スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(事解男命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 神門郡 『火守社(火守神社)』

出雲国風土記 神門郡 『火守社(火守神社)』 御 由 緒 火守(ほもり)神社略記 一、御祭神 主祭神 櫛八玉命 国譲りが行われた多藝志之小浜(現武志町 鹿島神社付近で)膳夫(接待役)として館を建て、土器を作り、火を切り出し、盛沢山の料理で使者をもてなして、交渉が円満に成立するように尽力された。料理の祖神として祀られている。 ---古事記--- 配祀神 伊邪那岐命 熊野神社の御祭神、明治以前は字那手の氏神神社 事解男命 速玉男命 応神天皇 八幡宮の御祭神 (熊野神社の右脇に鎮座 最古の棟札は天文十二年)西暦一五四三年  四六八年前 息長足姫命 武内宿禰命 木花咲耶姫命 朝間神社の御祭神 神社は村内共和の井下の後の岩山に鎮座 創立は明和二年現在は社殿も新築され、太平、西谷の有志の方により篤く崇拝されている。 大歳神 大歳神社の御祭神 元は宇那手下集会所の地に鎮座、今も廻の方々に依り二月七日に午前は祷家祭、午後は神社で例祭が斎行され崇敬されている。創立は明和二年(一七六五年) 御歳神 若歳神 一、祭日 ◎祈年祭 四月一日 ◎例祭十月第二日曜日 ◎献穀祭十二月一日 一、由緒 創立年代は不詳なれど、出雲國風土記に式外社『火守社』と記されており、これ以前と云うことになる。宇那手村右谷の屋敷の下に有る火鑚瀧の淵付近に『火鑽社』として鎮座されていたと言い伝えれる。 村内には、熊野神社 八幡宮 朝間神社 大歳神社 も鎮座され、戦国時代には領主古志氏から篤く崇敬を受けていたと云う。 火鑚社は、明和二年(西暦一七六五年)江戸中期に村内平林に遷座されている。 明治以前は熊野信仰が盛んで、村内でも産土神社は熊野神社であった。明治四年に「火切大明神」は社格が『郷社』に昇格し、熊野神社に代わって産土神社となった。この時に神社名を、出雲國風土記に 記載された社名の【火守神社】に改名することになる。 明治四十年に火守神社 八幡宮 朝間神社 大歳神社を熊野神社(現在の社殿)へ合殿合祀することになる。同時に、産土神社である火守神社が主祭神となって今日に至る。 現在の社殿は寛政七年(西暦一七九

出雲国風土記 楯縫郡 『宇美社(宇美神社)』

出雲国風土記 楯縫郡 『宇美社(宇美神社)』 御 由 緒 宇美神社御由緒略記 式内社 宇美神社   主祭神 布都御魂神 配 祀 熊野神社  祭 神 伊弉册尊 速玉男命 事解男命     春日大明神 祭 神 天児屋根命     若宮大明神 祭 神 太玉手力男命     大歳大明神 祭 神 大歳神 御由緒  出雲国風土記(天平5年=七三三年)当地は楯縫郡沼田郷とあり、当社は「宇美社」として記される古社であります。 社号「宇美」の起因は、祭神布都御魂神が、出雲国に御来臨の際、海上より御上陸になった所からこの社号ありと伝えられ、古来より国家鎮護、民生安穏、百事成就の守護神又武勇神として尊信されております。現境内地には応永元年(一三九四年)本領小村家、杉原家の祖により紀伊熊野三山から御分霊を勧請し熊野権現社として奉称され、その後天正十六年(一五八八年)廻田に御鎮座の本領長廻家の氏神であろ 廻大明神(宇美神社)を始め天満宮、春日神社、若宮神社、大歳神社、伊勢宮の七社をここに合祀しています。 その後社号は熊野権現社、熊野神社、平田権現、平田神社、宇美熊野神社、或は俗に眞薦の宮などと称さ れました。明治五年に宇美神社と改称。 昭和五十六年島根県神社庁より特別神社の指定を受け今に至る古社であり名社であります。  宇美神社祭礼    一月一日  歳旦祭    十月十一日 前夜祭    二月三日  節分祭      一二日 例大祭     六月三十日 水無月祓月  十一月十五日 七五三祭              (輪くぐり)      十二月一日 解除祭 摂社  平田天満宮 祭 神 菅原道真        配 祀 少彦名命(手間天神) 御由緒   創立年代不詳   昔時、天満宮社は管公を御祭神として愛宕山東麓に御鎮座であり、天正年間現境内地に合祀されその後宝永八年(一七一一年)境内社 として分離奉遷。宝暦二年(一七五二年)儀満犬助持綱が新社殿を 建立すると共に少彦名命の御神像を当家の井戸より御発見申し上げ配祀されております。  翌三年悪病退散を祈願し、初めて例祭時 に神幸式(おたび)が行なわれ、寛政四年 (一七九二年)には寺町の住人で表具師であった桔梗屋十兵衛がおたびをお迎えするのに一式飾を作って