スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(息長足姫命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 大原郡 『幡屋社(幡屋神社)』

出雲国風土記 大原郡 『幡屋社(幡屋神社)』 御 由 緒 出雲国風土記掲載の社「幡屋社」 幡屋神社(旧「郷社」) 所在地   島根県雲南市大東町幡屋一〇五二番地 主祭神   邇々藝尊 武内宿禰命 配祀神   誉田別命 息長足姫命 玉依比女命 境内神社  若宮神社 (古志朝臣)               牛荒神社 (素戔嗚尊)                八幡山稲荷神社(保食大神)                三神社(塩釜神社・金刀比羅宮・天満宮)       西上稲荷神社(倉稲魂命・大国主命) 境外神社 五人若宮神社(五伴緒神)               切明神社(邇々藝尊・木花咲屋姫命) 例祭日 十月 第二土曜日 御神徳 病気平癒 知恵授け(技術開発)の神 由緒・沿革 天孫降臨神話で、瓊々藝尊は、高天原から豊葦原中津国へ天下りになった際、五柱の 神(五伴緒神)を従えられた。その一柱である太玉命は、神々に捧げる幣帛(お供え物)を 調製する忌部氏を率いたとされる。  当社の古伝によると、古代出雲地方に住まいした忌部氏には二流あり、一方は松江市 玉湯町玉造を中心に曲玉制作を手がけ、もう一方は、ここ幡屋において機織りに携わっ たとある。よって、当社の起源は、忌部氏の末裔が祖神と崇める瓊々藝尊をお祀りした ことにはじまる。また、ここ幡屋の地は古代における最先端技術であった織布の産地で あり、さらに出雲国内における機織りの発祥地でもあった。  昭和三十八年(一九六三年)六月の豪雨により、元宮(旧社地)の境内が崩壊したため、 社殿倒壊の危機が生じたことから、昭和四十一年(一九六六年)現社地へ移転遷座した。 元宮について 元宮は、宮の谷(現社地右側の谷)の奥にある宮山の中腹にある。天正十八年の棟札に は、「古来霊社地」と記載されており、古くから聖地として崇められてきた場所である。 今も、古代祭祀の名残である磐座があり、その左隣には、「神威彌徳」と書かれた郷社 昇格記念傷が残されている。  当社の御祭神は、遷座に当たって、船石を使用したとの言い伝えがある。船石は、元宮 の左側の谷(船子谷)にあり、長さ八メートル、横幅二・四メートルの岩である。  また、船石に付属していたとされる船頭岩、船子岩は磐座右前方に存在している。 大石灯篭(雲南市指定

出雲国風土記 神門郡 『火守社(火守神社)』

出雲国風土記 神門郡 『火守社(火守神社)』 御 由 緒 火守(ほもり)神社略記 一、御祭神 主祭神 櫛八玉命 国譲りが行われた多藝志之小浜(現武志町 鹿島神社付近で)膳夫(接待役)として館を建て、土器を作り、火を切り出し、盛沢山の料理で使者をもてなして、交渉が円満に成立するように尽力された。料理の祖神として祀られている。 ---古事記--- 配祀神 伊邪那岐命 熊野神社の御祭神、明治以前は字那手の氏神神社 事解男命 速玉男命 応神天皇 八幡宮の御祭神 (熊野神社の右脇に鎮座 最古の棟札は天文十二年)西暦一五四三年  四六八年前 息長足姫命 武内宿禰命 木花咲耶姫命 朝間神社の御祭神 神社は村内共和の井下の後の岩山に鎮座 創立は明和二年現在は社殿も新築され、太平、西谷の有志の方により篤く崇拝されている。 大歳神 大歳神社の御祭神 元は宇那手下集会所の地に鎮座、今も廻の方々に依り二月七日に午前は祷家祭、午後は神社で例祭が斎行され崇敬されている。創立は明和二年(一七六五年) 御歳神 若歳神 一、祭日 ◎祈年祭 四月一日 ◎例祭十月第二日曜日 ◎献穀祭十二月一日 一、由緒 創立年代は不詳なれど、出雲國風土記に式外社『火守社』と記されており、これ以前と云うことになる。宇那手村右谷の屋敷の下に有る火鑚瀧の淵付近に『火鑽社』として鎮座されていたと言い伝えれる。 村内には、熊野神社 八幡宮 朝間神社 大歳神社 も鎮座され、戦国時代には領主古志氏から篤く崇敬を受けていたと云う。 火鑚社は、明和二年(西暦一七六五年)江戸中期に村内平林に遷座されている。 明治以前は熊野信仰が盛んで、村内でも産土神社は熊野神社であった。明治四年に「火切大明神」は社格が『郷社』に昇格し、熊野神社に代わって産土神社となった。この時に神社名を、出雲國風土記に 記載された社名の【火守神社】に改名することになる。 明治四十年に火守神社 八幡宮 朝間神社 大歳神社を熊野神社(現在の社殿)へ合殿合祀することになる。同時に、産土神社である火守神社が主祭神となって今日に至る。 現在の社殿は寛政七年(西暦一七九