/*(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src= 'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,'script','dataLayer','GTM-MSDCSD6'); /*]]>*/ 出雲国風土記 意宇郡 『加豆比乃社(富田八幡宮境内社勝日神社)』 スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』

出雲国風土記 出雲郡 『御魂社(伊能知比賣神社)(天前社)』 今回は、出雲大社瑞垣内の本殿の東側に鎮座する脇宮三社と呼ばれるうちの一社『神魂伊能知比売神社』(かみむすびいのちひめのかみのやしろ)(天前社・あまさきのやしろ)を紹介します。  御祭神は蚶貝比売命(きさがいひめのみこと)と蛤貝比売命(うむがいひめのみこと)で、 兄神たちに騙され、大やけどを負って落命した大國主大神を治療して蘇らせたという二柱の女神です。  また、蚶貝比売命は『出雲国風土記』では、『支佐加比賣命』として嶋根郡の条の加賀郷と加賀の神埼の名前の由来について登場し、 蛤貝比売命は『宇武賀比賣命』として嶋根郡の条の法吉郷の名前の由来について登場します。 加藤義成氏の『出雲國風土記』では、否定している神社はありませんが、他 に御魂社に比定する説があります。 伊能知比賣神社(天前社) 瑞垣内は撮影出来ないのですが…八足門の格子の隙間からこっそりとパシャリ!📸 後で警備員に叱られました…!😢 天前社と本殿 右は 大神大后神社(御向社) ...御祭神は須勢理比売命 御由緒 神魂伊能知比売神社(天前社) 御祭神 蚶貝比売命     蛤貝比売命 由緒 瑞垣の内、御向社の東側に並び御鎮座です。 御祭神の蚶貝比売命・蛤貝比売命は、大國主大神がお若い頃に神々に よる多くの試練をお受けになら れて大大傷を負われた時、祖神の御命により大神の治療看護に当たられた女神です。 女神たちの看護によって大神は健やかなお姿に蘇られ、女神は「看護の神」と称えられています。 祭日 一月一日、十五日、二月十七日、 五月十四日、十五日、十六日 八月一日、十五日、十一月二十三日 旧十月十日、十五日、十七日 地図 問い合わせ 住 所  島根県出雲市大社町杵築東195 電 話  0853-53-3100 8:30~17:00 ホームページ   出雲大社 メールアドレス   問い合わせフォーム 駐 車 場  出雲大社の周りには複数あります。   出雲大社 参拝者大駐車場

出雲国風土記 意宇郡 『加豆比乃社(富田八幡宮境内社勝日神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『加豆比乃社(富田八幡宮境内社勝日神社)』


ご 由 緒
富 田 八 幡 宮  とだはちまんぐう (島根県安来市広瀬町広瀬) 
総説 
当社は島根県安来市広瀬町広瀬勝日山に鎮座し、社有風致保安林共三万坪、参道は苔むした石畳が両脇の杉、欅の大樹に覆われ、神秘的な森厳さが保たれており、パワースポットと呼ばれています。社殿の構成については、精細かつ巧緻であり、近辺のお社にはそれを比較するものはありません。本殿、中殿(幣殿)、拝殿、神饌所、楼門、随神門、末社、手水舎、社務所などを備えています。

祭神 
主祭神 応神天皇(誉田別尊) 
配祀神 天照大神 神功皇后 仁徳天皇

神紋 
三つ巴

祭日 
例祭 十月十五日 春祭 四月十五日 新嘗祭 十一月二十三日 


有形文化財 島根具指定 昭和五十年八月十二日
本殿 (流れ造) 山陰地方では稀有の神社建築
中殿(切破風) 石畳造り 
拝殿(入母屋造) 十二枚通しの板張り 能楽殿の形式
能面二面(社宝)  ・面 孫次郎(女性)  ・面中将(男性) 

由緒概要 
欽明天皇三十一年(五六〇)に創立。当初は富田月山に鎮座。保元年間(一一五六~一一五九)に平家の武将悪七兵衛景清(藤原景清)が富田の城郭を築くにあたり、月山頂上の勝日高守神社は城内鎮守とし、それまで山麓の里宮勝日神社(延喜式内社)と共に霊地を求め現在の地に奉遷しました。(奉遷の際の話は「景清の矢中松」と言われ、境内の旧跡の一つとして、今なお保存されています。) 
 その後歴代の国主、藩主は領内の大氏神として崇敬し、神領の寄進、社殿の造営、境内の整備等奉仕しました。明治維新後、明治五年に郷社に列せられ、昭和二年九月九日には県社に昇列しました。(県社昇列は島根県下の八幡宮としては最初でした。) 第二次世界大戦後は当社も一宗教法人として再発足いたしましたが、神威は変わることなく、昭和五十年七月一日には島根県神社庁から特別神社の指定を受け、今日に至っています。 

境内神社
勝日神社(延喜式内社) 祭神・大己貴命 祭日・四月十五日 
古くは月山頂上の勝日高守神社の里宮として山腹に鎮座。

須賀神社(旧社号祇園社) 祭神・須佐之男命 祭日・七月十九日、二十日、二十一日 
古来悪疫除去の神として信仰され、祭典は盛大を極め、神輿渡御、提灯行列は特に有名。島根の三大夏祭りの一つ。 

武内神社(出雲武内大神) 祭神・武内宿禰 祭日・八月三十一日、九月一日 
出雲国内同名神社の本社といわれ、開運延寿の神様。疫神の火祭り等で多くの参拝者。

蛭子(えびす)神社(旧社号恵比須神社) 祭日・四月六日恵比須市が立つ。 
酒解(さかとき)神社 大社(おおやしろ)神社 稲荷神社(開運稲荷・博労稲荷) 
『富田八幡宮御由緒書』より


御 祭 神
応神天皇(誉田別尊) 
配  祀
天照大神 神功皇后 仁徳天皇

富田八幡宮-本殿
本殿
富田八幡宮-本殿
本殿
富田八幡宮-本殿と拝殿
本殿と拝殿
富田八幡宮-拝殿
拝殿
富田八幡宮-県道45号線の社号標
県道45号線の社号標
富田八幡宮-扁額
扁額
富田八幡宮-県道45号線の鳥居
県道45号線の鳥居
富田八幡宮-鳥居の扁額
鳥居の扁額
富田八幡宮-階段下鳥居
階段下鳥居
富田八幡宮-参道階段
参道階段
富田八幡宮-参道
参道
富田八幡宮-手水舎
手水舎
富田八幡宮-隋神門
隋神門
富田八幡宮-楼門
楼門
富田八幡宮-狛犬
狛犬
富田八幡宮-狛犬
狛犬
富田八幡宮-取り替えられた狛犬(?)
取り替えられた狛犬(?)
富田八幡宮-石碑
何かの石碑
富田八幡宮-荒神社(?)
荒神社(?)
富田八幡宮-境内社 稲荷神社
境内社 稲荷神社(開運稲荷・博労稲荷)

境内社 勝日神社「加豆比乃社」
富田八幡宮-境内社 勝日神社
 勝日神社
富田八幡宮-境内社 勝日神社 扁額
 扁額
富田八幡宮-勝日神社 狛犬
 狛犬
富田八幡宮-勝日神社 狛犬
 狛犬
『出雲国風土記』で「加豆比乃社」に比定される。
主祭神は大己貴命で、相殿に須佐之男神・稲田姫神を祀る。

富田八幡宮-境内社 蛭子神社
境内社 蛭子神社
富田八幡宮-境内社 酒解神社
境内社 酒解神社
富田八幡宮-境内社 酒解神社 狛犬
酒解神社 狛犬
富田八幡宮-境内社 酒解神社 狛犬
酒解神社 狛犬


富田八幡宮-境内社 武内神社
境内社 武内神社(武内宿禰)
富田八幡宮-境内社 武内神社 扁額
武内神社 扁額
富田八幡宮-境内社
境内社
富田八幡宮-境内社 大社神社
境内社 大社神社
富田八幡宮-境内社 大社神社 狛犬
大社神社 狛犬
富田八幡宮-境内社 大社神社 狛犬
大社神社 狛犬
富田八幡宮-参道の境内社
参道の境内社
富田八幡宮-神社前(駐車場)
神社前(駐車場)
富田八幡宮-境内社 須賀神社 本殿と拝殿
境内社 須賀神社 本殿と拝殿
富田八幡宮-境内社 須賀神社 拝殿
須賀神社 拝殿
富田八幡宮-境内社 須賀神社 扁額
須賀神社 扁額
富田八幡宮-境内社 須賀神社 参道階段
須賀神社 参道階段
富田八幡宮-境内社 須賀神社 狛犬
須賀神社 狛犬
富田八幡宮-境内社 須賀神社 狛犬
須賀神社 狛犬
富田八幡宮-境内社 須賀神社 鳥居
須賀神社 鳥居
富田八幡宮-境内社 須賀神社 手水
須賀神社 手水
富田八幡宮-景清の矢中松
景清の矢中松 富田城は、保元平治(一一五六~七一五九)の頃、平家の侍大将悪七兵衛藤原景清が築城したと伝えられている。
築城の際、山腹の八幡社を移し奉る場所を定めかね、暗夜に山上より矢を放ち、達した場所に定めんとしたところこの松に当ったという。
富田八幡宮-景清の矢中松
景清の矢中松

地図

問い合せ
住 所
島根県安来市広瀬町広瀬86-14
電 話
0854-32-2654(富田八幡宮社務所)
ホームページ
--
メールアドレス
--
ご朱印
有無は不明
駐 車 場
神社前に広い駐車場があります。

コメント

人気の投稿