スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(葦原醜男命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 楯縫郡 『葦原社・又葦原社(葦原神社)』

出雲国風土記 楯縫郡 『葦原社・又葦原社(葦原神社)』 御 由 緒 『 神社検索(島根) 』によると、 永禄九年(1566)丙寅、式内社又熊野社に高内弾正葦原社を併社する。同年九月七日、「大倉之丞久吉」により移転、遷宮を行う。 ※ 出雲国風土記には、葦原社・又葦原社・又葦原社・葦原社と4社が記載されている。 ※ 御祭神の葦原醜男命の「醜」の語意は「鬼のように強い」という意味で、 「葦原」は現実の人間の住む地上の世界」という意味で強く勇猛な男の神のことを表したもので大国主神の別名である。 古事記上の大国主神の事績の条に大国主の神は五つの御名があるがその内の別名が「葦原の色許男の神であると記されている。 御 祭 神 葦原醜男命(大国主神・大穴持命の別名) 本 殿 本 殿 拝 殿 葦原神社 扁額 神拝詞 狛 犬 狛 犬 境内社:石上神社 御井神・ 伊弉冊命・事解男命・速玉男命 石祠とお願い石 古来より、この石を左、右、左手の順に、撫でて、お願い事を唱えると叶うと云う。 詳忠碑 参道階段 鳥 居 地 図 問い合せ 住 所 島根県出雲市西郷町137 電 話 0853-63-2102 ホームページ -- メールアドレス -- 駐 車 場 出雲方面から国道431号線を平田方面に向かい、県道275号線との本田橋交差点を左折して1.5km程進んだ交差点を右折すると右手に鳥居が見えます。 車は神社の鳥居の横に止められます。

出雲国風土記 神門郡 『奈賣佐社』『那賣佐社』(那賣佐神社)

出雲国風土記 神門郡 『奈賣佐社』『那賣佐社』(那賣佐神社) 御 由 緒  大国主命又の名を葦原醜男命と申し上げその后神は須佐之男命の御子でこの里の岩坪で生誕せられたという須勢理姫命 であります。天平五年(西暦七三三年)に編纂された出雲国風土記によれば御祭神御夫婦が仲睦しく岩坪の宮殿で お暮しになっていたとき、或る日社前の渓流が岩苔の上をなめらかに流れているの をご覧になって「滑し磐石なるかも」と仰せられた「なめしいわ」が約って「なめさ」となり、 この地方を滑狹郷と称するようになった記録があります。 又これより約二百年後の、延喜式神名帳に当社は神祇官に登録してある神門郡二十七座の内にあり、 これを式内社といいます。 享保年間の雲陽誌には高倉明神とあり高倉山に鎮座せられているところから通称「高倉さん」とも称し、 明治五年には社格郷社に列せられるなど洵に由緒深い神社であります。 『那賣佐神社 案内板』より 御 祭 神 葦原醜男命 配  祀 須勢理姫命 合  殿 伊邪那岐命 本 殿 拝 殿 外 観 扁 額 狛 犬 狛 犬 境内社:伊邪那岐命社 名木 ムクロジ 参道の階段 参道途中の鳥居 参道の階段 参道の階段 社号標 御由緒(案内板) 地図 詳 細 住 所 島根県出雲市東神西町720 出雲国風土記 在神祇官社として『奈賣佐社』と『那賣佐社』と二社が載っている。 注 神社まで約200段の階段があります。 歩きやすい服装や靴をおすすめします。 ご朱印 有無は不明 駐 車 場 道路上に待避所がありそこに駐車できます。