© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 宇美神社 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 宇美神社 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月15日月曜日

楯縫郡 郷里驛家

 楯縫郡 郷里驛家


楯縫郡(たてぬひのこほり)

(さと)四、 (こざと)一十二 餘戸(あまりべ)一、神戸(かむべ)

 佐香郷(さかのさと) も前に依りて用ゐる。

 楯縫(たてぬひ) 今も前に依りて用ゐる。

 玖潭(くたみ) (もと)の字は忽美(くたみ)

 沼田(ぬた) (もと)の字は努多(ぬた)

    以上四、郷別(さとごと)(こざと)

 餘戸里(あまりべのさと)

神戸(かむべ)

楯縫と(なづ)くる所以(ゆゑ)は、神魂命(かみむすびのみこと)()りたまひしく、「()十足天日栖宮(とだるあめのひすのみや)縱橫(たてよこ)御量(みはかり)()(ひろ)(たく)(はな)()ちて、(もも)(むす)びに結び、八十(やそ)びに結びげて、天御量(あめのみはかり)()ちて、所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)宮造(まつ)れ」と()りたまひて、御子天御鳥命(あめのみとりのみこと)楯部(たてぬひべ)()て、天降(あまくだ)ひき()退(まか)()して、大神御裝(みよそ)ひの楯造ひし所是なり()りてるまで、楯桙(たてほこ)りて、皇神等(すめがみたち)(かれ)楯縫

佐香郷(さかのさと)。郡家正東(まひがし)四里一百六十歩なり佐香(さか)河内(かふち)百八十神等(ももやそかみたち)(つど)()して、御厨(みくりや)ひて、酒を(かも)させ給ひき。卽百八十日(ももやそか)喜讌(さかみづき)して解散(あら)()しき(かれ)佐香と云ふ

楯縫郷(たてぬひのさと)。卽郡家(ぐうけ)けり 名をくこと郡の如し。 卽ち北の海濱(うみべ)紫菜磯(のりしのいそ)(いはや)あり(うら)(たてよこ)一丈半()各七尺あり(うら)あり。口(めぐ)六尺(わた)二尺。人入ることを。遠きを知らず

玖潭郷(くたみのさと)。郡家正西(まにし)五里二百歩なり所造天下大神命(あめのしたつくらししおほかみのみこと)天御(あめのみ)飯田(いひだ)御倉(みくら)造り給はむ()巡行(めぐ)給ひき()、「波夜佐雨久多美乃(はやさめくたみの)()ひき(かれ)忽美(くたみ)と云ふ 神龜三年に、字を玖潭と改む。

沼田郷(ぬたのさと)郡家の正西八里六十歩なり宇乃治比古命(うのぢひこのみこと)、「爾多(にた)を以て、御乾(みかれ)()()()()さむ」と()りたまひて、爾多(にた)()ふせひき。然れば爾多郷(にたのさと)()べきを、人猶努多(ぬた)と云ふのみ 神龜三年に、字を沼田と改む。

餘戸里(あまりべのさと) 名をくこと、意宇郡の如し。

神戸里(かむべのさと) 出雲なり。名をくこと、意宇郡の如し。

楯縫郡 山野河川海岸通道

 楯縫郡 山野河川海岸通道


神名樋山
(かむなびやま)郡家(ぐうけ)東北六里一百六十歩一百二十丈五尺
(めぐ)り二十一里一百八十歩あり(みね)西石神あり。高一丈(めぐ)一丈(こみち)(ほとり)小石神(こいしがみ)百餘(ばかり)あり。古老へにへらく、阿遲須枳高日子命(あぢすきたかひこのみこと)(きさき)天御梶日女命(あめのみかぢひめのみこと)久村(たくむら)來坐(きま)して、多伎都比古命(たきつひこのみこと)み給ひき。()(さと)()りたまひしく、「()(みこと)御社(みおや)向位(むかくら)に生まむと()りするに、此處(ここ)()き」とのりたまひき()はゆる石神は、(これ)多伎都比古命の御魂(みたま)なり(ひでり)()ひてを乞ふは、()らしめたまふ。

阿豆麻夜(あづまや)山。郡家正北(まきた)五里四十歩なり

見椋(みくら)山。郡家(ぐうけ)西北七里なり

凡そ、諸の山野に在る所の草木は、蜀椒(なるはじかみ)藍漆(やまあゐ)麥門冬(やますげ)伏令(まつほど)細辛(みらのねぐさ)白歛(やまかがみ)杜仲(はひまゆみ)人參(かのにけぐさ)升麻(とりのあしぐさ)薯預(やまついも)白朮(をけら)(すもも)(かへ)(にれ)(しひ)赤桐(あかぎり)白桐(きり)海榴(つばき)・楠・(つき)禽獸にはち、(わし)晨風(はやぶさ)山雞(やまどり)()鹿獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

佐香(さか)川。源郡家東北はゆる神名樋(かむなび)より出で、東南れて入に入る

多久(たく)川。源郡家東北神名樋山より出で、西南に流れて入海に入る。

都字(つう) つあり 東の水源(みなもと)阿都麻夜(あづまや)より出で、西水源(みなもと)見椋(みくら)より出づ 二つの水合ひて、南に流れて入海に入る。

宇加(うか)川。源じき見椋山より出で、に流れて入海に入る。

麻奈加比(まなかひ)池。(めぐ)一里一十歩あり

大東(おほひがし)池。周一里あり

赤市(あけち)池。(めぐ)一里二百歩あり

沼田(ぬた)池。周一里五十歩あり

長田池。周り一里一百歩あり。

南入海。雜物等者。如秋鹿郡

北は大海なり。

自毛埼(しものさき) 秋鹿と楯縫との二郡の堺なり。崔嵬(さが)し。(かへ)(しげ)れり時に晨風(はやぶさ)有り

佐香濱(さかのはま)。廣五十歩あり

己自都(こしつ)濱。廣九十あり

御津(みつ)嶋。 紫菜(のり)()へり

御津濱。廣さ三十八歩あり。

能呂志(のろし)嶋。紫菜(のり)生へり。

能呂志濱。廣さ八歩あり。

鎌間(かまま)濱。廣一百歩あり

許豆埼(こづのさき)。長さ二里二百歩一里あり 周り嵯峨(さが)(ほとり)(いへついも)あり

許豆(こづ)嶋。紫菜(のり)()へり。

許豆濱。廣さ一百歩あり。 出雲と楯縫と二郡の境なり。

凡そ、北の海に在る(くさぐさ)は、秋鹿郡(あきかのこほり)けるが如し。(ただ)紫菜(のり)は、楯縫郡尤(まさ)れり。

通道(かよひぢ)秋鹿郡なる伊農(いぬ)に通ふは、八里二百六十四歩なり

出雲郡の堺なる宇加(うか)に通ふは、七里一百六十歩なり

郡司 主帳 无位       物部臣(もののべのおみ)

          大領 外從七位下 勳十二等 出雲臣(いづものおみ)

          少領 外正六位下 勳十二等 高善史(たかよしのふびと)



ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 


写真が多く使われ、わかりやすく『出雲国風土記』を解説しています。出雲の歴史旅には必需品です!

楯縫郡 寺院神社

楯縫郡 寺院神社


新造院(しんざうのゐん)一所。沼田(ぬた)郷のにあり嚴堂(こんだう)建立()郡家(ぐうけ)正西(まにし)六里一百六十歩なり大領(かみ)出雲大田(おほた)る所なり。

久多美社(くたみのやしろ)玖潭神社) 多久(たく)多久神社)
佐加(さか)佐香神社) 乃利斯(のりし)能呂斯神社)
御津(みつ)御津神社) (みづ)神社)
宇美(うみ)宇美神社) 許豆(こづ)許豆神社)
(おなじ)許豆神社)

以上九所は、並びに神祇官あり。
許豆乃(こづの) (また)許豆社
又許豆社 久多美社
(おなじ)久多美社 高守(たかもり)
(また)高守社 紫菜嶋(のりしま)
鞆前(ともさき) 宿努(すくぬ)
埼田(さきた) 山口(やまぐち)
葦原(あしはら) 又葦原社
又葦原社 峴之(みねの)
阿牟知(あむち)

葦原(あしはら)

田々(ただ)

以上一十九所は、並びに神祇官にあらず。
  

出雲国風土記 島根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...