© 2019 ぐうたら亭主

2021年2月15日月曜日

楯縫郡 山野河川海岸通道

 楯縫郡 山野河川海岸通道


神名樋山
(かむなびやま)郡家(ぐうけ)東北六里一百六十歩一百二十丈五尺
(めぐ)り二十一里一百八十歩あり(みね)西石神あり。高一丈(めぐ)一丈(こみち)(ほとり)小石神(こいしがみ)百餘(ばかり)あり。古老へにへらく、阿遲須枳高日子命(あぢすきたかひこのみこと)(きさき)天御梶日女命(あめのみかぢひめのみこと)久村(たくむら)來坐(きま)して、多伎都比古命(たきつひこのみこと)み給ひき。()(さと)()りたまひしく、「()(みこと)御社(みおや)向位(むかくら)に生まむと()りするに、此處(ここ)()き」とのりたまひき()はゆる石神は、(これ)多伎都比古命の御魂(みたま)なり(ひでり)()ひてを乞ふは、()らしめたまふ。

阿豆麻夜(あづまや)山。郡家正北(まきた)五里四十歩なり

見椋(みくら)山。郡家(ぐうけ)西北七里なり

凡そ、諸の山野に在る所の草木は、蜀椒(なるはじかみ)藍漆(やまあゐ)麥門冬(やますげ)伏令(まつほど)細辛(みらのねぐさ)白歛(やまかがみ)杜仲(はひまゆみ)人參(かのにけぐさ)升麻(とりのあしぐさ)薯預(やまついも)白朮(をけら)(すもも)(かへ)(にれ)(しひ)赤桐(あかぎり)白桐(きり)海榴(つばき)・楠・(つき)禽獸にはち、(わし)晨風(はやぶさ)山雞(やまどり)()鹿獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

佐香(さか)川。源郡家東北はゆる神名樋(かむなび)より出で、東南れて入に入る

多久(たく)川。源郡家東北神名樋山より出で、西南に流れて入海に入る。

都字(つう) つあり 東の水源(みなもと)阿都麻夜(あづまや)より出で、西水源(みなもと)見椋(みくら)より出づ 二つの水合ひて、南に流れて入海に入る。

宇加(うか)川。源じき見椋山より出で、に流れて入海に入る。

麻奈加比(まなかひ)池。(めぐ)一里一十歩あり

大東(おほひがし)池。周一里あり

赤市(あけち)池。(めぐ)一里二百歩あり

沼田(ぬた)池。周一里五十歩あり

長田池。周り一里一百歩あり。

南入海。雜物等者。如秋鹿郡

北は大海なり。

自毛埼(しものさき) 秋鹿と楯縫との二郡の堺なり。崔嵬(さが)し。(かへ)(しげ)れり時に晨風(はやぶさ)有り

佐香濱(さかのはま)。廣五十歩あり

己自都(こしつ)濱。廣九十あり

御津(みつ)嶋。 紫菜(のり)()へり

御津濱。廣さ三十八歩あり。

能呂志(のろし)嶋。紫菜(のり)生へり。

能呂志濱。廣さ八歩あり。

鎌間(かまま)濱。廣一百歩あり

許豆埼(こづのさき)。長さ二里二百歩一里あり 周り嵯峨(さが)(ほとり)(いへついも)あり

許豆(こづ)嶋。紫菜(のり)()へり。

許豆濱。廣さ一百歩あり。 出雲と楯縫と二郡の境なり。

凡そ、北の海に在る(くさぐさ)は、秋鹿郡(あきかのこほり)けるが如し。(ただ)紫菜(のり)は、楯縫郡尤(まさ)れり。

通道(かよひぢ)秋鹿郡なる伊農(いぬ)に通ふは、八里二百六十四歩なり

出雲郡の堺なる宇加(うか)に通ふは、七里一百六十歩なり

郡司 主帳 无位       物部臣(もののべのおみ)

          大領 外從七位下 勳十二等 出雲臣(いづものおみ)

          少領 外正六位下 勳十二等 高善史(たかよしのふびと)



ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 


写真が多く使われ、わかりやすく『出雲国風土記』を解説しています。出雲の歴史旅には必需品です!

0 件のコメント:

コメントを投稿

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...