/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 楯縫郡 山野河川海岸通道 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

楯縫郡 山野河川海岸通道

 楯縫郡 山野河川海岸通道


神名樋山
(かむなびやま)郡家(ぐうけ)東北六里一百六十歩一百二十丈五尺
(めぐ)り二十一里一百八十歩あり(みね)西石神あり。高一丈(めぐ)一丈(こみち)(ほとり)小石神(こいしがみ)百餘(ばかり)あり。古老へにへらく、阿遲須枳高日子命(あぢすきたかひこのみこと)(きさき)天御梶日女命(あめのみかぢひめのみこと)久村(たくむら)來坐(きま)して、多伎都比古命(たきつひこのみこと)み給ひき。()(さと)()りたまひしく、「()(みこと)御社(みおや)向位(むかくら)に生まむと()りするに、此處(ここ)()き」とのりたまひき()はゆる石神は、(これ)多伎都比古命の御魂(みたま)なり(ひでり)()ひてを乞ふは、()らしめたまふ。

阿豆麻夜(あづまや)山。郡家正北(まきた)五里四十歩なり

見椋(みくら)山。郡家(ぐうけ)西北七里なり

凡そ、諸の山野に在る所の草木は、蜀椒(なるはじかみ)藍漆(やまあゐ)麥門冬(やますげ)伏令(まつほど)細辛(みらのねぐさ)白歛(やまかがみ)杜仲(はひまゆみ)人參(かのにけぐさ)升麻(とりのあしぐさ)薯預(やまついも)白朮(をけら)(すもも)(かへ)(にれ)(しひ)赤桐(あかぎり)白桐(きり)海榴(つばき)・楠・(つき)禽獸にはち、(わし)晨風(はやぶさ)山雞(やまどり)()鹿獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

佐香(さか)川。源郡家東北はゆる神名樋(かむなび)より出で、東南れて入に入る

多久(たく)川。源郡家東北神名樋山より出で、西南に流れて入海に入る。

都字(つう) つあり 東の水源(みなもと)阿都麻夜(あづまや)より出で、西水源(みなもと)見椋(みくら)より出づ 二つの水合ひて、南に流れて入海に入る。

宇加(うか)川。源じき見椋山より出で、に流れて入海に入る。

麻奈加比(まなかひ)池。(めぐ)一里一十歩あり

大東(おほひがし)池。周一里あり

赤市(あけち)池。(めぐ)一里二百歩あり

沼田(ぬた)池。周一里五十歩あり

長田池。周り一里一百歩あり。

南入海。雜物等者。如秋鹿郡

北は大海なり。

自毛埼(しものさき) 秋鹿と楯縫との二郡の堺なり。崔嵬(さが)し。(かへ)(しげ)れり時に晨風(はやぶさ)有り

佐香濱(さかのはま)。廣五十歩あり

己自都(こしつ)濱。廣九十あり

御津(みつ)嶋。 紫菜(のり)()へり

御津濱。廣さ三十八歩あり。

能呂志(のろし)嶋。紫菜(のり)生へり。

能呂志濱。廣さ八歩あり。

鎌間(かまま)濱。廣一百歩あり

許豆埼(こづのさき)。長さ二里二百歩一里あり 周り嵯峨(さが)(ほとり)(いへついも)あり

許豆(こづ)嶋。紫菜(のり)()へり。

許豆濱。廣さ一百歩あり。 出雲と楯縫と二郡の境なり。

凡そ、北の海に在る(くさぐさ)は、秋鹿郡(あきかのこほり)けるが如し。(ただ)紫菜(のり)は、楯縫郡尤(まさ)れり。

通道(かよひぢ)秋鹿郡なる伊農(いぬ)に通ふは、八里二百六十四歩なり

出雲郡の堺なる宇加(うか)に通ふは、七里一百六十歩なり

郡司 主帳 无位       物部臣(もののべのおみ)

          大領 外從七位下 勳十二等 出雲臣(いづものおみ)

          少領 外正六位下 勳十二等 高善史(たかよしのふびと)



ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 


写真が多く使われ、わかりやすく『出雲国風土記』を解説しています。出雲の歴史旅には必需品です!

コメント

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿