出雲国風土記 出雲郡 『立虫社(立虫神社)』

立 虫 神 社 御 由 緒

立虫神社
 ◆御祭神  主祭神 五十猛命 大屋津姫命 抓津姫命
       配祀神 大名牟遅命 伊弉冊大神
主祭神の三柱は、父の素戔嗚尊と共に斐伊川の源流、烏上の峰に天降り、本種を四方に播き植えながら当地に鎮まられたとされる。古くより神立、千家地域の人々の 暮らしを守る産土大神として篤い崇敬を集めてきた。
また、御祭神の神徳にあやかり、林業、土木、建築、耕地の開発発展に霊験あらたかとして関係者のお参りも多い。配祀神の二柱は、出雲国造家ゆかりの旧千家村に鎮座 していた客神社の御祭神で、大正九年に本殿内に合祀された。

 ◆社史概要
立虫社、立虫神社の社名は、「出雲国風土記」や「延喜式』に見えるが、その起源は定かではない。  元は、ここから南西方向へ約七八百米ほど隔てた斐伊川の中洲に鎮座していた。ところが 江戸時代の寛文十年(一六七〇)、大洪水に伴い、万九千社の境内へと遷宮された。  近世以前は神立大明神などと呼ばれていたが、明治維新以後は立虫神社と改称し 村社に列せられた。大正九年には、旧千家村の客神社を合祀。昭和二十一年以後は 神社本庁の包括下となり、昭和五十年、島根県神社庁から特別神社の称を賜った。

 ◆主な祭日 一、一月一日       歳旦祭
                一、三月二十七日     祈年祭
                一、七月二十五日   夏祭 大祓(※現在は二十五日に近い日曜日)
                一、九月二十八日   例祭
                一、十月、第一日曜日   秋祭 例祭奉祝祭
                一、旧暦十月二十七日   新嘗祭
                一、十二月三十一日   大祓

御 祭 神
五十猛命 大屋津姫命 抓津姫命
配  祀
大名牟遅命 伊弉冊大神
立虫神社 本殿
立虫神社 本殿裏
立虫神社 本殿裏の彫刻
立虫神社 拝殿
お建て替え中の立虫神社の社殿
立虫神社 社号標
立虫神社 御由緒
立虫神社 御朱印


境内社:稲荷社
境内社:和田津見社
境内社:大地主ノ命
境内社:大地主ノ命
境内社:才ノ上社
境内社:旅伏社
境内社:金比羅社
出雲大社遥拝所
境内社:秋葉社
御神木:木俣さん
祭神 木俣神
子宝授かり 安産の守り
古代からわが国では、木の幹が大きく二股に分かれる処には、子宝を授け安産をもたらす不思議な力が宿ると崇められてきました。
狛 犬
狛 犬
手水舎
神社 参道
社 頭

地 図

問い合せ
住 所
島根県出雲市斐川町併川258
電 話
0853-72-9412
ホームページ
メールアドレス
— —
駐 車 場
出雲大社方面から国道9号線を東に進み、からさで大橋を渡りすぐの交差点を左折すると神社への案内板があります。
神社の前の公園と東側に駐車場があります。

QooQ