© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 小田神社 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 小田神社 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年2月16日火曜日

神門郡 寺院神社

 神門郡 寺院神社 

彌九賀神社


新造院(しんざうのゐん)所。朝山郷の(うち)にあり。郡家正東(まひがし)二里六十歩なり嚴堂(ごんだう)建立()神門臣(かむどのおみ)(たち)りし所なり

新造院(しんざうのゐん)一所。古志郷のにあり。郡家東南一里なり刑部臣(おさかべのおみ)等がりし所なり。(もと)、嚴堂を立つ。


美久我社(みくがのやしろ)(彌九賀神社) 阿須理(あすり)(阿須利神社)
比布知(ひふち)(比布智神社) 比布(ひふ)()(同社坐神魂子角魂神社)
多吉(たき)(多伎神社) 夜牟夜(やむや)(塩冶神社)
矢野(やぬ)(八野神社) ()()()佐伯神社)
奈賣佐なめさ社(那賣佐神社) 知乃(ちの)智伊神社)
淺山(あさやま)朝山神社) 久奈爲(くなゐ)久奈為神社)
佐志牟(さしむ)佐志武神社) 多支枳(たきき)多伎芸神社)
阿利(あり)阿利神社)  阿如(あね)阿禰神社)
()(むら)國村神社) 那賣(なめ)()同社坐和加須西利比売神社)
阿利(あり)同社坐加利比売神社) 大山(おほやま)大山神社)
保乃(ほの)()富能加神社) 多吉(たき)同社大穴持神社)
夜牟夜(やむや)塩冶比古神社) 夜牟(やむ)()塩冶比古麻由彌能神社)
比奈(ひな)比那神社)

以上二十五所は、並びに神祇官あり。
(やむ)() (おなじ)(やむ)()
()(もり) 久奈子(くなこ)
久奈子(くなこ) 加夜(かや)
小田(をだ)   波加佐(はかさ)
波加佐(はかさ) 多支(たき)
多支々(たきき) 波須波(はすは)

以上一十二所は、並びに神祇官にあらず。



ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 

古代出雲の国づくりや鉄作り、出雲大社の成り立ち、国引き神話、日本海の交易や九州と島根半島のつながりなどを著者が現地を訪ね歩き、軟らかい紀行文で紹介しています。1993年に発行した『出雲風土記の旅 神々のくにそのくにびと』に古事記の出雲神話を加えた改訂版です。(楽天ブックス「商品説明」より)

神門郡 山野河川海岸通道

 神門郡 山野河川海岸通道


()(また)山。郡家(ぐうけ)正南(まみなみ)一十九里なり檜・杉あり。

長柄(ながら)山。郡家(ぐうけ)東南一十九里なり檜・杉あり

吉栗(よしくり)山。郡家西南二十八里なり檜・杉あり はゆる所造天下大神(みや)()なり。

宇比(うひ)多伎(たき)山。郡家東南五里五十六歩なり。大神御屋なり。

稻積(いなづみ)山。郡家東南五里七十六歩なり。大神稻積なり。

(かげ)山。郡家東南五里八十六歩。大神()(かげ)なり。

(いね)山。郡家正東(まひがし)五里一百一十六歩なり。東樹林(はやし)あり。三方びになり。大神()(いね)なり。

(ほこ)山。郡家東南五里二百五十六歩なり。南西びに樹林あり。東びになり。大神御桙なり。

(かがふり)山。郡家東南五里二百五十六歩なり。大神()(かがふり)なり。

凡そ、(もろもろ)山野(やまぬ)る所の草木は、白歛(やまかがみ)桔梗(ありのひふき)藍漆(やまあゐ)龍膽(えやみぐさ)商陸(いをすき)續斷(おにのやがら)獨活(うど)白芷(かきもち)秦析(かははじかみ)百部根(ほとづら)百合(ゆり)巻柏(いはくみ)石斛(いはぐすり)升麻(とりのあしぐさ)當歸(やまぜり)石葦(いはくさ)麥門冬(やますげ)杜仲(はひまゆみ)細辛(みらのねぐさ)伏令(まつほど)葛根(くずのね)薇蕨(わらび)(すもも)蜀椒(なるはじかみ)(かへ)・赤桐・白桐(きり)椿(つき)(つみ)(にれ)(きはだ)(かぢ)禽獸にはち、(わし)(たか)晨風(はやぶさ)山雞(やまどり)(うずら)・熊・()鹿獼猴(さる)飛鼯(むささび)あり。

神戸(かむど)川。源は飯石郡(いひしのこおり)琴引(ことひき)より出でてれ、來嶋(きじま)波多(はた)須佐(すさ)の三郷を()て、神門郡の餘戸里()(たち)に出で、神戸(かむべ)朝山(あさやま)古志(こし)の三郷を經、西れて(みず)(うみ)に入る。則年魚(あゆ)(さけ)麻須(ます)伊具比(いぐひ)あり

多岐(たきの)小川(おがは)。源郡家西南三十三里なる多岐より出で、西にれて大海にはいる年魚(あゆ)あり

宇加池(うかのいけ)(めぐ)三里六十歩あり

來食(くぐひ)池。周里一百四十歩あり。菜あり

笠柄(かさがら)池。周一里六十歩あり菜あり。

剡屋(さしや)池。周一里あり。

神門水海(かむどのみづうみ)。郡家正西(まにし)四里五十歩なり(めぐ)り三十五里七十四歩あり。(うち)には鯔魚(なよし)鎭仁(ちに)須受枳(すずき)(ふな)玄蠣(かき)あり。卽水海大海とのあり。長さ二十二里二百三十四歩あり()意美豆努命(おみづぬのみこと)國引()ししなり。今俗人(なづ)けて(そのの)松山(まつやま)と云ふ(ところ)形體(さま)(つち)(いは)(なら)びになし。白(いさご)のみがれり。卽茂繁(しげ)るも、四風(よものかぜ)は、(いさご)れて松の林を(おほ)(うづ)。今(としごと)もりて(なか)(のこ)れり。恐らくはもれ()てむか。松山なる美久我より起りて、石見と出雲との二國なる、中嶋埼(いた)、或るは平濱(はま)、或るは陵礒(いそ)なり

凡そ、北の海に在る所の(くさぐさ)は、楯縫郡けるが如し。(ただ)紫菜(のり)なし。

通道(かよひぢ)。出雲(さかひ)なる出雲(ほとり)に通ふは、七里二十五歩なり

飯石郡の堺なる堀坂(ほりさか)ふは、一十九里なり

同じ郡の堺なる與曾紀(よそき)ふは、二十五里一百七十四歩なり

石見國の安濃郡(あぬのこほり)の堺なる多伎々(たきき)ふは、三十三里なり。路(せき)あり

同じ安濃郡の川相(かはひ)郷にふは、三十六里なり(みち)には(せき)あらず(ただ)(まつりごと)ある時にりて、(かり)くのみ

(さき)(くだり)五郡は、(なら)びに大海なり

     

         郡司  主帳    无位   刑部臣(おさかべのおみ)

         大領  外從七位上 勳十二等 神門臣(かむどのおみ)

         擬少領 外大初位下 勳十二等 刑部臣

         主政  外從八位下 勳十二等 吉備部臣(きみべのおみ)



ここからはぐうたら亭主のおすすめです!! 

古代出雲の国づくりや鉄作り、出雲大社の成り立ち、国引き神話、日本海の交易や九州と島根半島のつながりなどを著者が現地を訪ね歩き、軟らかい紀行文で紹介しています。1993年に発行した『出雲風土記の旅 神々のくにそのくにびと』に古事記の出雲神話を加えた改訂版です。(楽天ブックス「商品説明」より)

出雲国風土記 島根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』

出雲国風土記 嶋根郡 『爾佐加志能為社社(爾佐加志能為神社)』 御 由 緒 爾佐加志能為神社 (野井浦) 祭神  大己貴命  歴史の足跡 現在、野井の神社といえば『出雲国風土記』、そして『延喜式』にみえる 古社「爾佐加志能為神社」である。同じ「爾...