/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 神門郡 山野河川海岸通道 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

神門郡 山野河川海岸通道

 神門郡 山野河川海岸通道


()(また)山。郡家(ぐうけ)正南(まみなみ)一十九里なり檜・杉あり。

長柄(ながら)山。郡家(ぐうけ)東南一十九里なり檜・杉あり

吉栗(よしくり)山。郡家西南二十八里なり檜・杉あり はゆる所造天下大神(みや)()なり。

宇比(うひ)多伎(たき)山。郡家東南五里五十六歩なり。大神御屋なり。

稻積(いなづみ)山。郡家東南五里七十六歩なり。大神稻積なり。

(かげ)山。郡家東南五里八十六歩。大神()(かげ)なり。

(いね)山。郡家正東(まひがし)五里一百一十六歩なり。東樹林(はやし)あり。三方びになり。大神()(いね)なり。

(ほこ)山。郡家東南五里二百五十六歩なり。南西びに樹林あり。東びになり。大神御桙なり。

(かがふり)山。郡家東南五里二百五十六歩なり。大神()(かがふり)なり。

凡そ、(もろもろ)山野(やまぬ)る所の草木は、白歛(やまかがみ)桔梗(ありのひふき)藍漆(やまあゐ)龍膽(えやみぐさ)商陸(いをすき)續斷(おにのやがら)獨活(うど)白芷(かきもち)秦析(かははじかみ)百部根(ほとづら)百合(ゆり)巻柏(いはくみ)石斛(いはぐすり)升麻(とりのあしぐさ)當歸(やまぜり)石葦(いはくさ)麥門冬(やますげ)杜仲(はひまゆみ)細辛(みらのねぐさ)伏令(まつほど)葛根(くずのね)薇蕨(わらび)(すもも)蜀椒(なるはじかみ)(かへ)・赤桐・白桐(きり)椿(つき)(つみ)(にれ)(きはだ)(かぢ)禽獸にはち、(わし)(たか)晨風(はやぶさ)山雞(やまどり)(うずら)・熊・()鹿獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

神戸(かむど)川。源は飯石郡(いひしのこおり)琴引(ことひき)より出でてれ、來嶋(きじま)波多(はた)須佐(すさ)の三郷を()て、神門郡の餘戸里()(たち)に出で、神戸(かむべ)朝山(あさやま)古志(こし)の三郷を經、西れて(みず)(うみ)に入る。則年魚(あゆ)(さけ)麻須(ます)伊具比(いぐひ)あり

多岐(たきの)小川(おがは)。源郡家西南三十三里なる多岐より出で、西にれて大海にはいる年魚(あゆ)あり

宇加池(うかのいけ)(めぐ)三里六十歩あり

來食(くぐひ)池。周里一百四十歩あり。菜あり

笠柄(かさがら)池。周一里六十歩あり菜あり。

剡屋(さしや)池。周一里あり。

神門水海(かむどのみづうみ)。郡家正西(まにし)四里五十歩なり(めぐ)り三十五里七十四歩あり。(うち)には鯔魚(なよし)鎭仁(ちに)須受枳(すずき)(ふな)玄蠣(かき)あり。卽水海大海とのあり。長さ二十二里二百三十四歩あり()意美豆努命(おみづぬのみこと)國引()ししなり。今俗人(なづ)けて(そのの)松山(まつやま)と云ふ(ところ)形體(さま)(つち)(いは)(なら)びになし。白(いさご)のみがれり。卽茂繁(しげ)るも、四風(よものかぜ)は、(いさご)れて松の林を(おほ)(うづ)。今(としごと)もりて(なか)(のこ)れり。恐らくはもれ()てむか。松山なる美久我より起りて、石見と出雲との二國なる、中嶋埼(いた)、或るは平濱(はま)、或るは陵礒(いそ)なり

凡そ、北の海に在る所の(くさぐさ)は、楯縫郡けるが如し。(ただ)紫菜(のり)なし。

通道(かよひぢ)。出雲(さかひ)なる出雲(ほとり)に通ふは、七里二十五歩なり

飯石郡の堺なる堀坂(ほりさか)ふは、一十九里なり

同じ郡の堺なる與曾紀(よそき)ふは、二十五里一百七十四歩なり

石見國の安濃郡(あぬのこほり)の堺なる多伎々(たきき)ふは、三十三里なり。路(せき)あり

同じ安濃郡の川相(かはひ)郷にふは、三十六里なり(みち)には(せき)あらず(ただ)(まつりごと)ある時にりて、(かり)くのみ

(さき)(くだり)五郡は、(なら)びに大海なり

     

         郡司  主帳    无位   刑部臣(おさかべのおみ)

         大領  外從七位上 勳十二等 神門臣(かむどのおみ)

         擬少領 外大初位下 勳十二等 刑部臣

         主政  外從八位下 勳十二等 吉備部臣(きみべのおみ)



ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 

古代出雲の国づくりや鉄作り、出雲大社の成り立ち、国引き神話、日本海の交易や九州と島根半島のつながりなどを著者が現地を訪ね歩き、軟らかい紀行文で紹介しています。1993年に発行した『出雲風土記の旅 神々のくにそのくにびと』に古事記の出雲神話を加えた改訂版です。(楽天ブックス「商品説明」より)

コメント

人気の投稿