるぎひこのみこと ) の 詔 ( の ) りた まひしく、「 吾 ( あ ) が 敷 ( し ) き 坐 ( ま ) さむ 山口の處なり」と 詔 ( の ) りた まひしく。 故 ( かれ ) 、山口と 負 ( おほ ) せ 給ひき。 手染郷 ( たしみの