© 2019 ぐうたら亭主
ラベル 阿遅須伎高日子根命 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 阿遅須伎高日子根命 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2021年3月17日水曜日

出雲国風土記 出雲郡 『阿受伎社(阿須伎神社)』

出雲国風土記 出雲郡 『阿受伎社(阿須伎神社)』

御 由 緒
延喜式内社
阿須伎神社 由緒      
(出雲大社摂社)
御祭神 阿遅須伎高日子根命 ほか十柱
 由 緒
当社は延喜式(九二七)に十一社、更に古い天平五年 (七三三)の出雲國風土記には三十九社をかぞえるほどこの近在では、いちばん多くその名の見える由緒ある神社ですが、現在は当社を遺すのみで他の同名の社はすべて当社に合祀されたと伝えられています。
主祭神 阿遅須伎高日子根命は大国主命の御長男神に坐して、御父神と共に「切れ味のよい鋤」をおとりになって、国土創生におおいなるご神威を発揚なされました。その御事蹟により、御名とともに御神徳が高くたえられています。
社殿は、昭和六十二年の遷宮時に銅板葺に改められましたが、大社造の古格をそのまゝ今日に伝え、その宏大な規模とともに貴重な文化財でもあります。
(『阿須伎神社』案内板より)

阿須伎神社に祀られている御祭神

主祭神

 阿遅須伎高日子根命(あちすきたかひこねみこと)

合殿神(あいどののかみ)

 五十猛命(いたけるのみこと)     素盞嗚命の御子神 武勇神

 天稚彦命(あめのわかひこみこと)  高天原より国譲りの神使 阿遅須伎高日子根命とは朋友神

 素盞嗚命(すさのおのみこと)   阿遅須伎高日子根命の御祖父神

 下照姫命(したてるひめのみことみこと) 阿遅須伎高日子根命の妹神で天稚彦命の御后神

 猿田彦命(さるたひこのみこと)        天孫降臨の際先導先〇をつとめた除災の神

 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)     国生み神生み万物をつかさどる神をお産みになった人間の始祖神

 天夷鳥命(あめのひなどりのみこと)   高天原から出雲へ降って来られた勇猛な神

 稲背脛命(いなせはぎのみこと)        当社と同じ出雲大社の摂社である鷺浦の伊奈西波岐神社の主祭神

 事代主命(ことしろぬしのみこと)      大国主命の御子神 別名えびす様と言い託宣の神 海上の守護神

 天穂日命(あめのほひのみこと)       天孫降臨に先立って出雲にお降りになった出雲国造家の祖神


御 祭 神
阿遅須伎高日子根命
合  殿
五十猛命・天稚彦命・素盞嗚命・下照姫命・猿田彦命・伊邪那岐命・天夷鳥命・稲背脛命・事代主命・天穂日命



阿須伎神社 本殿
阿須伎神社 本殿
本殿
本殿
阿須伎神社 本殿と幣殿
阿須伎神社 拝殿
本殿と幣殿
拝殿
阿須伎神社 狛犬
阿須伎神社 狛犬
狛犬
狛犬
阿須伎神社 扁額
阿須伎神社の案内板
阿須伎神社 扁額
阿須伎神社の案内板
阿須伎神社 境内
阿須伎神社 手水舎
境内
手水舎
阿須伎神社 金毘羅社
阿須伎神社 木山社
金毘羅社 交通安全の神
木山社 病気平癒の神
阿須伎神社 稲荷社
阿須伎神社 塞の神
稲荷社 諸願成就 開運の神
塞の神 行旅・耳の神
阿須伎神社 天神社
阿須伎神社 神籬
天神社 学問の神
神籬(ひもろぎ)

阿須伎神社 神体山 出雲御山神社
阿須伎神社 力石
神体山 出雲御山神社
水無月祭 七月三十日
力石 
阿須伎神社 社稷神
阿須伎神社 社頭 上ゲ荒神
社稷神
社頭 上ゲ荒神
阿須伎神社 稲荷神社
阿須伎神社 荒神社
稲荷神社
荒神社
阿須伎神社 水神社

水神社

阿須伎神社 出雲国風土記登場地標柱
阿須伎神社 社号標
出雲国風土記登場地標柱
社号標
阿須伎神社 参道 鳥居
阿須伎神社 参道
参道の鳥居
参道

地図

問い合せ
住 所
島根県出雲市大社町遙堪1473
電 話
--
ホームページ
--
メールアドレス
--
駐 車 場
出雲大社から国道431号線を東に2.7kmほど進むと、『阿須伎神社参道入口』のポールがあり、左折すると鳥居が見えてきます。 鳥居の右手に神社の駐車場かわかりませんが数台停められる場所があります。

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(伊奈西波岐神社)』

出雲国風土記 出雲郡 『同(企豆伎)社(伊奈西波岐神社)』 御 由 緒 出雲大社 摂社 伊奈西波岐神社 所在地 出雲市大社町鷺浦102番地 御祭神 稲背脛命 合祀神 八千矛神 稲羽白兔神 稲羽八上比売神  御祭神の主なる事蹟 御祭神 稲背脛命は又...