スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(天忍穂耳命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 意宇郡 『宍道社(氷川神社)』

出雲国風土記 意宇郡 『宍道社(氷川神社)』         御  由 緒   本社は、出雲國風土記、延喜式には見えないが元祇園社と 称し地方民の深く崇敬する神社で、貞観十八年この地方に 流行した悪病の平癒を祈願して同年丙申十月十一日に勧請 京都祇園社と同体なり伝々と見えている。  以後、疫病退散・無病息災・開運長寿の守護神として 地方民の崇敬をあつめ中世には佐々木氏・宍道氏・近世 では堀尾氏、京極氏、松平氏の歴代松江藩主より祭典料を 寄進して祈願した。また、千家、北島両出雲國造が火継ぎ 神事の際、大庭へ参向の途中休憩された由緒ある神社である。 明治三年、祇園社を氷川神社と改称し明治七年、猪道山 にあった三崎神社(宍道社)及び町内にあった客社、恵美須社・ 焼火社を合祀して宍道町の氏神になった。  なお、明治四十年四月には神饌幣帛供進社に指定され昭和 五十年には県特別神社に指定された。 『 氷川神社  社頭掲示板』より 注. 明治四十年四月には、大字宍道字猪道山九一九の二に鎮座されていた 三崎神社(宍道社) を合祀しました この三崎神社が、『出雲国風土記』にある『宍道社』に比定される。 氷川神社の禰宜は 大森神社 ・ 亀島神社 ・ 佐為神社 ・ 宇賀神社 ・ 丹部神社 ・ 伊甚神社 ・ 金山八幡宮 の宮司も兼務されており、宍道の神社( 女夫岩遺跡 を含めた8か所)を周る 『宍道神社巡拝スタンプラリー』 などもされています。 御 祭 神 建早須佐之男命 櫛稲田姬命 天忍穂耳命 天穂日命 天津日子根命 活津日子根命 熊野久須昆命 多岐理比賣命 多岐都比賣命 市杵島比賣命 配  祀 大己貴命、大國主命、事代主命、客大明神、焼火大神 本 殿 本 殿 本殿礎石 扁 額 道守稲荷神社:倉稲魂命 天満宮:菅原道真 蚕養國神社:保養神 歳徳神:大年之神 御札所 隋神門 龍神の祠(⁉) 御朱印 狛 犬 狛 犬 狛 犬 狛 犬 狛 犬 狛 犬 狛 犬 狛 犬 狛 犬 狛 犬 手 水 社頭掲示板 鳥 居 地図 問い合せ 住 所 島根県松江市宍道町宍道858 電 話 0852-66