スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(大山津見命)が付いた投稿を表示しています

出雲国風土記 神門郡 『大山社(大山神社)』

出雲国風土記 神門郡 『大山社(大山神社)』 御 由 緒 大山神社 (由緒) 出雲市小山町一一〇番地鎮座 御祭神 大山津見命 祈年祭 三月(第三土曜日) 例大祭 十月十日(当面は体育の日) 新嘗祭 十一月(第二日曜日) 御神紋 二重亀甲 に大の文字  大山神社は、日本で最も古い書物である『古事記』、『日本書紀』に続く『出雲国風土記』(七三三年)に「大山社」としてその名がみえる。さらに、『延喜式』(九二七年)にも「大山神社」と記載され る式内社である。創立年代は詳かではないが式内社であることから推考しても、千年以前の創立であることは明白である。  また、古老の伝承によると現在の小山町東北端、大塚町との境辺りに小高い丘陵地があり、そこに大山社として祭られ、地域住民の信仰の対象として尊崇されていたらしい。その当時、斐伊川は西折して神門の水海すなわち神西湖に注ぎ日本海にながれていた。その後、しばしば川の氾濫、洪水で地形は様変わりして、大山社は元の地から下流に押し流され、現在地に留まって鎮座まし坐したと言う。  御祭神は伊邪那岐神と伊邪那美神の二柱の御子神であつて、富士山にある浅間神社の御祭神、木花咲那姫命の父神に当たり、昔より農林業守護の神と伝えられてきた。  一説によると、この神は自然への感謝と畏敬の念から祭られた山の神とされる。後世には食物の神、あるいは農耕の神としても祭られるようになった。  明治五年村社に列せられ、村から神饌幣帛料が供進されていたが、先の大戦を経て、昭和二十一年以後は神社本庁包括下の宗教法人となって今に至る。        平成二十三年十月十日 大山神社社務所 (『大山神社 境内由緒掲示板』より) 御 祭 神 大山津見命 本殿 本殿 拝殿 手水 狛犬 狛犬 何故か1体だけの狛犬 旧鳥居 土貢神 荒神か? 鳥居 鳥居の扁額 参道 社号標