/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲郡 郷里驛家 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲郡 郷里驛家

 出雲郡 郷里驛家 

奉納山公園から三瓶山方面を望む

出雲郡(いずものこほり)

合はせて(さと)八、(こざと)二十三。神戸(かむべ)一、里二。

 健部郷(たけるべのさと) 今も(さき)に依りて用ゐる。

 漆沼(しつぢ) (もと)の字は志丑治(しつぢ)

 河内(かふち) 今も前に依りて用ゐる。

 出雲(いづも) 今も前に依りて用ゐる。

 杵築(きづき) の字は寸付(きづき)

 ()() 本の字は伊農(いぬ)

美談(みだみ) 本の字は三太三(みだみ)

  以上七、郷別(さとごと)(こざと)三。

 宇賀郷(うかのさと) 今も前に依りて用ゐる。里二

 神戸(かむべ)郷 里二

出雲(いづも)(なづ)くる所以(ゆゑ)は、名をくこと國の如し

健部郷(たけるべのさと)郡家(ぐうけ)正東(まひがし)一十二里二百二十四歩なり。先宇夜里(うやのさと)(なづ)けし所以(ゆゑ)は、宇夜都辨命(うやつべのみこと)山峰(みね)天降(あも)()しき。卽()に至るまで此の處に()せり(かれ)宇夜里(うやのさと)と云ふ(しか)るにめて健部(たけるべ)(なづ)くる所以(ゆゑ)は、纏向檜代宮御宇天皇(まきむくのひしろのみやにあめのしたしらしめししすめらみこと)()りたまひしく、「()御子倭健命(やまとたけるのみこと)御名(みな)忘れじ」とのりたまひて、健部(たけるべ)ひき()神門臣古禰(かむどのおみこみ)健部ひき。卽健部臣等よりに至るまで、。猶此の處に()めり(かれ)健部と云ふ

漆沼郷(しつぢのさと)郡家(ぐうけ)正東(まひがし)五里二百七十歩なり神魂命(かみむすびのみこと)御子天津枳値可美高日子命(あまつきちかみたかひこのみこと)御名を、薦枕志都治値(こもまくらしつぢち)()しき。此(さと)(うち)()せり(かれ)志丑治(しつぢ)と云ふ 神龜三年に、字を漆沼と改たむ。卽ち正倉あり。

河内郷(かふちのさと)。郡家正南(まみなみ)一十三里一百歩なり斐伊()大河(のおほかは)、此の(さと)(かれ)河内と云ふ。卽(つつみ)あり。長一百七十丈五尺なり 七十一丈の廣さ七丈、九十五丈の廣さ四丈五尺なり。

出雲郷(いづものさと)。卽郡家()けり名をくこと國の如し

杵築郷(きづきのさと)。郡家西北二十八里六十歩なり八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと)國引き給ひし所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)(つか)へまつらむとして、(もろもろ)皇神等(すめがみたち)宮處に參り(つど)ひて杵築(きづ)きたまひき(かれ)寸付(きづき)と云ふ神龜三年に、字を杵築と改む。

伊努郷(いぬのさと)郡家(ぐうけ)正北(まきた)八里七十二歩なり。國引()しし意美豆努命(おみづぬのみこと)御子

赤衾伊努意保須美比古佐倭氣命(あかぶすまいぬおほすみひこさわけのみこと)の社、(さと)(うち)()せり(かれ)、伊農と云ふ神龜三年に、字を伊努と改む。

美談郷(みだみのさと)。郡家正北九里二百四十歩なり所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)御子和加布都努志命(わかふつぬしのみこと)天地(あめつち)めて(わか)れし天御(あめのみ)領田()(をさ)(つか)へ奉り()しき。卽()、郷の中に()せり(かれ)三太三(みだみ)と云ふ神龜三年に、字を美談と改む。卽ち正倉あり。

宇賀郷(うかのさと)。郡家正北一十七里二十五歩なり。所造天下大神命神魂命(かみむすびのみこと)の御子、綾門日女命(あやとひめのみこと)(あとら)()しき()女神(めがみ)(うべな)ひたまはずし(かく)りたまひき。大神(うかが)()ひしの郷なり(かれ)宇賀と云ふ。卽海濱(うみべ)(いそ)あり腦礒(なづきのいそ)の名づく。高一丈(ばかり)生ひ(しげ)り、(いそ)に至る邑人(さとびと)朝夕(あさよひ)往來(かよ)へるが如く、()けるが如し(いそ)より西窟戸(いはと)あり。高各六尺(ばかり)なり。あり。人ることを得ず。きを知らず。夢に(ほとり)に至る(かれ)俗人(くにびと)(いにしへ)よりいたるまで、黄泉(よみ)黄泉(よみ)(なづ)くるなり

神戸里(かむべのさと)郡家(ぐうけ)西北二里一百二十なり 出雲(いずも)くこと意宇郡の如し。



ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 

古代出雲は、奈良時代に入る頃、大きな変革を迎えた。当時の様子を記す地誌『出雲国風土記』を考古学の成果から再検証し、役所の姿、整備された道路、数々の寺院を復元。古代都市としての出雲国の成立を明らかにする。(Amzon「BOOK」データベースより)


コメント

人気の投稿